サーフウェーダーのおすすめ商品10選をご紹介!【夏用・冬用・コスパ重視】

サーフウェーダーは種類が豊富でどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、サーフウェーダーの選び方をわかりやすく解説するとともに、おすすめのウェーダーをピックアップ。是非お気に入りを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

サーフウェーダーの役割とは?

シマノ(SHIMANO) ハイパーウェーダー(ウエストHカットFS) スモークグレー FF-051TLL

サーフウェーダーは、海や川に入水して釣りをするときに必須なアイテムです。
堤防釣りや船釣りなど、入水しない場合には基本的にはいらないですが、少しでも濡れたくない場合にはあるとよいでしょう。

サーフウェーダーがとくに必要になるのは冬で、波が洋服の中に入るのを防いでくれるとともに、防寒の役割も果たしてくれます。
サーフウェーダーなしでは、洋服が水に濡れてしまって重くなってしまいます。

スポンサーリンク

サーフウェーダーの選び方は?

シマノ(SHIMANO) ハイパーウェーダー(ウエストHカットFS) スモークグレー FF-051TLL

サーフウェーダーは長さや素材によって、種類がいろいろとあります。
値段もさまざまで、安いものから一万円を超えるものまで展開しています。
使いやすいものを選びましょう。

長さの種類で選ぶ

サーフウェーダーの長さには、腰まであるウエストハイ、胸あたりまであるチェストハイ、股下までのブーツなどがあります。

腰まで浸かるならチェストハイやウエストハイが濡れにくいですが、動きやすさを重視するのであればブーツが使いやすいです。

素材で選ぶ

サーフウェーダーの素材は、ネオプレーンやナイロンなどがあります。
比較的低価格でよく使われているのはナイロンです。
ナイロンはやぶれにくく丈夫なので、幅広い用途で使用できます。

ネオプレーンはナイロンより若干価格が上がる傾向がありますが、水を通さない素材で、保温性に優れています。
冬にサーフの釣りをするならネオプレーン製が欲しくなります。

また、透湿防水のものだと、夏でも中が比較的蒸れないのでおすすめです。

靴底(ソール)の種類で選ぶ

ソールの素材については、サーフウェーダーを使用する場所の条件によって選ぶとよいです。

岩場などすべりやすい場所であれば、柔らかい素材のフェルトソールやフェルトスパイクソールが便利です。
長靴などと同じ素材のラジアルソールは、すべりやすい時もありますが、砂場など細かな砂が入り込みやすい場所に向いています。

スポンサーリンク

サーフウェーダーおすすめ10選!

ダイワ(DAIWA) フィッシングウェーダー ラジアルウェーダー(先丸) ブラック M RW-1301

それでは、サーフウェーダーのおすすめを季節に合わせてご紹介します。

【夏でも快適】サーフウェーダーおすすめ3選

まずは、夏でも快適に過ごせる、おすすめのサーフ用ウェーダーを3つご紹介します。

【シマノ(SHIMANO)】ハイパーウェーダーFF-051T

比較的安く、やぶれにくいウェーダーで、内側がメッシュなので動きやすいです。
ソフトなブーツでかつフェルトソールなので柔らかく、履き心地がいい特徴があります。

【シマノ(SHIMANO)】ウェーダー ドライシールドWA-022Q

透湿防水の素材なので蒸れにくく、夏の使用に適しています。
フェルトソールで動きやすくなっています。

【ダイワ(DAIWA)】ラジアルウェーダー RW-1301

ウエストベルトに取り付けるタイプなので、浅瀬での釣りに向いています。
コンパクトに折りたためるのでかさばりません。
価格のわりに丈夫なので、人気があります。

【冬でも快適】サーフウェーダーおすすめ4選

続いて、寒い冬の季節を快適に過ごせる、おすすめのサーフ用ウェーダーを4つご紹介します。

【マズメ(MAZUME)】ネオプレーンウェイダー MZBF-431

保温性の高いネオプレーン製のウェーダーで、生地の厚みは4㎜もあります。
フェルトスパイクソールなのですべりにくく、値段がネオプレーン製のわりに安いのでコスパがよいです。

【プロックス(PROX)】3Dインナークロロプレンウェダー

クロロプレン製でしかも内側がフリースなので保温性が高く、値段も他のクロロプレン製と比べると手頃です。
また、ソールがフェルトスパイクなので滑りづらいです。

【ダイワ(DAIWA)】ダイワネオゲーター

こちらは、浅瀬に少し入りたい時にひざまで保護してくれます。
クロロプレン製なので保温性が高いです。
ひざがこすれて破けないよう特殊な生地が使用されていて、ずり落ちないよう形状も工夫されています。

【ダイワ(DAIWA)】ダイワネオウェーダー チェストハイ

クロロプレン製で、保温性が高く人気のある製品です。
足先までクロロプレン製なので、足が冷えやすい場合には適しています

【コスパ重視】サーフウェーダーおすすめ3選

最後に、コスパの良い人気の安くて高品質なウェーダーを3つご紹介します。

【DRESS】チェストハイウェーダー AIRBORNE

ラジアルソールなので、砂が入りづらいです。
ナイロン生地なので比較的丈夫で、ロゴの見た目がいいのでシンプルすぎず、人気があります。

【YiQi】ヒップウェーダー

少し水に入るくらいであれば、充分な性能があり、しかも安いです。
かさばらないので持っておくと重宝します。

【smilefoot】チェストハイ ウェーダー

フォルト素材のソールで、チェストハイのウェーダーです。
なにより安いので、初めてサーフに向かう方がお試しで購入するのに適しています。

スポンサーリンク

ウェーダーの洗い方・お手入れ方法

マズメ(MAZUME) ウェーダー ネオプレーンウェイダー MZBF-431-02 ブラック L

サーフウェーダーを使い終わったら、洗って干さないと傷んだり、臭くなってしまいますので、きちんとお手入れをしましょう。
潮の匂いは夏場は特に気になってしまいます。

まず、ソールがついているものは、丁寧にソールをはがします
硬いラジアルソールは、マイナスドライバーを使うときれいにはがれるので、砂や泥などを落としてください。
洗面器に水を張って、サーフウェーダーをつけながら中性洗剤と柔らかいスポンジで汚れを落としていきます。

表側を洗い終わったら、裏返して同じように丁寧に洗いましょう。
あとは充分にすすいでから陰干しすれば大丈夫です。

シマノ各種ウェーダーのお手入れ方法

スポンサーリンク

サーフウェーダーについてまとめ

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー フェルトスパイク(PX8725) M

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「サーフウェーダーのおすすめ商品10選をご紹介!【夏用・冬用・コスパ重視】」というテーマに沿って、「サーフウェーダーの役割とは?」「サーフウェーダーの選び方は?」「サーフウェーダーおすすめ10選!」「ウェーダーの洗い方・お手入れ方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめのウェーダー7選を紹介!種類ごとの特徴や用途別の選び方も解説!
ウェーダーの購入を考えているけど、色々な種類があり、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?今回、釣り…
【2021年】ダイワのウェーダーおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も
ダイワのウェーダーは、渓流釣りなどで活躍する人気の商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのウェーダーの特徴、おすすめのダイ…
渓流釣りにおすすめのウェーダー12選!種類や選び方も詳しく解説!
渓流釣りを楽しむには欠かせないウェーダー。たくさん種類があって迷ってしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、渓流釣りに…
サーフの意味とは?サーフとは何か、釣り用語を解説します【釣り用語辞典】
釣り用語サーフとは?どういう意味?出典:写真AC釣り用語で、サーフとは、砂浜から行う釣りのことです。砂浜から海に向かっ…
【2021年】サーフロッドおすすめ8選!ヒラメ・青物向けの人気製品をご紹介
サーフからヒラメやマゴチ、青物を狙った釣りは、とても人気があります。今回、釣りラボでは、そんなサーフ釣りにおすすめのロッ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン