ダイワの新作「シルバークリーク AK(AKIAJI)」が登場!気になる特徴やスペック、発売日を紹介

ダイワの新作「シルバークリーク AK(SILVER CREEK AK)」の発売が発表されたのをご存知ですか?今回釣りラボでは、シルバークリーク AK発売の速報として、気になる特徴やスペック、発売日など釣り人必見の内容をご紹介します!ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

シルバークリーク AKとは

出典:DAIWA

シルバークリーク AKは、アキアジ(シロサケ)・マス(カラフトマス)に特化した人気の専用ロッドです。

幅広い釣法に使用可能で、高い耐久性、メンテナンスのしやすさなどが特徴です。

スポンサーリンク

シルバークリーク AKの発売日・販売価格

出典:DAIWA

シルバークリーク AKは2020年7月以降の販売を予定しており、メーカー希望価格は41,500円から47,500円です。

スポンサーリンク

シルバークリーク AKの特徴・スペック

シルバークリーク AKの具体的な特徴はどのようなものなのでしょうか?
詳しい特徴やスペックを見ていきましょう。

最新釣法に対応した専用ロッド

シルバークリーク AKはレングス・アクションを見直し、最新のアキアジ釣法に対応したロッドになっています。

以下のような釣法にも対応しており、幅広い用途で利用可能です。

  • ウキルアー
  • 港湾部での釣り
  • ウキフカセ釣法
  • サーフエリアでの遠投

出典:DAIWA

実釣機能を重視したグリップ

ダウンロック仕様を採用することで、グローブをしながらのキャスティングが可能です。

また、匂いがついても洗浄可能なEVAグリップを採用しており、メンテナンス性が高く、実釣機能にこだわった設計がされています。

出典:DAIWA

高い耐久性を実現するガイドセッティング

ステンレスフレームSiCリングKガイドを採用することで、高い耐久性を実現しています。
トラブルの少ないセッティングで、初心者の方にもおすすめです。

出典:DAIWA

スポンサーリンク

シルバークリーク AKのラインナップ・スペック表

シルバークリーク AKシリーズのラインナップごとの特徴やスペックはこちらです。

102MH

湾岸部や漁港内などの使用を想定したシャープな振りと操作性を重視したショートレングスモデル。 混み合った中での強引なやり取りを可能にしたバットパワーが魅力の専用設計。

出典:DAIWA
品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ライン
(lb)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JANコード
102MH3.131102182.2/13.910~5010~259741,5004550133065910

120H

軽快な振り抜きで従来のフィールドだけでなく、サーフエリアでも活躍。 またウキルアーだけでなく食い渋り時に有効なウキフカセ釣法にも対応するオールラウンドモデル。

出典:DAIWA
品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ライン
(lb)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JANコード
120H3.6631292302.1/17.810~6010~309744,0004550133065927

130H

磯場の立ち込みやウキルアーの長い仕掛けを遠投し、沖を回遊するフレッシュなアキアジを狙い、 確実なフッキングで掛けるティップと一日振り続けても疲れない軽さが魅力の遠投スペシャルモデル。

出典:DAIWA
品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
ライン
(lb)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JANコード
130H3.9631392702.5/17.815~7012~309847,5004550133065934

ダイワの新製品「シルバークリーク AK」の発売が待ち遠しいですね!
シルバークリーク AKの詳しい特徴やスペックを知りたい方は、ダイワの公式ページをご覧ください。

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン