【2022年】ウェーディング用ネットおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

川や海に浸かって釣りを楽しむウェーディング。その際ネットがあれば大物が釣れた時も安心ですよね。今回、釣りラボでは、ウェーディング用ネットの特徴、おすすめのウェーディング用ネット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のウェーディング用ネットをご紹介します。

ランディングネット・タモ・ギャフ シーバス

ウェーディング用ネットの選び方

ラパラ(Rapala) フローティングシングルハンドネット ハンドル長さ20cm ネットサイズ50cm FLOATING SINGLE HAND NET RNFSHN-M

ウェーディングは、河口やサーフでのシーバス釣り、渓流でのトラウト釣りで主に行われるフィッシングスタイルです。
釣るエリアを拡大できたり釣り場との一体感も楽しめたりする反面、水に浸かっての釣りのため、より安全面や機能面に配慮した準備が必要になります。

ウェーディングでは思わぬ大物が釣れることも良くあるので、専用のネットを使うことでより確実に魚をキャッチでき、釣りの成果を上げられます。

ここではウェーディング用ネットを選ぶときのポイントを3つご紹介します。

選ぶポイント1:シャフトの長さ

ウェーディングでは釣る人が水面(魚)に近い位置にいるので、あまり長いシャフトは必要ありません。
ウェーディング用として販売されているランディングネットのシャフト(柄)の長さは、おおよそ20cm前後~60㎝前後になっています。

短いシャフトは水の中でも取り扱いやすく、軽量でそのまま携帯できます。
長めのシャフトは魚と多少の距離があってもネットに入れやすくなりますが、その分重さが増し、そのままでは携帯しづらいのでジョイントで折りたたんで携行します。

ご自分の好みや使いやすさに合わせて選んでいきましょう。

選ぶポイント2:ネットの大きさ

釣りたい魚の平均サイズに合った大きさのネットフレームを選びましょう。

ウェーディングで人気の高い、河口や中流域でのシーバス釣りなら直径50cm~60cm程度あるものが取り込みやすく便利です。

サーフでの大型シーバスやヒラメの場合は、65cm以上のものが良いでしょう。
渓流でのトラウトであれば、40cm~50cmなら大体の魚に対応できるサイズです。

また、ネットは深さがあるものがおすすめです。
深さがないと、一度ランディングしても魚が逃げ出す可能性もあります。

選ぶポイント3:携帯性

水に浸かって移動するウェーディングでは、ランディングネットはゲームベストに背負って携帯します。
そのため、ゲームベスト背面にあるDカンに装着できるホルダーが付いていると便利です。

また、脱落防止のためのスパイラルロープが付いていたり、水に浮くフローティング仕様になっていると役に立つでしょう。

これらのパーツは標準装備されているとコスパも良いですが、もちろん後付けも可能です。

ウェーディング用ネットおすすめ人気6選【コスパ最強】

DAITOU(ダイトウブク) ウェーディングゲーム Assist Net M ガンメタ

それではおすすめのウェーディング用ネットを、6つご紹介します。
人気ランキング上位のものや、性能とコスパの良さに重点をおいて選んでいます。

ラパラ(Rapala)

【ラパラ】フローティング シングルハンドネット RNFSHN-M

軽量でお手頃価格のランディングネットです。
直径45cm、深さ50cmの大きめラバーコートメッシュネットと短いハンドルで、ウェーディング時に使い回しが良くなっています。

水に浮くフローティング仕様のため、ちょっと手を離してしまった、というときもネットを見失うということがなく安心です。

ダイトウブク(Daitou)

【ダイトウブク】ウェーディングゲーム アシストネット

ステー(ホルダー)とカラビナ付きスパイラルコードが付属した、コスパの良いウェーディング用ネットです。

フレームとグリップ(シャフト)は単品でも購入できます。
フレームはSSサイズからシーバスに最適なM、Lサイズまで幅広くランナップされています。

エイテック

【テイルウォーク】キャッチバー改ウェーディングネット2

ステーやスパイラルコード&カラビナが標準装備された、ウェーディング用の大型ネットです。

ネットはナイロン製で、水抵抗を抑え、よりスムーズなランディングに特化しています。
ラバーコーティングネットタイプの「キャッチバー改ウェーディングネット」もあります。

ゴールデンミーン(Golden Mean)

【ゴールデンミーン】ウェーディングネットプロ

シャフトが54cmと長めで、少し離れた所からもランディングができるウェーディングネットです。

ワンアクションでセットできる「振り上げアクション機能」搭載により、折り畳み時はコンパクトで携行の邪魔にならず、ランディング時は素早く体制を取ることが可能です。
フローティング仕様で、ワンプッシュで脱着可能なバックルホルダーと落下防止スパイラルロープも付属しています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】モアザン ウェーディングネット

ランカークラスにも対応できる、ネット直径70cmの大容量ウェーディングネットです。

ブランドロゴやブラック&ゴールドを基調としたデザインで高級な見た目ですが、ステーやカラビナ&尻手ロープ付きで軽量と、機能面でも充実した作りです。

パズデザイン(Pazdesign)

【パズデザイン】PSLウェーディングネットGM

あらゆるパーツにこだわった本格志向のウェーディングネットです。

ネットフレームとジョイントを一体化させたことでさらなる軽量化に成功しています。
約55cmと長めのシャフトは、ランディング後のフックを外す際にシャフトを脇に挟むことを想定した設計で、落下しても安心のフローティング仕様です。

ステンレス製のホルダーは、フックにかかった魚が抵抗して一旦仕切りなおす際、側面のベルトなどに折りたたまない状態でも装着できるように設計されています。
もちろんシャフトを折りたたんでベスト背面のDカンに装着することも可能です。

【2022年新作】おすすめのウェーディング用ネット3選

エイテック テイルウォーク キャッチバー改ウェーディングネット2

次に2021年以降に発売された新製品の中から、2022年おすすめの最新ウェーディング用ネットを2つご紹介します。

アドバンスワークス

【ジギンガーZ】折り畳みアルミランディングネット40

2021年に発売された、渓流ウェーディングでのトラウト釣りに適したランディングネットです。

ネット直径40cmとウェーディングネットとしては小さめな設計で、あまり大きなネットは持ち歩きたくないアングラーにお勧めです。
ほどよい長さのシャフトは折り畳みでき、ベルトクリップも付いているので、移動が多い釣りにも最適です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】MORETHAN ウェーディングネット FL

ダイワの2021年新作として、モアザンウェーディングネットが折りたためるジョイント付きバージョンでリリースされました

シャフトも60cmと長めになり、魚をランディングする際により便利になっています。
もちろんステーや尻手ロープなど、ウェーディングに必要な機能は前モデル同様備えています。

プロックス(Prox)

【プロックス】オートランディングザコネット

オートランディングザコネットは、プロックスから2021年に発売された、コンパクト収納型ランディングネットになります。

トラウトゲームやサーフでのメバリングで、ライフジャケットのポケットに収納できるサイズまで折り畳めるため、移動時の落下や藪漕ぎでの引っかかりも気にすることなく、ゲームに集中できます。

ウェーディング用ネットについてまとめ

ゴールデンミーン(Golden Mean) ランディングネット GM ウェーディングネットプロ ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ウェーディング用ネットおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ウェーディング用ネットの選び方
  • ウェーディング用ネットおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのウェーディング用ネット3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ウェーディング用ネット
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ランディングネット・タモ・ギャフ
釣りラボマガジン