【2021年】超高感度エギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介

感度が非常に重要なエギングロッド。中でも最高峰と言われる超高感度のエギングロッドにはどのような製品があるのでしょうか?今回、釣りラボでは、超高感度エギングロッドの特徴、おすすめの超高感度エギングロッド、2021年シーズンに向けた新製品の超高感度エギングロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿 エギング
スポンサーリンク

超高感度のエギングロッドを使うメリット

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス STOIST AGS 76MMH-SMT 釣り竿

エギングはエサ釣りのように、仕掛けを投入したままアタリを待つという釣り方ができません。
そのため、常に仕掛けを動かさなくてはならないのですが、イカはほぼ、フォール中にエギに抱きついてきます。
そのため、小さなアタリを確実に捉えることができる、感度の良いタックルが必要となります。

エギングロッドは、以前はジギングロッドやちょい投げロッドを使って行われていましたが、様々な研究が行われ、現在では無数の専用のエギングロッドが各社から発売され、毎シーズン、新しいモデルが追加され、関連タックルも続々と発売されている、非常にホットなジャンルとなっています。
ハイエンドクラスの超高感度のエギングロッドになると、10万円に迫る高級品もあります。
感度と軽さは正しく価格に比例します。

スポンサーリンク

超高感度エギングロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス STOIST AGS 90ULL-S 釣り竿

それでは、超高感度エギングロッドの選び方について説明します。
高価格帯の高性能モデルが中心となりますので、どのモデルを選んでも間違のないものばかりではありますが、自分が優先したいポイントはどこかという観点で選びましょう。

選ぶポイント1:軽さで選ぶ

エギングは一日中ロッドをしゃくり続けるタフな釣りです。
一投でも多くエギを打つためには、エギングロッドの軽さは大変重要です。
100gを切るのは当然、最軽量モデルともなると80gを切ってくるモデルもあります。

選ぶポイント2:硬さで選ぶ

エギングロッドは、アングラーが入力したロッドアクションを機敏にエギに伝え、ピョンピョン跳ねるように動かす必要があります。
そのため、硬さはML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムハード)のいずれかが多いです。
あまり柔らかいものはエギの操作性が悪くなり、硬いものはイカの身切れの危険が高まります(高性能ドラグのエギング専用スピニングリールとアングラーのウデが必要)ので、モンスター狙いのパワー重視ならMH、オールマイティー性重視ならM、秋シーズンの始まり頃の小型狙いならMLを選びましょう。

選ぶポイント3:ガイドで選ぶ

超高感度エギングロッドは、ティップを含むブランクスはもちろん、ガイドシステム、グリップ部に至るまで、高感度素材で固められています。
特にガイドシステムは、ガイドフレーム自体が超高感度カーボンで作られたモデルもあります。
ガイドリングも最高級のSiC(シリコンカーバイド)がティップ部に採用されているなど、感度に妥協のないモデルばかりです。

スポンサーリンク

超高感度エギングロッドおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 86M・R 釣り竿

それでは、超高感度エギングロッドのおすすめ製品を紹介して行きます。

【ダイワ】エメラルダス STOIST AGS 76MMH-SMT

感度最優先で、ティップ先端にはSMT(スーパーメタルトップ)を装着、全ガイドにカーボンガイドフレームのAGS(エアガイドシステム)を採用したハイエンドクラスの超高感度ロッドです。
モンスターサイズのイカを一発でフッキングさせる、パワーのあるMHタイブです。

【ダイワ】エメラルダス STOIST AGS 90ULL-S

秋アオリシーズンスタート直後の小型アオリイカの小さなアタリを逃さず捉える超高感度ロッドです。
2号、2.5号の小型エギを繊細に操り、身の柔らかい若いイカを傷つけずにフッキングできる、UL(ウルトラライト)タイブです。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 86M

超高感度エメラルダス AIR AGSシリーズの中で最も汎用性の高いのか86Mです。
キャスタビリティ、エギの操作性、フッキングパワー、軽さのすべてがバランスの良い、迷ったらこれにしてほしいというモデルです。

【シマノ】セフィア リミテッド S89ML

シマノのエギングロッドテクノロジーのすべてを結集させて作られた超高感度ロッドです。
メタルトップやハイパワーX、カーボンモノコックグリップなど、アオリイカを獲るための全ての機能が盛り込まれた最高級モデルと言えます。

【シマノ】セフィア エクスチューン S902M

トップから4番目まではチタンフレーム+SiC(シリコンカーバイド)リングを採用し、カーボンモノコックグリップ、CI4+製リールシートを採用した、キャスタビリティと感度を極めた汎用性の高い超高感度ロッドです。

【シマノ】セフィア CI4+ S806M

2号〜4号のエギを操れるオールラウンドモデルです。
従来モデルと比較して、ハリを抑えて柔らかめに仕上げたソリッドティップが、しなやかに弧を描いて曲がります。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの超高感度エギングロッド2選

シマノ(SHIMANO) エギングロッド セフィア リミテッド S89ML ラインスラック重視のジャーク 安定した遠投性

最後に、2021年に発売された、最新の超高感度エギングロッドを紹介します。

【シマノ】セフィア エクスチューン S90M

4号の大型エギをフルキャストし、深場まで一気に沈め、春のモンスターサイズのアオリイカをディープエリアから引き上げるパワーを持った超高感度エギングロッドです。
持ち軽さ、振り軽さの両方を達成し、アングラーの負担を最低限に軽減するモデルになっています。

【ダイワ】エメラルダス MX 83ML N

エメラルダスシリーズのミドルグレードである、MXシリーズが2021年にモデルチェンジしました。
ビギナーにもキャストしやすい8.3フィートのレングスと、感度とパワーのバランスに優れ、扱いやすいチューブラーティップを採用した、コスパの高いモデルです。

スポンサーリンク

超高感度エギングロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) エギングロッド NEW セフィア エクスチューン S902M

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】超高感度エギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • 超高感度のエギングロッドを使うメリット
  • 超高感度エギングロッドの選び方
  • 超高感度エギングロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめの超高感度エギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド16選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】シマノのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
シマノのエギングロッドは、エギング初心者から上級者までに支持される人気の製品です。今回、釣りラボでは、シマノのエギングロ…
【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品も
ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッド…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド11選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ11選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン