【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ15選!特徴や選ぶポイントも紹介

シーバスロッドは万能で海釣り、エサ釣り、ルアー釣りに適しています。まずなにを準備したらいい?といった釣り初心者にもおすすめです。今回、釣りラボでは、万能シーバスロッドおすすめ14選、特徴と選ぶときのをポイントについて解説していきます。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

万能シーバスロッドを使うメリット・デメリット

シマノ(SHIMANO) パック&モバイルロッド フリーゲーム XT スピニング 5本継ぎ S86M エギング タチウオ シーバス 専用ケース付

釣りには様々な種類があり、その釣りに合った道具が日々リリースされています。
しかし釣りに合わせて全ての道具を揃えることはなかなかできません。

できるだけ自分が行っている釣りの道具を転用しながら他の釣りを楽しみたいと考えるのが普通でしょう。
そんな時に活躍してくれるのが万能ロッドです。

万能ロッドは複数の釣りに転用しやすいロッドのことで、一般的にシーバスロッド・エギングロッド・バスロッドがこれに当たります。
特に海釣りは種類も多いので万能シーバスロッドは海釣りをするなら一本は持っておきたいロッドです。

万能シーバスロッドのメリットは何と言ってもその幅広さで、シーバスゲームだけでなくエギングやサビキ釣りなど幅広い釣りに転用できます。
一方でデメリットは、その釣りに特化したロッドにはどうしても機能的に劣ってしまう点です

スポンサーリンク

万能シーバスロッドを選ぶポイント

ダイワ(DAIWA) 振り出しルアーロッド CROSSBEAT SW 907TM 釣り竿

万能シーバスロッドを一本持っていれば釣りの幅が広がりますが、シーバスロッドであればどれでもいいわけではありません。
どんなシーバスロッドが万能シーバスロッドとして適しているのかを紹介します。

初心者で海釣りを始めてみようという方や、一本のロッドで複数の釣りを楽しみたい方は参考にしてみてください。
万能シーバスロッドを持っておくことで今後の釣りの幅が広がるでしょう。

長さで選ぶ

万能シーバスロッドを選ぶ際にポイントにしたいのがロッドの長さです。

長さは飛距離に比例し、長ければ幅広い範囲にアプローチすることができます。
しかし、長くなるほど取り回しが悪くなってしまうというデメリットも存在します。

万能シーバスロッドとしては、8~9フィート(2.44m~2.74m)の長さのロッドが使いやすいロッドと言えるでしょう。
小規模の河川や港湾で使う際には少々長く感じるかもしれませんが、幅広い釣りに転用できるという点ではこのくらいの長さは必要だと考えるべきです。

硬さで選ぶ

硬さも万能シーバスロッドには大切なポイントです。
ロッドの硬さは扱うルアーや仕掛けに大きな影響を与えます。

柔らかすぎると大物に対応した重量があるルアーや仕掛けが使いにくくなりますし、逆にガチガチの硬いロッドだと小さく軽いルアーを扱いづらくなってしまいます。
ロッドの硬さはML~M辺りの硬さから選ぶとバランスが良く、別の釣りに転用した際にもしっかりと順応してくれることでしょう。

使用するリール、ライン、ルアーで選ぶ

釣りのタックル選びにおいて重要なのがバランスです。
万能シーバスロッドと言えどそれは変わりません。

何でもハイスペックなものを選べばよいというわけでなく、道具に合わせたロッド選びをすることも大切です。
万能シーバスロッドにバランスよく合うタックルがしっかりと存在します。

リールは2500番~3000番、ラインはPEラインが主流なのでKガイドが万能シーバスロッドの基本となります。
ベースをしっかりと把握して、それよりも上のクラスを選んでいくときには合わせて万能シーバスロッドも変化させていきましょう。

スポンサーリンク

万能シーバスロッドおすすめ12選

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S90ML オールラウンダー シーバス/エギング/タチウオ/トラウト

それではおすすめの万能シーバスロッドを紹介していきます。
使い方に合わせて種類別に紹介していきたいと思います。

コンパクト・コストパフォーマンス重視・高性能と分けていきます。
それぞれが求めるコンセプトに合わせて万能シーバスロッド選びの参考にしてみてください。

【コンパクト】万能シーバスロッド2選

まずはコンパクトタイプの万能シーバスロッドを2本紹介します。
コンパクトタイプの万能シーバスロッドは、何と言ってもその取り回しの良さが特徴です。

多くのピースでロッドが構成されているので携行性に優れます。
電車移動での釣りや、旅行の際の釣りにもってこいの万能シーバスロッドと言えるでしょう。

【シマノ】フリーゲーム 86ML

シマノのフリーゲーム86MLは5本継の万能シーバスロッドです。
継数が多いロッドはしなりに不安がありましたが、フリーゲームは2ピースロッドと比べても遜色ない自然なしなりをすることが特徴です。

国内の航空機に機内持ち込み可能サイズの60cm未満の携行サイズとなっており、スーツケースにも収納ができます。
旅行や遠征に持っていく万能シーバスロッドとしては最高の一本です。

【ダイワ】クロスビート SW

ダイワのクロスビートSWはバッグの中にすっぽりと収まる50cm前後の小継振り出しのルアーロッドです。
特に907TMは比較的重いサイズのミノーやバイブレーションも扱える万能モデルとなっています。

振り出し竿であるために取り出してから釣りをスタートするまでの手軽さが特徴です。
価格も手ごろで手軽に釣りを楽しむ方向けの万能シーバスロッドです。

【コスパ重視】万能シーバスロッド5選

次はコストパフォーマンス重視の万能シーバスロッドを紹介します。
万能であっても価格が高ければ手軽には楽しめません

まずは釣りを初めて見たいという方や、ロッドのスペックを確かめてみたいという方におすすめです。

【シマノ】ルアーマチックS90ML

アジングのような繊細なルアーゲームからエギング、シーバスゲームなど一本で幅広いルアーゲームを楽しむために発売されたロッドです。
シマノの技術を手軽な価格で楽しむことができるエントリーロッドとしてもおすすめしたい万能ロッドです。

【ダイワ】リバティクラブシーバス96M

ダイワのリバティクラブは釣りの楽しさを気軽に楽しく、というコンセプトで開発されたシーバスロッドです。
その中でも96Mは使用できるルアーの重量も幅広く、シーバスゲームだけでなくライトショアジギングにも最適なセッティングになっています。

【ダイワ】ラテオR96ML

ダイワのラテオは万能シーバスロッドの中でも軽いのが特徴です。
96MLは少し長めのロッドであるにもかかわらず150gを切る自重で、長いながらも扱いやすいロッドに仕上がっています。

【メジャークラフト】ソルパラシーバスSPX-902ML

メジャークラフトのソルパラシリーズはビギナーにおすすめのシリーズです。
低価格ながらも上位機種にも採用されているリールシートを採用しており、手になじみやすいのが特徴です。

【メジャークラフト】クロスステージ CRX-962M

メジャークラフトのクロスステージは万能シーバスロッドの中でも大物狙いに向いている一本です。
大型狙いの方やショアジギングを楽しみたい方におすすめのロッドと言えるでしょう。

【高性能】万能シーバスロッド5選

性能重視、高性能の万能シーバスロッドを紹介します。
幅広い釣りを楽しむためには性能も気になるところです。

高性能の万能シーバスロッドを揃えておけば間違いないでしょう。

【シマノ】ディアルーナS96ML

ディアルーナはシマノの独自技術であるスパイラルXとハイパワーXを搭載したモデルとなっています。
より軽く・より強くをコンセプトにした高性能ロッドで軽量ながらもしっかりとパワーのある一本に仕上がっています。

【ダイワ】レイジー90ML

ダイワのレイジーは高いカーボン含有率でしっかりと強度のあるロッドです。
ダイワ独自のX45というバイアスクロスを巻くことで、不意な大型サイズの魚にもしっかりと対応することができます。

【アブガルシア】クロスフィールドXRFS-904M-TE

アブガルシアのクロスフィールドはフィールド・魚種・釣り方を一本のロッドで行うというコンセプトです。
振り出し竿モデルで携行性にも優れた高性能万能ロッドに仕上がっています。

【アブガルシア】ソルティーステージKR-Xシーバス

ソルティーステージKR-Xシーバスの特徴は穂先にあります。
高感度ながらも粘りのある穂先でしっかりと魚を狙うことができます。

【テンリュウ】スワットSW932S-LML

港湾部での幅広い釣りにおすすめなのがテンリュウのスワットSWです。
SW932Sは特にランガンと遠投を両立できるタイプで正に万能と言えます。

スポンサーリンク

【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ3選

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 96M 釣り竿

2020年以降に発売された最新万能シーバスロッドを紹介します。
日々進化するロッドで2021年シーズンも釣りを楽しみましょう。

【シマノ】ムーンショット

シマノが2021年にリリースしたムーンショットはシーバスをベースに多様なターゲットを狙うために開発したロッドです。
50gの重量メタルジグにも対応しており、どんな場面でも活躍してくれる一本でしょう。

【ダイワ】シーバスハンターX

ダイワの人気万能シーバスロッドが2021年3月にリニューアルして発売されました。
重量のあるルアーを遠投してもしっかりと耐えるねじれに強いロッドながらも、軽さも追求しているので扱いやすい万能ロッドです。

【ダイワ】ラブラックスAGS 93M

ダイワの人気シーバスロッドシリーズ、ラブラックスシリーズの2021年モデルです。
細身でシャープなブランクスを採用し、キャストと感度を追求。
あらゆるルアーをあらゆるキャストでの投げやすさにこだわったシリーズです。

93Mは50gまでのルアーを使えるので、ミノーやシンキングペンシル、バイブレーション、鉄板系ルアーからメタルジグまで幅広く使用可能。
シーバスや小型青物、太刀魚など様々なターゲットにマッチします。

スポンサーリンク

万能シーバスロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 96ML・R 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ15選!特徴や選ぶポイントも紹介」というテーマに沿って、

  • 万能シーバスロッドを使うメリット・デメリット
  • 万能シーバスロッドを選ぶポイント
  • 万能シーバスロッドおすすめ12選
  • 【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シーバスロッドおすすめ人気9選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2021年】ダイワのおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…
【2020年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ…
【2021年】ボートシーバスロッドおすすめ14選!ダイワ・シマノ・アブガルシアの人気商品をご紹介
シーバスはショアからの釣りが定番ですが、ボートから狙うボートシーバスも初心者でも釣りやすくとてもおすすめです。今回、釣り…
【2021年】アブガルシアのシーバスロッドおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
アブガルシアはさまざまなターゲットに対応したロッドを発売しており、釣り人からも高い評価を得ています。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン