石鯛釣りで使う餌は高級!?おすすめの餌や餌の付け方を詳しく解説

石鯛は高級魚として知られ、石鯛釣りも贅沢な釣りであるとよく言われます。その所以のひとつに、使っている餌が高級であることが挙げられます。今回釣りラボでは、石鯛釣りに使うおすすめの餌や付け方などを解説しています。

釣り餌
スポンサーリンク

石鯛釣りとは?

石鯛

出典:写真AC

石鯛は、高級魚としてよく知られた魚です。
この石鯛は、非常においしく食べることができるので、石鯛をターゲットにした釣りは非常に人気が高いです。

ただ、石鯛釣りというと餌には高級なものを使うイメージがある方も多いと思います。
今回はそんな石鯛釣りで使うおすすめの餌や餌の付け方について詳しく説明していきます。

石鯛(イシダイ)の生態

石鯛は水温が16℃~23℃と温暖な海水を好む魚なので、4月~11月の暖かい時期がシーズンです。
頑丈な歯を持ち、岩礁帯に生息するウニやヤドカリなどの甲殻類を好んで捕食します。

石鯛釣りを行う場所

石鯛釣りを行う場所は温暖な気候の房総半島や和歌山、九州地方などが石鯛釣りのメッカとしてよく知られています。
特に五島列島などの九州の島々には石鯛を求めて多くの釣り人が訪れます。

石鯛は幼魚のうちは防波堤や砂浜を回遊していますが、大きくなると岩礁帯に生息するエサを求めて沖に出ていきます。
石鯛を狙う際には地磯や沖磯からが狙いめです。

スポンサーリンク

石鯛釣りに使うおすすめの餌と付け方

石鯛

出典:写真AC

それでは実際に、石鯛釣りに使うおすすめの餌と付け方を詳しくご説明します。

バフンウニ

九州地方や山陰地方では石鯛釣りのメインの餌としてバフンウニがよく使われています。
個体が小さいので2個掛けして使用するのがおすすめです。
ウニを調達できないときにはウニを使った加工餌を使うのも手です。

【HAMAICHI】ウニミンチ

生ウニをつぶしてペレット状にした餌です。
常温保存が可能なので保存にも便利で多くのアングラーが使用しています。

ガンガゼ

ガンガゼは長いものは針の長さが30センチにもなるので、餌として使用する際にはとげをハサミでカットしてから使用します。
ガンガゼは針に毒をもつので、手にとげが刺さらないように軍手を着用した上でトングでガンガゼを挟み、もう片方の手でとげをカットしていきましょう。

【マルキュー】石鯛用ウニだんご

ウニが手に入らないときにはウニを使用したウニだんごを使用するのがおすすめです。
重さがあるので海底まで一気に沈み、石鯛を寄せ付けます。
装着方法はちぎって針につけるだけなので、手軽に石鯛釣りを楽しむことができます。

サザエ

石鯛釣りでは古くからサザエが一般的に餌として使われています。
殻をハンマーで割って中身を出してから針に取り付けて使用します。

【瀬戸内たいたいCULB】瀬戸内海産のサザエ

お刺身で食べられるほどの新鮮な瀬戸内海産のサザエです。
石鯛釣りではサザエを1日で2~3キロ用意しておくと安心です。

赤貝

春のシーズンは赤貝が石鯛釣りの餌として人気が高いです。
食いが弱い時は赤貝を針に5~7個程数珠掛けして使用しましょう。

【マルキュー】くわせ赤貝700g

便利なむき身の赤貝です。
ハード加工が施されているので崩れにくく、餌持ちが良いので効率よく石鯛釣りを楽しめます。

ヤドカリ

ヤドカリを餌として使用する際には、殻を割って口か尻尾から針を通して使用します。
餌が切れたときには岩場の陰を探して現地調達するのもおすすめです。
石鯛が好物のヤドカリを使用して釣果アップを目指しましょう。

【株式会社タイキ】石鯛釣りの餌 新鮮ヤドカリ60匹

捕獲した直後に瞬間凍結した新鮮なヤドカリです。
殻を外してあるので手軽に使用することができます。

磯カニ

磯カニは石鯛の大好物です。
磯カニは石鯛が当たる確率も高く、安定した釣果を見せてくれる優れた餌です。

【マルキュー】パワークラブ 茶ガニ0529

カニに良く似せた環境にやさしい疑似餌です。
常温で保存することができるので持ち運びにも便利です。

フジツボ

石鯛釣りでフジツボを餌として使用する際は、フジツボの固い殻をハンマーで割って中の身を取り出して使用します。

【株式会社Okawari】青森県産フジツボ500g

生でも食べられる新鮮なフジツボです。
時間がある方は釣り場で足元を注意深く見渡し、現地でフジツボを調達するのもおすすめです。

スポンサーリンク

石鯛釣りで使う餌の入手方法

石鯛

出典:写真AC

続いて石鯛釣りで使う餌の入手方法をご紹介します。

釣り具販売店での購入

石鯛釣りで使う餌は釣具販売店で購入することができます。
冷凍ヤドカリや冷凍赤貝は取り扱っている店舗が少ないので、予め電話で確認してから買いにいくのがおすすめです。
店舗によっては餌をクール便で郵送してくれるところもあるのでよく確認しましょう。

通販サイトで購入

ウニだんごやウニミンチなど、常温で扱いやすい餌は楽天やamazonなどの通販サイトでも購入することが可能です。

現地で調達する

最もコストがかからないのが現地調達です。
岩の陰にはフジツボや磯ガニが潜んでいることも多いです。
時間に余裕のある方は釣り場で餌を現地調達することをおすすめします。

スポンサーリンク

石鯛釣りの釣り方・コツ・タックル

タックル

出典:写真AC

最後に石鯛釣りでの代表的な釣り方、コツ、注意点、おすすめのタックルをご紹介します。

石鯛釣りの代表的な釣り方・仕掛けの種類

それでは早速石鯛釣りの代表的な釣り方・仕掛けの種類について説明していきます。

遠投釣り

釣り場が浅いポイントでは遠投釣りで狙うのがおすすめです。
仕掛けは、釣り場の地形や潮の状況を見ながら錘の重さを調整しましょう。
石鯛には鋭い歯があるので、ハリスは基本的にワイヤを使用します。

宙層釣り

足元から急に釣り場が深くなっているポイントでは、仕掛けを下に垂らして獲物を狙う宙層釣りがおすすめです。
仕掛けは30~40号の重さの中通しオモリを使用します。

石鯛釣りの注意点

石鯛釣りで注意しなければいけないのが落水事故です。
石鯛は岩礁帯に生息しているため磯での釣りがメインになりますが、そのような場所は足場が不安定な場所が多いので必ずライフジャケットを着用して釣りに臨みましょう。
また、足元が滑らないようにウェーディングシューズなど専用のシューズを履くことをおすすめします。

石鯛釣りでおすすめの道具・装備

続いて石鯛釣りでおすすめの道具・装備をご紹介します。

【ナカジマ】ステン磯ハンマー

石鯛釣りでは餌のウニやアワビなどの貝類を割ったりピトンを磯に打ち付けたりする際にハンマーが必需品です。
サビに強く耐久性のある磯ハンマーがおすすめです。

【ナカジマ】石鯛ピトン500㎜

竿掛けとセットで使用するピトンも、石鯛の強烈な引きに耐えるために石鯛専用のピトンを使用するのが釣果アップのポイントです。
ナカジマの石鯛ピトンは、耐久性を重視して設計された石鯛専用の頑丈なピトンです。

スポンサーリンク

石鯛釣りの餌に関するまとめ

石鯛

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「石鯛釣りで使う餌は高級!?おすすめの餌や餌の付け方を詳しく解説」というテーマに沿って、「石鯛釣りとは?」「石鯛釣りに使うおすすめの餌と付け方」「石鯛釣りで使う餌の入手方法」「石鯛釣りの釣り方・コツ・タックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
釣り針の種類と選び方を徹底解説!おすすめ5選や自作方法、結び方もご紹介
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…
釣りを始める人必見!釣り初心者が用意するべき道具とその使い方を全部ご紹介!
釣り道具は様々な種類があり、どれから揃えればいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな釣…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックル・釣具の選び方をご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
【2020年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン