【2022年】メバルサビキ用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

これでかなり差が出る!激推しのメバルサビキ用ロッドはこちら!今回、釣りラボでは、メバルサビキ用ロッドの特徴、おすすめのメバルサビキ用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のメバルサビキ用ロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ライン・釣り糸

メバルサビキ用ロッドの選び方

プロトラスト アルテスライト船IL 25号300

冬~春のシーズンに掛けて楽しむことができるのがメバルサビキ釣りです。
メバルサビキはその名の通り、サビキ仕掛けでメバルを狙う釣りです

タナが分かりやすく、数も釣れるとあって初心者に人気の釣りですが、細かい動かし方によって釣果が変わるので、玄人にも人気です。
そんなメバルサビキ用のロッド選びについて、どのようなロッドを選べばよいかを簡単に紹介します。

ロッドの長さ

メバルサビキは針を多数使用するので、仕掛け自体の長さが長くなります。
短すぎる竿は取り回しが悪いので、少し長めのロッドが必要となります。

基準は3m~3.6m程度の長さのロッドを選ぶと良いでしょう

ガイドの種類

メバルサビキ用のロッドには、ガイドが外についているアウターガイドタイプと、中通しのインターラインタイプがあります。

ガイドタイプは軽くアタリがとりやすいですが、穂先に絡みやすくなるというロッドです。
インターラインは糸がらみがほとんどないですが、重く糸落ちが遅くなります。

初心者や風が強い日にはインターラインタイプ、慣れた方や風が弱い日にはガイドタイプがおすすめです

メバルサビキ用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

アルファタックル FUNETATSU 瀬戸内メバル 360 大

それでは実際におすすめのメバルサビキ用ロッドを6本紹介します
ランキング上位の人気ロッドはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6本を選んでいます。

新しいメバルサビキ用ロッドを購入して、レベルアップしたメバルサビキを楽しみたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

【トラスト】アルテスライト船IL 25-300

購入しやすい価格設定で、これからメバルサビキを始めようという方におすすめしたいロッドです。
インターラインタイプなのでトラブルも少なく、安心して釣りに集中できます。

【アルファタックル】FUNETATSU 瀬戸内メバル360

ロング仕掛けを使うメバルサビキには、少し長めのFUNETATSU瀬戸内メバル360がはまります。
オールチューブラーブランクで、ロングロッドでありながら軽量高感度を実現しています。

【プロマリン】ソルティーボート メバル 300ML

なるべく安くメバルサビキタックルを揃えたいという方におすすめのロッドです。
メバルサビキに必要なスペックをしっかり備えつつ、手を出しやすい価格設定となっています。

【シマノ】18海明 30-270

シマノのスパイラルXとハイパワーXを搭載しており、アクションを快適に行うことができるロッドです。
不意の大物にもしっかり対応できるスペックを持っているので、汎用性も高いメバルサビキ用ロッドです。

【シマノ】リアランサーX メバル S300

タフテックαによる高感度・しなやかさを、シマノのCI4+シートによる軽量化によって更にレベルアップさせているロッドです。
メバルサビキ用ロッドの中ではハイエンドモデルに位置しており、性能を求める方におすすめの一本です。

【ダイワ】スーパーインターライン メバルDRY M-350DRY

インターラインタイプのメバルサビキ用ロッドでありながら、軽量・しなやかさを実現しているロッドです。
超撥水ドライ技術で、スムーズなライン放出をサポートしてくれるところもポイントです。

【2021年〜2022年新作】おすすめのメバルサビキ用ロッド3選

プロマリン(PRO MARINE) ソルティーボートメバル 300ML

次に2021年に発売された最新のメバルサビキ用ロッドを2本紹介します。
新作のメバルサビキ用ロッドを使って、快適なメバルサビキを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【シマノ】21ベイゲーム メバル S300

シマノの新作メバルサビキ用ロッドは、自然に喰わせる調子を突き詰めた専用設計のロッドです。
タフテックαというソリッド穂先は、高感度としなやかさを併せ持っており、違和感なく追わせることができます。

【ダイワ】アナリスター ヒラメ MH-270

ダイワの2021年新作ロッドであるアナリスターヒラメはヒラメロッドですが、メバルサビキ用のロッドとしても活躍するロッドです。
メバルのアタリを取りやすい、高感度グラスソリッド・エアセンサーシートを搭載したロッドです。

【シマノ】早潮瀬戸内メバル 300SI-T

シマノから2020年発売の船メバル専用ロッドになります。
早潮瀬戸内メバル 300SI-Tは、インナーガイドと長尺ブランクスで多連掛けに対応した、メバル専用ロッドです。

ロッドインナーには高耐久撥水処理がされていますので、従来発生していたライントラブルが大きく解消され、時合を逃さない釣りを追求できる、ストレスフリーなメバルロッドになっています。

メバルサビキ用ロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ロッド 船竿 18 海明 30 270 マダイ イナダ ハマチ イサキ アマダイ アジ ハナダイ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】メバルサビキ用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • メバルサビキ用ロッドの選び方
  • メバルサビキ用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのメバルサビキ用ロッド3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン