【2021年】上級者向けのエギングロッドおすすめ8選!こだわりの選び方も解説

エギングに慣れてきたら、ロッドも買い替えてさらに釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、上級者向けの最高峰エギングロッドをご紹介します。普通のロッドとの違いや、上級者向けのロッドの選び方も詳しく解説します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

上級者向けエギングロッドと普通のロッドの違い

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 86M・R 釣り竿

エギングロッドは汎用性が高く、例えばスーパーライトショアジギングやロックフィッシュゲーム、シーバスゲームなど、エギング以外の釣りにも幅広く使えます。
そのため、エギングロッドは大変種類が多く、毎年各メーカーから多数のモデルがリリースされています。

当然、手軽に始められる、5,000円程度のエギングロッドから、モンスターを確実に仕留めるための、1本10万円に迫るようなハイエンドクラスのエギングロッドまであります。

今回は、上級者向けのエギングロッドを重点的に紹介して行きます。
ハイエンドクラスの上級者向けエギングロッドは、普及型のエギングロッドと比較してどんな所が違うのでしょうか?

エギングロッドの軽さ

まず、上級者向けエギングロッドは軽さが違います。
それも、「強度を全く犠牲にしない軽さ」です。
ブランクスの素材だけを見ると、高いロッドも安いロッドも「カーボン」がほとんどですが、ハイエンドクラスのエギングロッドのカーボン素材は国産材で密度が高く、加工精度も非常に高いチューブラーが使われ、更にカーボンテープをスパイラル状に締め上げて、ねじれの応力などに対し補強が施されています。

また、ガイドの素材も軽量で耐摩耗性に優れたSiC(シリコンカーバイド)ガイドが使われます。
圧倒的に軽いエギングロッドは、一日中シャク続けても疲労が少なくて済みます。

エギングロッドの感度

エギングロッドの感度は価格に正しく比例します。
上級者向けモデルはカーボンソリッドティップを使用したり、トップガイドをチタンなどの金属にしたり、ロッドを握るリールシート周辺を軽量なカーボンコンポジット材を使用したりして、全身を研ぎ澄まされた高感度ロッドとなっており、イカの小さなコンタクトをロッド全体で感じ取り、アングラーへ伝える能力が長けています。
安価なエギングロッドでは、小さなアタリはかなり取り逃してしまうでしょう。

スポンサーリンク

【上級者向け】エギングロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 17 セフィア CI4+ S806ML テクニカルモデル 速いテンポの釣りからボトムまで

では、具体的に上級者向けのエギングロッドの選び方について説明いたします。

選ぶポイント1:ガイドパーツの素材や形状

ガイドパーツの素材や形状にこだわることは、感度を高めるための第一歩です。
また、ガイドの足の形状には、ライントラブルを大きく軽減できるタイプのものがあります。

ガイドは、ガイドリングと呼ばれる、ラインが通るリング部品と、ガイドリングを収納し、ロッドに固定するための足を持ったガイドフレームとで構成されるパーツです。
ガイドリングは、耐摩耗性、防錆性、放熱性、すべり性が高く、軽くて硬いものが優れているものとされます。
安価なロッドには、主にステンレスリングや樹脂リングが使われます。

上級者向けモデルに使われるガイドリングは、SiC(シリコンカーバイド)リング、トルザイトリング、SiC-Sの3種類が使われます。
これらはすべて、日本の釣り具メーカーである「富士工業」の製品です。
日本のみならず、海外モデルも含め、最も多く使われているものがSiCリングです。

最低限、トップガイドに使われていますが、上位機種にはすべてのガイドにSiCリングが採用されているモデルもあります。
トルザイトリングは、SiCリングよりもさらに薄く、軽い、同社最上級のセラミック素材のリングですが、価格が高いため、まだ一部のモデルに限定的に使われている状況です。

SiC-Sリングは、SiCリングの進化版で、より薄く、より軽いガイドになっています。
今後は、SiCリングに代わり、SiC-Sリングが主流になっていくことでしょう。

選ぶポイント2:ロッドの継数

ロッドの継数は、可能であれば1ピースが最も感度も強度も優れるのですが、レングスとして7~9フィート程度必要なため、1ピースでは持ち運びも難儀するので、現実的には2ピースが標準でしょう。
ただし、上級者向けハイエンド価格帯のエギングロッドには、モバイル性を重視しつつ、強度や操作性が犠牲になっていない3ピースロッド、4ピースロッドもあります。
安価なマルチピースロッドは、継ぎの部分の強度が足りなかったり、バランスが悪かったりするものが多く、あまりおすすめできません。

選ぶポイント3:ティップのタイプ

ティップとは、「穂先」のことで、大きく分けて、ソリッドティップとチューブラーティップがあります。
ソリッドティップは、中身が詰まったティップのことで、細い穂先でも強度を得られ、結果として高感度な穂先となります。
チューブラーとは、カーボンシートを樹脂で固めたものに熱をかけて金属芯に巻いて作った、中空の穂先になります。

ソリッドティップよりも太いティップになりますが、中空である分、軽いティップを作ることができます。
感度はソリッドティップよりも劣ります。

選ぶポイント4:テーパー

テーパーとは、ロッドがどの部分で曲がるかを示す指標で、「調子」とも呼ばれます。
ロッドの全長を10等分して、先端2:8の部分から曲がるロッドは「エキストラファースト」、3:7の部分から曲がるものは「ファースト」、4:6の部分から曲がるものは「レギュラーファースト」、5:5の部分から曲がるものは「レギュラー」、ロッド全体が曲がるものは「スロー」と言います。

エキストラファーストとファーストは「先調子」とも言います。
レギュラーは「胴調子」或いは「本調子」とも言います。

エギングで使われるロッドは、感度とエギの操作性重視でファーストテーパー主にが使われます。

スポンサーリンク

【上級者向け】エギングロッドおすすめ5選

シマノ(SHIMANO) エギングロッド 19 セフィア SS S86ML-S ソリッドティップ テクニカル

ここからは、上級者におすすめのエギングロッドを紹介して行きます。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 86M

自重87g、ダイワ最軽量のエメラルダス AIRシリーズの中の定番モデルです。
3.5号のエギを中心に据え、3号、4号を扱うことができる、秋アオリから春アオリまでフルシーズン使える万能タイプのエギングロッドです。

【シマノ】セフィア CI4+ S806ML

スパイラルX、ハイパワーXといった、カーボンブランクスの内外層を過剰なまでにカーボンテープで補強し、更にCI4+製のパーフェクションシートがアオリイカの僅かなタッチも感じ取り、アングラーに伝える高性能ロッドです。

【シマノ】セフィア SS S86ML-S

ソリッドティップを装備し、超高感度に仕上げたブランクスに、カーボンテープでねじれやつぶれに対する補強を施し、戦闘能力を高めた上級者向けのエギングロッドです。

【メジャークラフト】トリプルクロス ソリッドモデル TCX-S862E

極細のソリッドティップを採用し、エキストラファーストのテーパーをもつ高感度モデルです。
ショアティップランエギングという新しいジャンルを提唱する一本です。

【アブガルシア】ソルティースタイル エギング STES-832MH-KR

富士工業のKRガイドコンセプトによる小口径ガイドは、ライントラブルを最小限に抑え、ラインの動きをアングラーの手元に確実に伝える感度の高さが特徴です。
カーボンテープによる補強も抜かりなく、モンスターとの対決もこなせるモデルです。

スポンサーリンク

【2021年最新】エギングロッドおすすめ3選

メジャークラフト エギングロッド スピニング トリプルクロス エギングソリッドモデル TCX-S862E 釣り竿

最後に、2021年春アオリシーズンに向けて、2020年以降に発売された最新の上級者向けエギングロッドを紹介します。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 90M

9フィート(2.74m)の長さを活かし、地磯やテトラ帯など、足元の不安定な場所や、1回のシャクリてエギを大きく動かしたい深場での春アオリエギングに最適な上級者向けモデルです。

【シマノ】セフィア エクスチューン S86L

3号の小型エギを意のままに操ることができる、ライトフィールのブランクスながら、3Dチタントップ、Xガイドエアロチタンなどを奢り、超高感度を実現したシマノの最高峰エギングロッドです。

【アブガルシア】ソルティーステージ KR-X エギシス モバイル3 SXES-833ML-KR

アブガルシアの人気モデル、ソルティステージ KR-X エギシスを3ピース化して機動力を大幅に上げた最新モデルです。
レギュラーファーストテーパーで、エギのキャスト性に優れています。

スポンサーリンク

上級者向けエギングロッドについてまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) エギングロッド スピニング ソルティースタイル エギング STES-832MH-KR. 餌木 エギング アオリイカ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】上級者向けのエギングロッドおすすめ8選!こだわりの選び方も解説」というテーマに沿って、

  • 上級者向けエギングロッドと普通のロッドの違い
  • 【上級者向け】エギングロッドの選び方
  • 【上級者向け】エギングロッドおすすめ5選
  • 【2021年最新】エギングロッドおすすめ3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド15選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】シマノのエギングロッドおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も
シマノのエギングロッドは、エギング初心者から上級者までに支持される人気の製品です。今回、釣りラボでは、シマノのエギングロ…
【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も
ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッド…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド10選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ10選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン