【2021年最新版】ダイワのおすすめシーバスロッド10選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介

釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドについておすすめの商品を10個厳選してご紹介します。ぜひご覧ください。

シーバス ロッド・釣竿
スポンサーリンク

シーバスロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 86ML 釣り竿

ここ数年で細分化していくシーバスのルアーフィッシング、各メーカーから様々なシチュエーション別のロッドが発売されています。
ロッドの種類が多すぎて、どれをえらべばよいのかわからない!なんていう方も多いのではないでしょうか。
そんな方にもわかりやすいように、今回はダイワのシーバスロッドについて、各シチュエーション別の選び方をまとめました。

選ぶポイント1:サイズ・長さ

まず長さについては狙うポイントによって変える事が望ましいです。
以下が一般的な長さの選び方になります。

  • 遠投が必要なサーフや沖堤防、足場の高い磯で釣る場合:9フィート後半~10フィート超のロングロッド
  • 遠投の必要はないが繊細なルアーアクションをさせたい港湾部:8フィート~9フィートのバーサタイルなもの
  • ボートからシーバスを狙う場合:取り回しのよい6フィート~7フートのもの

選ぶポイント2:パワー・硬さ

次にパワーについては使用するルアーのウェイトやアクションを考慮して選びましょう

  • ミノーやシンキングペンシルなどをゆっくりとした流す釣りの場合:L~MLクラス
  • バイブレーションやミノーのジャーキングといったルアーをキビキビと操作したい場合:ML~Mクラス
  • 鉄板バイブレーションやメタルジグでのライトショアジギングまでを視野に入れるなら:MH~Hクラス

大まかに分けるとこのような使い分けになりますが、最近のダイワのシーバスロッドにはMMLやLMLと言った特殊な表記のものも増えてきています。
それぞれにシチュエーションやルアーに特化した作り込みがされているので、メーカーHPをよく見て選ぶとよいです。

選ぶポイント3:ベイトタックルとスピニングタックルの使い分け

ベイトタックルで釣るのも操作性が高く楽しいですが、シーバスゲームには飛距離が必要なシチュエーションが多く、そういった場合はスピニングタックルに分があります。
それぞれに得意な状況があるので、そこまで使い分けられると更に釣果アップが望めるかもしれません。

スポンサーリンク

【2021年最新版】ダイワのおすすめシーバスロッド10選

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド シーバスハンターX 90ML 釣り竿

それではダイワのシーバスロッドの中から、それぞれの特色を踏まえたうえで、2021年シーズンに向けてシチュエーション別におすすめのシーバスロッドを紹介します。

おすすめのスピニングロッド6選

スピニングモデルは非常に多くのモデルが発売されています。
多彩なラインナップから、あなた好みの1本を見つけてください。

【ダイワ】リバティクラブ 86ML

今まで釣りはやった事はないがルアーフィッシングを初めてみたい、でもどれを選べばよいのかわからない、そんな方にはリバティクラブをおすすめします。
関東では東京湾奥、関西では神戸方面の港湾部にぴったりのモデルで、軽めのミノーから鉄板バイブレーションまで使えるバーサタイルモデルです。

【ダイワ】シーバスハンターX 90ML

シリーズ中、最も汎用性の高い機種だと思いますので、ある程度の状況やルアーでも対応できるポテンシャルのある1本です。
ブレーディングX搭載により、バット部分のパワーも下位機種とは思えないほどしっかりとしています。

【ダイワ】レイジー 100MH

10フィートのレングスは磯のような足場が高い時や、サーフからの遠投が必要なシチュエーションでも大活躍してくれます。
またルアーウェイトMAX60gとライトショアジギングにも対応でき、中型までの青物がかかっても強いバットパワーで寄せる事ができます。

【ダイワ】ラテオ 93ML R

2019年に登場したRシリーズはハイエンドモデルに匹敵する軽さと高感度を持ってモデルチェンジされました。
93Mは河口部や干潟などでのウェーディングゲームに最適なモデルとなっています。

【ダイワ】ラブラックスAGS 96MLM

AGSガイドを搭載した事により、9フィート6インチのレングスを感じさせない軽さを持ったモデル
MLクラスのティップセクションにMクラスのパワフルなバットを持つというMLMは、繊細なミノーゲームにも対応できるティップとランカークラスにも負けないバットパワーを備えています。

【ダイワ】モアザン エキスパート AGS 87ML

8フィート7インチのレングスがありながら、ロッド重量120gという驚きの軽量化を実現したモデル。
港湾部での使用を想定した基幹となるモデルで、バイブレーションやミノー、シンキングペンシルなど様々なルアーを使える頼りになる1本です。

おすすめのベイトロッド2選

近年注目されているベイトロッドを使用したシーバスゲームでも、専用ロッドが多く発売されるようになりました。
ビッグゲーム用からボートシーバス用モデルまで、シチュエーションによって使い分けましょう。

【ダイワ】ラテオ ボートシーバス 73HB

ルアーMAX60gのビッグベイトや大型ミノーなどでランカーシーバスを狙えるモデル
ボートからは勿論、おかっぱりでのビッグベイトゲームなどにも最適な1本です。

【ダイワ】モアザン エキスパート AGS 88MLB

これ1本で都市型エリアの港湾部をカバーできるレングスとパワーを持ちつつ、最高ランクのモデルにふさわしい軽さも持ったモデル。

おすすめの振出しロッド・モバイルロッド2選

電車やバスなどで気軽に楽しめる都市部でのシーバスゲームにフィットする、携帯性に優れた振出しモデルやマルチピースモデルも増えてきました。
カバンに1本忍ばせておけば、偶然見つけたポイントでも竿を出すことができます。

【ダイワ】ソルティスト MB SB 94ML-5

電車やバスを利用して都市部でのシーバスフィッシングを楽しみたい方には嬉しいマルチピースモデル
94ML-5はシリーズでもっとも長いモデルで、ロングキャストが可能なデイゲームでのバイブレーションゲームにおすすめの1本です。

【ダイワ】レイジー T86ML-6

港湾部や運河などにベストマッチなショートレングスモデル
シーバスロッドとしては珍しいテレスコピックで、仕舞長54㎝と携帯性に優れていま

スポンサーリンク

ダイワのおすすめシーバスリール・ルアー

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド LAZY 100MH 釣り竿

シーバスゲームを快適に楽しむ為には、シーバスロッドだけでなくそれにマッチしたリールやルアーを選ぶ事が重要です。
自分の通うフィールドに適したスペックのものを選んで、ランカークラスのシーバスをキャッチしましょう。

おすすめのシーバスリール

リールは、PE1号を150~200m巻けるものがシーバスゲームには向いています。
流行りのソルトゲーム専用のベイトリールも非常に性能が高く、以前よりトラブルレスになってきました。

【ダイワ】フリームス LT4000S-CXH

入門機種ながらタフデジギア、LCABS、マグシールドとダイワの最先端技術が盛り込まれたモデル。
PE1号が200m巻けるスプールはシーバスフィッシングにベストマッチです。

【ダイワ】モアザン PE TW 1000XHL-TW

シーバス専用に設計されたベイトリールで、PEラインを使用してもトラブルが少なく快適に釣りを楽しめます。

おすすめのシーバスルアー(ワーム)

港湾部や河川、サーフなど様々なフィールドでシーバスゲームを楽しむには、色々な種類のルアーを使い分ける事が重要です。

【ダイワ】モアザン ミニエント 57S

東京湾奥のハイプレッシャーなポイントでスレたシーバスを相手に開発された樹脂製バイブレーション
得意の3Dダートはシーバスだけでなく、チヌやフラットフィッシュにも効果絶大です。

【ダイワ】SBロデム

流行のバイブレーションワームがお求めやすい価格で登場です。
なかなか口を使ってくれないナーバスなシーバスにぜひ使ってほしいルアーです。

スポンサーリンク

ダイワのおすすめシーバスロッド10選まとめ

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 93M・R 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新版】ダイワのおすすめシーバスロッド10選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介」というテーマに沿って、

  • シーバスロッドの選び方
  • 【2021年最新版】ダイワのおすすめシーバスロッド10選
  • ダイワのおすすめシーバスリール・ルアー

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について、…
【2020年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ…
【2021年】ボートシーバスロッドおすすめ12選!ダイワ・シマノ・アブガルシアの人気商品をご紹介
シーバスはショアからの釣りが定番ですが、ボートから狙うボートシーバスも初心者でも釣りやすくとてもおすすめです。今回、釣り…
【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ14選!特徴や選ぶポイントも紹介
シーバスロッドは万能で海釣り、エサ釣り、ルアー釣りに適しています。まずなにを準備したらいい?といった釣り初心者にもおすす…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン