【2022年】タラジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

近年注目のタラジギングに挑戦したい方必見!適したロッドはこちら!今回、釣りラボでは、タラジギングロッドの特徴、おすすめのタラジギングロッド、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品のタラジギングロッドをご紹介します。

ジギング ロッド・釣竿
スポンサーリンク

タラジギングロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド オシアジガー ∞(インフィニティ) モーティブ B610-4 中深海狙い:水深~300m 青物狙い:水深~130m

タラは、タラ目タラ科の白身魚。
近年では、このタラをジギングで釣る「タラジギング」がアングラーに大人気。

タラは通年通して釣れます。
産卵期の冬場12月~3月は、オスに白子が入っているので特におすすめです。

水深200mくらいでは300~500g程のメタルジグに電動リールを使うのが定石ですが、産卵後は100m前後の浅場まで来ることもあり、120~300gdくらいのメタルジグでジギングも楽しめます。

タラは「たらふく」の語源となるほど、食に貪欲な魚です。
そのため、フォールアクションへの反応も良いです。

スロー&フォールアクションに適したロッドを選ぶと良いでしょう。
それでは、タラジギングではどのようなロッドが良いのか、選ぶポイントを見てみましょう。

選ぶポイント1:長さ

タラジギングでは、長さも重要です。
船釣りの場合、あまり長いロッドは扱いづらいので避けましょう。
6ft~6.5ftくらいのロッドを選ぶと良いですね。

深場では、大型青物用ロッドやマダラ専用ロッドを選ぶと良いです。
浅場では、青物ジギングロッドで対応できます。

ラインはPE1~1.5号、リーダーはフロロカーボン6~8号くらいが良いですね。
根掛かりが気になる釣り場や、大物がいる所では、PEは2号を巻いておくと良いでしょう。

選ぶポイント2:硬さ

タラジギングでは、硬さも大事です。
5~10kgのタラも釣れるので、楽にあげたい場合は硬めのパワーのあるロッドを選ぶと良いです。

タラジギングは、ゆっくりとフォールさせて、ゆっくりシャクる釣り方をします。
なので、数をあげたい場合は柔らかめを選ぶと、スロー&フォールアクションが思うようにできます。

タラはフォールへの反応も良いです。
スロー&フォールアクションに適したロッドを選ぶのも良いでしょう。

スポンサーリンク

タラジギングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド オシアジガー ∞(インフィニティ) B63-6 スロー系 大型青物 キンメダイ 水深450mまで

それでは、タラジギングのスロー&フォールアクションに適したジギングロッドをご紹介します。

人気ランキングから、コスパ最強のおすすめロッド6選です。
参考にしてみてくださいね。

【シマノ】オシアジガー∞ B610-4

シマノオシアジガーシリーズです。
ジグウェイトMax380gで、中心海のスローゲームに適しています。
シマノの基本性能、スパイラルXがブランクスのねじれやパワーロスを軽減しています。
タラジギングにもおすすめです。

【シマノ】オシアジガー∞ B63-6

シマノオシアジガーシリーズからの、スロー系ジギングロッドです。
ジグウェイトもMax500gまでとかなり大物が狙えます。
基本構造スパイラルXコアにより、ねじれやつぶれに対し高強度化しています。

【シマノ】ゲーム タイプJ B604

シマノから発売されている、ベイトタイプのジギングロッドです。
10クラスの青物に耐えられるロッド性能で、ジグもMax220gまで対応しています。

【ダイワ】キャタリナSJ 60B-4

ダイワ・キャタリナシリーズのスロージギングロッドです。

6ftで、ジグウェイト200~330gと大物にも対応しています。
タラジギングに適したロッドです。

【ダイワ】ディープゾーン73 300-205

ダイワの船竿ディープゾーン。
電動リール1000クラスにも対応しています。

感度と操作性に加え、粘りとパワーも兼ね備えた中深場の竿です。
タラジギングにもおすすめです。

【ダイワ】ヴァデルY J60MHS

ダイワから発売されたハイパワースピニングモデルのジギングロッドです。

200gのジグを扱え、パワーはあるが張りを抑えた仕様です。
タラジギングにも適しています。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめのタラジギングロッド2選

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド ゲーム タイプJ B604 ベイト 青物ジギング

2021年に販売開始されたものの中から、おすすめのタラジギングロッドを2選ご紹介します。

【シマノ】グラップラーBB タイプスローJ B66-4

シマノから2021年に発売された新製品です。
グラップラーBBシリーズのスロータイプです。
スロー・フォールアクションで誘うスロージギング専用設計となります。

【ダイワ】21ソルティガR J62S-4 LO

ダイワのソルティガシリーズから、2021年に販売された新製品です。
基本性能に優れており高剛性も向上し、軽量で扱いやすいロッドです。

操作性もよく、戦略的なジギングができます。
ジグウェイトMax250gあるので、タラジギングにもおすすめです。

スポンサーリンク

タラジギングロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) スロージギングロッド キャタリナ SJ 60B-4 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タラジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タラジギングロッドの選び方
  • タラジギングロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのタラジギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド18選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2022年】シマノのロッドおすすめ人気ランキング15選!特徴や新製品もご紹介
シマノのロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのロッドの特…
【2022年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング13選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン