アジングにおすすめのバッカンを徹底解説!選び方のポイントも紹介

バッカンは様々な種類がありますが、釣り方によって種類を変えるとより便利に使うことが出来ます。今回、釣りラボでは、アジングで使うバッカンについておすすめ商品などを詳しく解説していきます。ぜひご覧ください。

アジング

スポンサーリンク

そもそもバッカンとは?

バッカン

出典:写真AC

そもそもバッカンとは、何のことなのかについてご紹介します。

釣りをする人が、タックルや釣れた魚、エサなどを入れておく容器を総じてバッカンと呼称しています。

他には、建築現場などでも、廃材等を入れる容器のことをバッカンと呼んだり、食品関係でも食品を入れる箱をバッカンと呼んでいます。

容器のことを総称してバッカンと呼び使用していますが、釣りの世界でのバッカンの用途は多岐に渡っています。

使い方・使い道

バッカンの使い方・使い道についてご説明します。

一般的にバッカンと呼ばれるものの使い方として多いのは、冷凍のオキアミなどを融かして、コマセとして使う場合の容器などです。

他には、大容量のバッカンを使い、濡れたウエーダー(胴長靴)などを持ち帰る容器として使うこともできます。

内部に小物ケースの付属したバッカン場合にはタックルケースとして使用することもできますし、ロープのついた折り畳みバケツ状のバッカンでは海水を汲む用途にも使用できます。

バッカンの機能性

バッカンの機能性についてご説明します。

もともとは容器の機能を中心として使用されていたバッカンですが、用途の広がりに伴い便利な機能持ち様々な使い方ができるものが出てくるようになりました。

ロッドホルダーがバッカンの横に備えたものがあります。

ロッドを立てて置くことができるので、直置きする必要がなく、ロッドの傷を防ぐことができ、ロッドを使い分けるときにも素早く行えます。

ルアーフィッシングに必要なプライヤーを側面に保管できるバッカンもあります。

専用のクーラーほどの保冷機能は無いのですが、短時間であればクーラーとして使用できるバッカンもあります。

肩掛けショルダータイプのバッカンが主流ですが、リュックタイプのバッカンもあり、岩場を動き回る際には便利です。

スポンサーリンク

アジングに最適なバッカンの選び方

アジング

出典:写真AC

アジングといっても釣りをする人のそれぞれのシチュエーションによって必要なタックルや、バッカンに必要な機能も異なってきます。

アジングに最適なバッカンの選び方についてご紹介します。

アジングの特徴

アジングの特徴ですが、アジは回遊魚なので、基本的に移動しています。
回遊する場所にルアーを投げ込まないと、何回キャストしてもヒットしないことも多々あります。

餌釣りの場合には、コマセ等を使用してアジの群れを引き寄せることも少しは期待できますが、ルアーフィッシングであるアジングの場合には、コマセの効果は期待できません。

そこでアジングは、アジの回遊するポイントをもとめて移動したり、複数のロッドを使い分けたりすることの多い釣りとなります。

持ち運びしやすさを重視

移動が多いアジングを楽しむためにバッカンは持ち運びしやすさを重視したものが選ばれる傾向にあります。

持ち運びしやすいという点では、軽さと大きさがポイントになります。
軽さと大きさという観点からバッカンをご紹介します。

軽さ

軽さという観点から選んだバッカンをご紹介します。

【ダイワ】HGヒップバッグ

ヒップバックタイプのバッカンですが、ポリエステル素材でできており、大きさの割に軽いのが特徴です。

収納力も高く、ヒップバックなので両手が自由に使え、ロッドホルダーも備えています。

大きさ

ポイント間を移動することが多いアジングですが、大きさという観点から選んだおすすめバッカンをご紹介します。

【ティクト】ミニマリズムショルダーバッグ

アジングの際に良く使用するジグヘッドとワームなど最低限のタックルを持ち歩くことのできるショルダータイプのバッカンです。

下部のベルトを用いた雨具の保持や、フロントのベルトを代用したロッドホルダーなどランガンスタイルのアジングにはぴったりです。

水汲みができるものを選ぶ

アジを釣りあげた後に、活かしておく場合も、血抜きの場合も海水をくみ上げることができると便利で、バッカンとして水汲みができるものを選ぶのも良いでしょう。

【ワタチャンプ】活かし水汲みバッカン

活かし水汲みバッカンで折り畳み式でコンパクトになる上に、上面に網がついておりアジが飛び出るのを防ぎます。

長いロープも付属しており、高い位置からも水を汲むことができます。
海水を汲めるのでアジング血抜きバッカンとしても利用できおすすめです。

ロッドスタンド付きは便利

複数のロッドを持ち歩く際や、ルアーの交換をする際にロッドスタンド付きは便利です。

【クロスファクター】EVAタックルバッグ

ロッドスタンドが4つ付属しているバッカンで、ルアーや予備のラインなどを入れておくことができアジングタックルバッカンとして使用できます。

手持ちの他に肩にかけられるショルダーベルトも利用でき、さらにインナーケースがついているので利便性にあふれています。

スポンサーリンク

アジングにおすすめなバッカンをブランド別に紹介

アジング

出典:写真AC

アジングにおすすめなバッカンをブランド別に紹介していきます。

ダイワ

ダイワのおすすめバッカンをご紹介します。

【ダイワ】タックルボックス TB7000

耐衝撃性の樹脂でできており、椅子の代わりに座ることができるバッカンで、ふたが両方に開くので使いがっても良好です。

内トレイもあり、ルアーなどを入れると取り出しやすい構造と側面にホルダーがあるのでタックルをひっかけておくことも可能です。

【ダイワ】モバイルタックルバッグ

ロッドスタンドを2ケ標準装備しているほか、インナートレイもありルアーなどの小物類の取り出しも簡単な汎用使用のできるタックルバッグです。
フタ部分に線状の凹凸があるので、小物類が転げ落ちるのを防いでいます。

ティクト

アジングの先駆メーカーであるティクトのバッカンをご紹介します。

【ティクト】ライトゲームコンパクトバッカンⅡ

収納力を高めたモデルとなっており、内側トレーの他に、両サイドに合計四つのロッドホルダーと各所にD菅を備えています。

カスタムパーツも充実し、D菅に装着可能な小物ケースやプライヤーケースもラインナップされ自分好みにカスタマイズが可能です。

&ascsubtag=tsuri_3540

【ティクト】ミニマリズムアクティブバッグ

ポイントとポイントを動き回るために必要最低限の収納を考えたバッカンで、ベルトにカラビナで固定でき、またショルダーベルトも付属しています。

小型ながらメインポケットの他にサブポケットもありさらに側面にはプライヤー、フィッシュグリップの装着も可能なベルトも装備しています。

シマノ

総合釣具メーカーであるシマノのバッカンをご紹介します。

【シマノ】XEFOタックルバッグ

EVA素材を用い柔らかく柔軟性のあるタックルバッグという特徴の他に、上下二つに分かれており安定感のあるロッドホルダーを2ケ備えています。

ショルダーのベルトの調整でハンドルとして使え、インナーバッグも標準装備し使い勝手を考えた製品です。

【シマノ】XEFOフローティングベスト

フローティングベストですが、単なる救命胴衣ではなくタックルベストとしての機能を持ち、ナイトゲームも多いアジングを楽しむ際におすすめです。

前面に3ケ所のポケットと背面に大型のポケットを持っており、必要最低限のタックルを収収納することができます。

ドレス

ドレスのアジングバッカンをご紹介します。

【ドレス】バッカンミニPLUS

小型ながらロッドホルダーやプライヤーケースなどもあり、必要十分な装備で機動力を活かしたアジングが楽しめます。

ハンドルの他にショルダーベルトも付属、小さいながらバッカントレーやタックルボックスも収納できる製品です。

【ドレス】ランガンキープバッグ

アジングでポイントを機敏に移動(ラン)しキャスト(ガン)することを目的とし、釣った魚のキープもできる保冷機能を持つバッカンですが、タックルバックとしても使用可能です。

オプションでロッドホルダーやプライヤーホルダーなどを装着することも可能でおすすめです。

スポンサーリンク

アジングに持っていくバッカンの中身は?

アジング

出典:写真AC

アジングに持っていくバッカンの中身はどのような物を入れておけば良いでしょうか?

リールやクーラーはバッカンに入らないのですが、アジングに必要なタックルとしては次のようなものがあります。

  • ルアー(ワーム、ジグヘッドなど)
  • ライン
  • リール
  • フィッシュグリップ(アジを直接持たないため、あると便利です)
  • 針外し(プライヤー等でも代用可)
  • はさみ(ラインを切る際に必要)
  • タオルなど

ルアー、ライン、リール以外は最初は無くてもなんとかなりますが、徐々にそろえると良いでしょう。

>>>こちらの記事も読まれています
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

スポンサーリンク

アジングに最適なバッカンのまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジングにおすすめのバッカンを徹底解説!選び方のポイントも紹介」というテーマに沿って、「そもそもバッカンとは?」「アジングに最適なバッカンの選び方」「アジングにおすすめなバッカンをブランド別に紹介」「アジングに持っていくバッカンの中身は?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、ア…
【2020年】おすすめのアジングロッド9選|ダイワ・シマノ
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
アジングラインの選び方|おすすめ8選・PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
アジングワームおすすめ12選【色・サイズ】|選び方・付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース…
アジングにおすすめのコスパ最強タックルと選び方|ロッド・リール・ライン
釣り初心者でも敷居が低く始めやすいことで人気なアジング。今回、釣りラボでは、そんなアジングに使用するタックルの選び方やお…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン