【2021年】コスパ最強の安いライトショアジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も

値段の安い、それでいて品質の高い、いわゆるコスパ最強のライトショアジギングロッドはあるのでしょうか?今回、釣りラボでは、コスパ最強の安いライトショアジギングロッドの選び方、おすすめのコスパ最強の安いライトショアジギングロッド、2021年シーズンに向けた新製品のコスパ最強の安いライトショアジギングロッドをご紹介します。

ジギング ロッド・釣竿
スポンサーリンク

コスパ最強の安いライトショアジギングロッドの選び方

メジャークラフト ファーストキャストショアジギング FCS-962LSJ 黒 9.6ft

コスパ最強の安いライトショアジギングロッドの選び方について解説します。
ライトショアジギング用のロッドは、いろいろなメーカーから提供されています。

高機能で価格の比較的高いものから、コスパの良いものも多くあります。
メーカーのH.P.やカタログなどを見て、コスパの良いものを選択してみてください。

選ぶポイント1:長さで選ぶ

ライトショアジギング用のロッドの長さは概ね9ft~11ftとなります。
自分の体力や、ライトショアジギングを行うフィールドを考えて長さを選択しましょう。

扱いやすいのは9ft~10ft程度となっており、初心者や力があまりないと考えている場合には、9ft~10ft程度を選択しましょう。

10ft~11ftになると、遠投性に優れているので、ポイントが岸から遠く、遠投を意識する場合には、11ftに近いものを選んでおくと良いでしょう。

選ぶポイント2:硬さで選ぶ

ライトショアジギング用のロッドの硬さはLからXHまで様々です。
ロッドの長さや、メタルジグの重さによって硬さを選んでいきましょう。
青物狙いの場合には、小型の青物はML、中型になってくるとM程度の硬さが良いでしょう。

ショアジギングのカテゴリーの中で、使用するメタルジグの重さによって、ライトショアジギングやスーパーライトショアジギングなどが分けられていますが、はっきりとした規格のようなものがあるわけではありません。

ここでは、スーパーライトショアジギングと区別するために、30g~60gの範囲にMAXの重量があるロッドをライトショアジギングロッドとしてご紹介します。

スポンサーリンク

【コスパ最強】安いライトショアジギングロッドおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターライト 100ML 釣り竿

コスパ最強、安いライトショアジギングロッドおすすめ人気6選をご紹介します。

【メジャークラフト】ファーストキャストショアジギング FCS-962LSJ

ショアジギングを気軽に楽しむことができるライトショアジギングロッドで、コスパは最高でおすすめです。

FCS-962LSJは、比較的足場の良い堤防やサーフで、ライトショアジギングを楽しむことができる、1年中使用可能なロッドでランキングにもあがることがあります。

【ダイワ】ジグキャスターライト 100ML

ダイワから発売されている入門用のライトショアジギングロッドで、価格の割に高機能でコスパの良いモデルです。

100MLは40gまでのメタルジグに対応した遠投用のモデルで、足場の高い堤防などからのライトショアジギングに向いています。

【シマノ】フリーゲーム 96M-4

ルアーゲームを気軽に楽しみたいことを目的とするフリーゲームは、様々なバリエーションを持つコスパの良いロッドです。

96M-4は4本継ぎの振り出しロッドで、仕舞寸法は82.2cmと携行性もよく、ライトショアジギングロッドとしても活用可能です。

【タカミヤ】ファルケンRウィズバレット 96M

中型、小型から大型青物まで対応できるモデルをラインナップしたコスパの良いモデルで、おすすめです。

96Mは60gまでのメタルジグを扱うことができるライトショアジギングロッドで、中型青物から、ハタ、サゴシ、シーバスまで対応できます。

【メジャークラフト】ソルパラライトショアジギング SPX962-LSJ

気軽に本格的な仕様のロッドを使うことができることをコンセプトとしたメジャークラフトのコスパの良いモデルです。

SPX962-LSJは、40gを中心としたメタルジグを扱うことができるライトショアジギングロッドで、いろいろなフィールドでショアジギングを楽しむことができます。

【シマノ】ルアーマチック 90ML-4

ルアーマチックは、携帯性に優れたパックロッドで、電車や、車などあらゆる移動手段で気軽に持ち運ぶことができ、かるコスパの良いロッドです。

90ML-4はショアジギングロッドとしても活用できるほか、シーバス、タチウオ、ロックフィッシュなどを狙うことができます。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのコスパ最強ライトショアジギングロッド2選

シマノ(SHIMANO) 振出竿 ロッド フリーゲーム S96M-4 ショアジギング タチウオ シーバス 小型青物

2021年新作、おすすめのコスパ最強ライトショアジギングロッド2選をご紹介します。

【プロマリン】アーティコルサLSJ 100M

2021年新製品のプロマリンのライトショアジギングロッドのスピニングモデルで、コスパもよくおすすめです。

ライトショアジギングの初心者が扱うのに適しており、操作しやすい専用設計モデルです。
60gまでのルアーに対応しています。

【タカミヤ】リアルメソッド ショアジギング-GRII ライト 93ML

2021年新作の、ライトショアジギングロッドで、バットにはカーボンを採用し、最新技術を採用しコスパも良好です。

93MLは50gまでのルアー重量に対応しており、ターゲットはサワラ、ブリ、ヒラマサなどの青物のほかに、ヒラメ、マダイなどです。

スポンサーリンク

コスパ最強の安いライトショアジギングロッドについてまとめ

メジャークラフト 2代目ソルパラX ライトショアジギングロッド SPX-962LSJ- 9.6フィート(約292cm)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】コスパ最強の安いライトショアジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も」というテーマに沿って、

  • コスパ最強の安いライトショアジギングロッドの選び方
  • 【コスパ最強】安いライトショアジギングロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのコスパ最強ライトショアジギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ライトショアジギングロッドおすすめ人気14選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
【2021年最新】上級者向けのライトショアジギングロッドおすすめ8選!
ショアジギングを楽しむ上級者はどんなライトショアジギングロッドを使っているのか気になりますよね。今回、釣りラボでは、上級…
【2021年】ショアジギングロッドおすすめ人気14選!ダイワ・シマノのコスパ最強商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2021年】オフショアジギングロッドおすすめ13選!初心者〜上級者向け人気商品をご紹介
オフショアジギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、オフショアジギングロッドの…
【2021年最新】ダイワのジギングロッドおすすめ9選!特徴や選び方も詳しく解説!
近年、手軽に大物が狙えるショアジギングが人気急上昇中!様々なメーカーがロッドを出していますが、ダイワのロッドはとても人気…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン