【2022年】スロージギング用ラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

スロージギングに挑戦したい方必見です!今年度激推しのスロージギング用ラインはこちら!今回、釣りラボでは、スロージギング用ラインの特徴、おすすめのスロージギング用ライン、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のスロージギング用ラインをご紹介します。

ジギング ライン・釣り糸

スロージギング用ラインの選び方

ゴーセン(GOSEN) PEライン 剛戦ジギング 8ブレイド 200m 1.5号 30lb 5色分け GL8322530

スロージギングとは、比較的遅いスピードでリトリーブをしながら、不規則に止めたりして、フォールで十分にルアーを見せることが重要となるジギングのことを言います。

この釣法は、フラットフィッシュなど、捕食があまり上手ではない魚はもちろん、青物にも非常に効くメソッドとして、初心者や女性にも取り組みやすいテクニックといえます。

キャストするや否や、全速力で巻いたり、ワンピッチシャークを繰り返すジギングは非常にパワーとスタミナを必要としますので、なかなか長期戦は難しいです。
それに対して、スロージギングは一日中ロッドを振るい続けるような持久戦にも非常に有効です。

スロージギングには、PEラインの1.5号~2号を使用するのが標準です。

そんなスロージギング用ラインの選び方について説明いたします。

選ぶポイント1:ブレード数で選ぶ

PEラインは、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどのように、1本の繊維で出来ているモノフィラメントではなく、極細のPEフィラメント(ブレード)を4本~12本束ねて製糸されたものです。
4本ブレード、8本ブレード、10本ブレード、12本ブレード等がありますが、このブレード数が多い方が高価になります。
ライントラブルが少なく、性能とコストのバランスが良いのは8本ブレード品です。

選ぶポイント2:カラーで選ぶ

スロージギング用ラインのカラーは、視認性の良いものを選びましょう。
蛍光ピンクや蛍光グリーンが天気を問わず見やすいです。
おおよそのキャスト距離が分かる、色分けされているラインは、青物狙いにはあまり必要ありません。

スロージギング用ラインおすすめ人気6選【コスパ最強】

VARIVAS(バリバス) PEライン アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 200m 1.5号 28.6lb 8本 10色

それでは、スロージギングにおすすめの人気ラインを紹介します。

【ゴーセン】剛戦ジギング 8ブレイド 1.5号 200m

ゴーセン独自のSDE製法(ストロング・ダイナミック・エイト製法)により、8本ブレイドの組み方を最適化し、直線強度、耐久性高めたコスパの高い製品です。
スロージギングでのライントラブルが少ないと評判の高い製品です。

【バリバス】アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 1.5号 200m

ルアーから手元までの距離の把握がしやすく、10m×10色のカラーリングにより、より正確にポイントまでの距離を把握することができます
キャスト時の手元のライン色が再度現れた時点で100mラインが出たことになります。
そこから色が変わるたびに10mなので、頭の中で計算する必要がありません。

【シマノ】オシアジガー MX4 1.5号 200m ライムグリーン PL-O64P

4本ブレイドの弱点を解消する、特殊シリコンを含浸させた「MELT CROSS」製法により、ライン抜け性、操作性が8本ブレイドラインと遜色ないレベルに高められたベストセラー商品です。
スロージギングのストップアンドゴー、リフト&フォールなどのアクションがつけやすい商品です。

【東レ】PEパワーゲーム X8 1.5号 300m

色落ちがほとんどないと評判のPEラインです。
1942年、日本で初めてナイロン繊維(アミラン)の量産に成功したメーカーが東レであり、以来ナイロン繊維からカーボンファイバーまで、さまざまな化学繊維の原糸を作る世界的化学企業です。
不意の大型青物とのファイトにも充分耐えるパワーを持っています。

【ヤマトヨテグス】PEジギング8 1.5号 300m 8本

コスパに優れた8本ブレイドのスロージギング用PEラインです。
4本ブレイド品と比較し、約20%の直線強度の向上を実現しています。
真円度の高い8本ブレイドはきわめて滑らかな糸質でガイド抜けが良く、ロングキャストに向いています。

【よつあみ】エックスブレイド スーパー ジグマン X8 1.5号300m

よつあみのフラッグシップ商品群であるXブレイドシリーズは、高密度ピッチで製紐し、さらに強力なコーティングを施すことにより、毛羽立ちの発生しない、耐摩耗性の優れたPEラインです。
スロージギングをはじめ、あらゆるルアーフィッシングに対応できます。

【2022年新作】おすすめのスロージギング用ライン2選

シマノ(SHIMANO) PEライン オシア ジガー MX4 200m 1.5号 ライムグリーン PL-O64P 釣り糸

最後に、2022年のジギングシーズンに使いたい、2021年以降に発売された、最新スロージギング用おすすめラインを紹介します。

【よつあみ】エックスブレイド ジグマン ウルトラ X8 1.5号 100m~連結

よつあみの最新商品は、耐摩耗性、耐衝撃強靭性ともに過去最高レベルに高められています。
水切れもよく、あらゆるジギングシーンに高いパフォーマンスを発揮します。

【メジャークラフト】弾丸ブレイドクロス 1.5号 200m マルチ5色 8本編み

東洋紡製超高密度ポリエチレンフィラメント「IZANAS(旧・ダイニーマ)」を採用。
柔らかな風合いとハリを両立、あらゆるジギングに最適なパフォーマンスを発揮します。
従来品と比較し耐摩耗性が60%も向上した、ハイパフォーマンス商品です。

スロージギング用ラインについてまとめ

東レ(TORAY) ライン ジギングPEパワーゲーム X8 300m 1.5号

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】スロージギング用ラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • スロージギング用ラインの選び方
  • スロージギング用ラインおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのスロージギング用ライン2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スロージギング用ライン
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ライン・釣り糸
釣りラボマガジン