【2022年】ジギング用タックルボックスおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ジギング釣りの必須アイテム!今年こそ手に入れたいジギング用タックルボックスはこちら!今回、釣りラボでは、ジギング用タックルボックスの特徴、おすすめのジギング用タックルボックス、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のジギング用タックルボックスをご紹介します。

タックル ジギング

ジギング用タックルボックスの選び方

メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-9000 ブラック/オフホワイト 35L

多くの釣り人が楽しんでいるのがジギングです。
ルアーを遠投して、青物などを狙う釣りで、ゲーム性が高く人気となっています。

ジギングはその日や時間、状況に応じてルアーをはじめとするタックルを変えることが釣果に繋がるポイントとなります。
タックルチェンジはとにかくスピードが重要で、あらかじめ整理されたタックルボックスがあるととても便利です。

ジギング向けのタックルボックスの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:ジギングの種類に合わせる

ジギングと言っても、オフショアから大物を狙うジギングや、ショアからでも使うルアーなどによってライトショアジギングなど、種類があります。
ジギング用タックルボックスは、使うタックルのサイズや持ち運びを考えながら選ぶようにしましょう。

選ぶポイント2:仕切りアレンジできるものが便利

ジギング用タックルボックスは多段式であるものが多く、上段にはルアーやラインといった小物、下段にリールなどかさばるものが入るようなものが多くなっています。
ルアーを多く持ち込みたい方や、状況に合わせてリーダーを変えたい方など、スタイルはそれぞれです。

自分が持ち込むタックルをきれいに整理できるように、仕切り板をアレンジできるようなものを選ぶと快適にタックルチェンジができるでしょう。

ジギング用タックルボックスおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) タックルボックス ソルトウォーター専用 ソルティガ TB9000

それでは実際におすすめのジギング用タックルボックスを6つ紹介します。
ランキング上位の人気ジギング用タックルボックスはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これからジギングを始める方も、新しくジギング用タックルボックスを購入して快適なジギングを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

明邦(Meiho)

【メイホウ】バケットマウス BM-9000

内寸が440㎜×277㎜、深さが303㎜ある大容量のジギング用タックルボックスです。
特徴は耐久性にあり、釣り人が座っても何の問題もなく安定しますので、釣行回数が多い方におすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】タックルボックス ソルティガ TB9000

ダイワのオフショアジギングブランドである、ソルティガの名を冠したジギング用タックルボックスです。
両開きフタ仕様や、船上で滑らないような滑り止めが付いていたりと、ジギングを本気で楽しむ方のためのタックルボックスです。

明邦(Meiho)

【メイホウ】ランガンシステムBOX VS-7070S

ポイントを変えながらジギングを行う、ショアジギングをメインに行っている方におすすめしたいのが、メイホウのランガンシステムBOXです。
ハンドルストッパー機能など持ち運びやすさを重視している点や、オプションパーツでカスタマイズできることがおすすめポイントです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】タックルバッグ BK-021R

シマノのEVA素材製のタックルボックスで、ガチットハンドルという機能が付いていることで持ち運びやすくなっています。
塩ガミしにくいファスナーを採用しているので、船や磯場で波がかかっても心配なく使うことができます。

リングスター(Ring Star)

【リングスター】ドカット D-4700

コストパフォーマンスの良いタックルボックスを探している方におすすめなのが、このドカットです。
左右どちらからでも開けることができ、上部トレーは間仕切り可変と必要なポイントを押さえながら、購入しやすい価格帯のタックルボックスです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】タックルコンテナ

荷物はできるだけ軽量に、必要最低限でジギングを行う方におすすめのタックルボックスです。
必要なアイテムはボックスの中に入れながら、プライヤー等すぐに使うものは側面のバンジーコードに固定することができるので、ストレスなく釣りを楽しむことができます。

【2022年新作】おすすめのジギング用タックルボックス3選

明邦化学工業 MEIHO ランガンシステムボックス VS-7070N グリーンツートン 434×233×280 釣り具

次に2021年、2022年に発売された最新のジギング用タックルボックスを2つ紹介します。
ジギング用タックルボックスは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作のジギング用タックルボックスを使って、快適なジギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドレス(DRESS)

【ドレス】バッカンPLUS 17L

スーパーライトショアジギングやマイクロショアジギングなど、小さいルアーを中心にジギングを行っている方におすすめのタックルボックスです。
肩から掛けることができ、ランガンの際にもいちいち持ち上げながら移動しなくても良いので、手返しの良いジギングを楽しむことができます。

ドレス(DRESS)

【ドレス】タックルボックスマルチ

EVA製のタックルボックスで、2022年モデルとして限定販売されているモデルです。
リーダーやスナップなど小物類をまとめて入れておくのに便利で、大きなタックルボックスでは乱雑になってしまう方におすすめのタックルボックスです。

ドレス(DRESS)

【ドレス】タクティカルレッグバッグ“AIR BORNE”

タクティカルレッグバッグ“AIR BORNE”は、2020年にドレスから発売された、完全にシステム化されたタックルバッグです。

オカッパリには最適の大きさで、VS-30シリーズタックルケースが2個州の出来ますので、ソルトのショアジギングはもちろん、バスフィッシングまで用途は多岐に及び、ボックス以上の機動力と、収納能力を誇ります。

ジギング用タックルボックスについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 釣り用タックルバッグ ロッドレストタックルバッグ(ハード) BK-021R 27L-2 ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ジギング用タックルボックスおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ジギング用タックルボックスの選び方
  • ジギング用タックルボックスおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのジギング用タックルボックス3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ジギング用タックルボックス
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

バッカン・タックルボックス・バケツ
釣りラボマガジン