【2021年最新版】投げ竿おすすめ8選!選び方・人気商品を紹介!

投げ竿は投げ釣りに便利な釣竿です。とはいえ、種類・長さ・号数が多すぎて、なにを選べばいいのか分からないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、投げ竿の種類ごとの特徴や、選び方、人気商品を紹介していきます。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

投げ竿と磯竿の違い

オルルド釣具 超高反発投竿 スーパーゴリルドGOD 425 65号 (振出) クエ ガーラ タマン コブダイ など大物に対応! ※腕力と体力のある方向け! クリアワインレッド(金属リールシート)qb320004a01n0

まずは、投げ竿がどのような釣竿であるかを知るために、似たロッドとして考えられることの多い、磯竿との比較からしていきたいと思います。

投げ竿と磯竿は形状は似ているものの、実は用途はまったく異なります。
投げ竿は100m位離れた場所に投げ入れるために作られたものであるのに対し、磯竿は2~3m範囲で釣るために作られた竿です。

そのため、投げ竿は飛距離を延ばすためによく飛ぶ素材を用いられていますが、磯竿は正直なことを言ってしまえば木の棒でも代用することができます。

投げ竿の特性を理解するにあたって、磯竿と何が異なるか、その違いを把握しながら理解しましょう。

投げ竿におすすめの釣り

スズキなどを釣る際に用いられるベーシックなぶっこみ釣りや、ヒラメなどを釣るために魚を生きたまま泳がせる泳がせ釣り、砂浜から遠投するサーフトローリングで投げ竿が用いられます。

他にもアオリイカを釣るエギングやヒラマサなどの青物を磯から狙うショアジギングなどがありますが、ここでは定義として20m以上遠くに投げるものを投げ竿とします。

磯竿におすすめの釣り

磯竿におすすめな釣りはアジなどを狙うサビキ、ちょい投げ、飲ませ釣りです。

主に近場にいる魚を狙うための竿ですので、チヌやメバル、カサゴが良く釣れます。

スポンサーリンク

投げ竿にはどんな種類がある?

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風 遠投・K 3-53 遠投・K 釣り竿

投げ竿には大きくわけて、2種類が存在します
自分にとって扱いやすい竿を選んで購入しましょう。

振出竿の特徴

コンパクトに収納することができる点が振り出し竿の特徴です。

電車に乗って釣りを行う場合などは振出竿を選択すると良いでしょう。
しかし、接合部分の弱さが目立つため、大物狙いには振出竿は適切ではないです。

並継竿の特徴

パワーや竿のハリを求める場合は並継竿を選択しましょう。

かさばってしまう場合がほとんどですが、中級者から上級者の方は並継竿を用いていることがほとんどです。

スポンサーリンク

投げ竿の選び方

OGK(オージーケー) エコタマン ECT42 420

投げ竿の選ぶポイントは長さや調子、素材、性能で選ぶ場合がほとんどです。

竿の特徴を把握した購入をおすすめします。

釣り場所に合わせて選ぶ

釣りの場所によって最も重要になる竿の特徴は長さです。

狭い場所で行う場合は長さは必要ありません。
しかし、防波堤などの広い場所では遠い場所までキャストして釣りを行いたいものです。

その場合は、長い竿を選択しましょう。
投げ釣りの適性の長さは4m、5m、6mあたりだと言われています。
長ければ長い分遠くにキャストできますが、扱いが困難になるために注意が必要です。

また、飛距離は先端の柔らかさも影響するため、竿選びにおいて注目すると良いポイントです。

飛距離で選ぶ

投げ竿には対応することのできる重りの号数が表示されています。

重りが重いほど遠くに飛ばすことが可能です。
例えば25号と表示されている投げ竿は30号から20号まで対応可能であり、遠くまで飛ばすことができます。

2号から3号の竿はまったく飛ばすことができないため、号数は竿選びの際にはきちんと確認しましょう。

価格帯で選ぶ

価格の幅は様々ですが、高いものは5万円以上安いものは定価で1万円イカで販売されています。

しかし、中古で購入することをおすすめします。
多くの中古のロッドは劣化していてすぐに折れてしまうという問題がありますが、投げ竿の場合は丈夫であるので、中古の商品を使用していても折れるということはほぼありません。

中古の場合は、昔であれば高級な商品も1万円以下で購入できることがたびたびあります。
なので、出来るだけコストパフォーマンスの良い商品を吟味しながら選択しましょう。

メルカリなどのネットの通販サイトもおすすめです。

手入れのしやすさで選ぶ

ロッドの構造が複雑であればあるほど手入れはしにくくなります。

振出竿と並継竿を比較すると振出竿の方が手入れが複雑なため、メンテナンスのしやすさで選びたい方は並継竿を選択すると良いでしょう。

人気メーカーから選ぶ

ダイワやシマノの投げ竿は人気が高いです。

有名なメーカーの竿は信頼度やサービスなどが充実しているため、メーカーで選ぶと安心感があります。

スポンサーリンク

おすすめの投げ竿6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ロッド 投げ竿 サーフランダー 振出 405BX-T 全長4.05m 自重445g オールマイティ 遠投置き竿釣りに

では、実際にコスパ最強な商品から、汎用性の高い万能竿まで幅広いラインナップの投げ竿を6つご紹介します。

【初級者向け】投げ竿おすすめ3選

初心者にとって一番重要なことは竿の長さになれるということです。

1万円以下の商品を中心に3選紹介していきます。

【ダイワ】磯・波止釣りロッド K 3-53

1万円以下で購入することのできるダイワのロッドです。

投げ釣りや磯釣りの両方に対応することのできる初心者のおすすめのロッドです。

【オルルド釣具】スーパーゴリルドGOD 425 65号 (振出)

オルルド釣り具は安いことで知られていますが、初心者でクエなどの大型の魚を釣りたい場合はこの投げ竿がおすすめです。

デザインもシンプルで無駄がないため、メンテナンスもしやすいです。

【OGK】エコタマン ECT42 420

値段も安く初心者におすすめです。

振出竿のため、持ち運びもしやすく、手軽に釣りに出かけることができます。

【中級者・上級者向け】投げ竿おすすめ3選

中級者や上級者におすすめのロッドを3選紹介していきます。
初心者のものより高価なものが多いため、投げ竿にある程度なれた方は購入するようにしましょう

【シマノ】ロッド 13 サーフランダー 振出

サーフに対応した振出竿です。

キスやカレイなどに対応し、遠投には最適の構造になっています。
サイズは4.05mと4.25mのものがあり、好きな長さを選択することが可能です。

【ダイワ】トーナメントキャスターAGS TYPE-T 32-428

並継竿で持ち運びはしにくいですが、性能は抜群です。
値段は11万円と高いですが、中古店などで購入することができれば半額で購入することが可能です。

使いこなすのは初心者には難しく、上級者のための竿と言えるでしょう。

【ダイワ】振出投げ竿 WINDSURF T 27-425 釣り竿

上級者の方でも持ち運びのしやすい竿が欲しい場合があります。

そういう方にはこの投げ竿がおすすめです。
デザインはダイワらしいかっこいいデザインで、使用していても飽きが来ません。

スポンサーリンク

投げ竿におすすめのタックル

ダイワ(DAIWA) 並継投げ竿 トーナメントキャスターAGS TYPE-T 32-428 釣り竿

投げ竿だけではなく、おすすめのタックルも紹介していきます。

投げ竿だけが性能が良くても、使用している投げ竿にあったタックル選びを行わないと購入したことが台無しになってしまいます。

おすすめのリール

リールはロッドに合わせた選び方を行いましょう。
ロッドに合わないリールはトラブルの原因にもなります。

【シマノ】リール 14 スーパーエアロ スピンジョイ

キスなどのサーフでの遠投の場合はこのリールがおすすめです。
シルバーで統一されていてデザインもかっこいいです。

メンテナンスもしやすく、扱いやすいことが特徴的です。

おすすめのライン

投げ釣りにはPEラインがおすすめです。
PEラインで一号あたりのラインを選択しましょう。

【ダイワ】UVFメガセンサー 8ブレイド+Si 150m 1号

多くの釣り人に愛用されているラインです。
ダイワであることで信頼性もありますが、大きくはマルチカラーということで多くのファンを集めています。

おすすめの仕掛け

おすすめはターゲットによって変化します。
そこでターゲット別におすすめの仕掛けを紹介します。

ヒラマサ

ヒラマサは、ショアジギングでのルアーでの釣りが一般的です。

アジ

大型のアジは遠投サビキで釣り上げます。

クエ

クエは、底まで着底させた餌釣りが主流です。
泳がせ釣りで大きなクエを釣り上げましょう。

おすすめのその他のアイテム

遠投釣りには三脚があると助かります
遠投釣りは待ち時間が長く、常に竿を持っているということは非常に難しいです。
そのため、三脚などに置き、釣りを行うスタイルが一般的です。

実際に、おすすめの商品を紹介します。

【SM SunniMix】アルミ合金製 竿ブラケット ロッドホルダー

値段も安く、使用しやすいです。
三脚は高価である必要はそれほどないため、低価格の商品を選択しましょう。

スポンサーリンク

投げ竿についてまとめ

ダイワ(DAIWA) 振出投げ竿 WINDSURF T 27-425 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新版】投げ竿おすすめ8選!選び方・人気商品を紹介!」というテーマに沿って、

  • 投げ竿と磯竿の違い
  • 投げ竿にはどんな種類がある?
  • 投げ竿の選び方
  • おすすめの投げ竿6選【コスパ最強】
  • 投げ竿におすすめのタックル

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】サーフロッドおすすめ8選!ヒラメ・青物向けの人気製品をご紹介
サーフからヒラメやマゴチ、青物を狙った釣りは、とても人気があります。今回、釣りラボでは、そんなサーフ釣りにおすすめのロッ…
【投げ釣り入門】遠投・ちょい投げの投げ方やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
投げ釣りは、様々な魚が釣れることや、初心者でも簡単に挑戦できることから人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボではそん…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2021年】磯竿おすすめ7選!選び方や使い方、ダイワ・シマノの人気商品をまとめてご紹介!
磯釣りをするなら一つは持っておきたい磯竿。今回、釣りラボでは、そんな磯竿の選び方や釣り方を解説した上で、おすすめの磯竿5…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックル・釣具の選び方をご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン