【2024年】タコ釣り用ルアー人気ランキング17選!選び方や自作方法も紹介!

タコ釣りにはワーム・タコエギ・タコジグなどのルアーが必須アイテム。とはいえ、種類が多くてなにを選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回、釣りラボでは、タコ釣りにおすすめのルアーの選び方や人気商品、自作方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

タコ釣りルアーの種類と特徴

OWNER(オーナー) ワーム タコワームダブルグラブ No.82927 01 ラッキョホワイト

タコ(マダコ)は好奇心旺盛で獰猛な肉食動物で、甲殻類、二枚貝魚類などを捕食して生活しています。
古くから、白いものをエサと認識することが知られており、ラッキョウや消しゴムなどをタコテンヤに括り付け、タコを引っ掛けて釣るテンヤ釣りが行われています。

現在では、タコテンヤの他、タコエギやタコスッテ、タコジグなど、様々なタコ釣り用ルアーが発売されています。

ワームの特徴

タコ釣りのワームには、放射状のフックはがついていて、あらゆる方向から抱いてくるタコを効率的に掛けます
ザリガニの形を模したクロー系の他、カニの形を模したもの、また、タコベイトという、タコの形をしたものもあります。

タコエギの特徴

タコエギの特徴は、イカ用のエギに形は似ていますが、イカのように泳ぎながらエギを抱くような事はほとんどなく、ボトムでの誘いが主となりますので、素早くボトムに着けるよう、重めのシンカーがついています
フックはイカ用エギのカンナではなく、テンヤのような二本のカギ針が上向きにつきます。

タコジグの特徴

タコジグは、主に堤防の壁面についているタコを狙うのに適したジグで、タコ型ジグと舟型ジグがあります。
タコ型ジグは壁面を這わせるための専用ジグで、道糸に複数つけることもあります。
舟型ジグは、軽くキャストして引いてくる釣りに向いています。

タコジグは、赤色やピンク色のものが多いです。

スポンサーリンク

タコ釣りのルアーの選び方

OWNER(オーナー) ワーム やわらカニベイト LL 赤 82588

タコ釣りのルアーの選び方について解説していきます。
基本的に、攻略する場所によって使い分けますが、とにかく根がかりによるロストがつきものですので、予備をたくさん準備することをおすすめします。
仕掛けがなくなったらその時点でゲームオーバーです。

丈夫で耐久性があるものを選ぶ

タコ用ルアーに限ったことではありませんが、丈夫で耐久性があるものを選びましょう
具体的にはフックの取り付けがしっかりしているものが良いでしょう。

塗料が取れづらいものを選ぶ

タコは硬いクチバシで抱いたルアーを齧ります。
また、岩礁地帯や堤防の壁面に絶えずぶつかりながら、ボディ傷をつけてしまいます。
それは仕方がないことではありますが、傷がついても塗装が割れたりしないものを選びたいです。

塗装が割れると、そこを起点に次々と塗装が剥がれていきます。

根掛かりしづらいフックを選ぶ

タコ用ルアーは、岩礁地帯のボトム付近の岩の隙間や穴の中にいることが多いので、当然ながら根がかりしやすい場所を通さなければなりません。
なるべく、根がかりしづらい構造になっているタコルアーを使いましょう

アクションの質で選ぶ

タコ用ルアー釣りは、エギングのような激しいアクションはしないのですが、コツコツコツと、小刻みにボトムを叩くようなアクションで誘うのが基本です。
ボトムをコツコツ叩いたときに、音が出るもの、キラキラ光るフラッシング効果のあるものなど、タコの興味を惹く仕掛けがあるものを選びましょう。

色を重視して選ぶ

タコが好むカラーは白色、赤色、ピンク色、オレンジ色です。
中でも白は形状にかかかわらずタコには効きますのでおすすめです。
カニ型、エビ型などは、赤色やピンク色などがスタンダードのようです。

価格帯で選ぶ

タコ釣り用ルアーは根がかりによるロストが避けられません。
たくさん持つ必要がありますので、あまり高いものは求めづらいかも知れません。
ロスト覚悟で安いものをたくさん揃えておくというのもひとつの作戦です。

スポンサーリンク

タコ釣りにおすすめのルアー人気ランキング17選

OWNER(オーナー) メタルジグ ルアー TH タコヘッド 28g ホワイトグロー #01W 11790

ここからは、タコ釣りにおすすめのルアーを、ワームタイプ、タコエギタイプ、タコジグタイプに分けて紹介して行きます。

DUEL(デュエル)

【デュエル】インチク ソルティー・ベイト ロックフィッシュジグ|タコジグ

カーボンスチールのオフセットフックが標準搭載されたルアーです。
スナッグレス性能が高いため水中ストラクチャーが多いポイントにおいて最大限のポテンシャルを発揮してくれます。

また、スリムヘッド形状を採用しているためキャスト時の空気抵抗が少なく、抜群の飛距離を確保することができます。

ボリュームのあるボディにより水押しが強く広範囲にアピールが可能なので、サーチルアーとしておすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】紅牙X スパイラルガイド仕様 (2022モデル)

エントリーモデルながら、上位機種に劣らない「剛性」「強度」「軽さ」「操作性」を持ち合わせたロッドです。

ダイワ独自の技術である「ブレーディングX」により、ネジレに強いブランクスになっているため、キャストしやすく剛性も高くなっています。

また、穂先には「ソリッドティップ」を採用することで、動かすにも掛けるにも最高のパフォーマンスが発揮できます。

DUEL(デュエル)

【ヨーヅリ】タコやん パールピンク|タコエギ

エビをイミテートしたフォルムに、ラトルを内蔵したタコルアーです。
強烈なラトルサウンドによるアピールで、広範囲のタコに存在を示しバイトを誘発します。

また、ボディにナス型シンカーを搭載したことで感度を向上し、根掛かり回避に貢献します。

フッキング率の高い「段差フック」を採用しているため、大小問わずさまざまなタコでもフッキングが決まりやすい仕様です。

DUEL(デュエル)

【ヨーヅリ】タコやん ゴールドタイガー

エビを模した形状に樹脂ラトルを内蔵したルアーです。
エビが尾を曲げて逃げる際に響くサウンドを再現し、タコの捕食本能を強制的にオンします。
また、ボディには標準でラバーが搭載され、忠実にエビの足を再現し揺らめいて誘います。

さらに脱着可能なシンカーを搭載していることで根掛かりしにくく、感度を向上するといった恩恵をもたらします。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】20 クロスミッション

バーサタイル性能を徹底的に追求しているため、タイラバのみならずライトジギング、ティップエギングなど多種多様のターゲットを攻略できるモデルです。

シマノ独自のテクノロジーである「スパイラルX」「ハイパワーX」を採用し、ブランクスのネジレを抑制してロッドパワーの向上に貢献しています。

また、リールシートにはグリップ力・ホールド力のある「パーフェクトシートCI4+」を搭載し、繊細なロッドアクションを可能にします。

メガバス(Megabass)

【メガバス】TACO-LE シェイク 90 ABURAMI

リアルタコルアー ABURAMI

TACO-LE シェイク 90 ABURAMIは、2018年にメガバスから発売になったタコ釣り用リアルルアーになります。

オフショアでもショアでも使用可能になり、小刻みな場所移動だけで、シェイキングアクションで音とローリングアクションでタコを寄せ集め、ABURAMIの白色パターンで確実にタコに抱かせることが出来ます。

こんな人におすすめ

  • タコ釣りに興味がある初心者の方
  • オフショアでもショアでも釣りをする多様な環境で威力を発揮するルアーを探している方
オーナー(OWNER)

【オーナー】やわらかカニベイト LL 赤|ワーム

カラー、シルエットともに本物のカニを忠実に再現したルアーです。
タコを寄せる「クリアレッドカラー」に、一度抱かせたら離さない柔らかいマテリアルを採用しています。
さらにボディに「アミノ酸」を配合しているため、深いバイトを誘発することができます。

サイズはL・LLの2種類をラインナップしており、状況に応じて使い分けが可能です。

DUEL(デュエル)

【ヨーヅリ】タコやん 船スッテ S|タコエギ

アピール力が高く、水に濁りが入った状況で効果的なルアーです。
ボディにラトルが内蔵されており、サウンドで広範囲からタコを魅きつけます。

また、エビのように光り高アピールを実現する「グローアイ」をフック付近に搭載し、さらに貫通力の高いエイトフックを採用したことで抜群のフッキング率を実現します。

カラーバリエーションは3タイプ、ハイライト・ローライト・マズメなど、さまざまな状況に応じてセレクトが可能です。

オーナー(OWNER)

【オーナー】タコヘッド 28g ホワイトグロー|ワーム

コンパクトシルエットながら自重が28gあるので飛距離が出しやすく、また素早いフォールスピードで手返しのいい釣りを展開させてくれます。

サイズバリエーションが5タイプあるので、潮の流れや水深などに応じてセレクトすることが可能です。
カラーはナチュラル系の「ホワイトグロー」アピールの「ピンクグロー」がラインナップされています。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】レッドバック 5G RB5

メーカー独自の技術である「R360構造」と最新素材の「東レ1100Gカーボン」がを採用したロッドです。

ブランクスにカーボン繊維を縦横、斜め方向に配置しており圧倒的なロッドパワーと軽量性を両立しています。

また、使い手を選ばないグリップデザインに、強度の高い「SICガイド」など、細部までこだわり抜かれたモデルです。

オーナー(OWNER)

【オーナー】タコワームダブルグラブ ラッキョホワイト|ワーム

バルキーなボディに異なる2種のテールを搭載したタコ専用ワームです。
各パーツが水中抵抗を受けるとナチュラルに動き、広範囲にアピールをします。

さらに、柔らかいマテリアルを採用し、貝・甲殻類エキスを配合しているため躊躇いのないバイトを誘発してくれるでしょう。

ボトムをズル引くだけと簡単操作でバイトに持ち込めるため、タコ釣り初心者におすすめのアイテムです。

KAIRI

【KAIRI】カニルアー 30g 12cm

カニのシルエット・動きを見事に再現したリアルルアーです。
柔らかいマテリアルを採用しているため、ごく僅かなロッド操作、潮の流れにレスポンス良く反応を示し、オートマティックにボディと脚を揺らしアピールをします。

上向き構造のダブルフックを採用したことにより、根掛かりしにくく、フッキングが決まりやすい特徴があります。

3色セットなので状況に応じて使い分けが可能です。

Goture

【ゴチュール】夜光イカ釣りルアー 30g

驚異のタコルアー

2020年9月、Goture(ゴチュール)から発売の万能型ルアーになります。
特にタコ釣り師が使用する頻度が多く、売り切れ続出のルアーです。
深場や大型のタコを狙う場合は、2個同時にリグって使用することも可能です。

マダコだけでなく、タックルさえ専用の物を使えばミズダコの10kgクラスも捕獲可能なルアーになっています。

こんな人におすすめ

  • タコ釣りに熱中し、より大型のタコを狙いたいと思っている方
  • マダコだけでなく、ミズダコも釣りたいと考えている方
オーナー(OWNER)

【オーナー】タコヘッドセット ガザミ ピンクグロー|タコジグ

ライトタコゲーム対応のヘッドとワームのセットです。
見た目はコンパクトながらウェイトが18gあるので、遠投性能が高い特徴があります。
また、フォールスピードが速いため素早くボトムに到着し、広範囲をテンポ良くサーチできます。

カラーは「ピンクグロー」を採用しており、抜群のアピール力・高視認・喰わせを誇るアイテムです。

オーナー(OWNER)

【オーナー】タコジグ TA-20 大 ピンク|タコジグ

イイダコ・マダコ専用に開発されたジグルアーです。
タコの好むアタックカラー「ピンク」を採用しているため、効率よくバイトチャンスを狙えるでしょう。

また、貫通力抜群のフックを搭載しているため、一度抱かせたら逃すことなくキャッチ率を大幅に向上します。

重量「約35g」なので遠投性能が高く、そしてフォールスピード速いため広範囲を素早く探れるアイテムです。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】タコエギ DJ デビルレッド|タコエギ

タコの吸盤がピタッとつきやすい「布なしソリッドタイプ」を採用したルアーです。
また、標準で角形段差フックを搭載しているため掛かりが抜群、バイトに持ち込めればしっかりホールドし、バラシを軽減します。

ボディにはメーカオリジナルの「デジタシンカー」が搭載されており、ボトムで浮き上がりにくく、短い移動距離でネチネチとタコにアピールできます。

【ダイワ】マダク

マダコが抱くルアーとして開発されたのがダイワの新作タコルアーであるマダクです。
本体にソフト素材の爪、かえしのないフックをピン一本で着脱することができます。

単体だけでもしっかりとタコを狙うことができますが、アフターパーツである快適タコの抱き枕を装着するとより集蛸効果を狙うことができます。
今までありそうでなかったタコ釣りルアーとなっていますので新シーズンはぜひマダクでマダコを狙ってみてください。

こんな人におすすめ

  • タコ釣りに没頭する方
  • アフターパーツを使ったターゲット集蛸を楽しむ方
スポンサーリンク

タコ釣り用のルアーは自作できる?

がまかつ(Gamakatsu) エギ タコエギ DJ #4 デビルレッド. 67852-4-0-07

タコ釣り用のルアーは比較的簡単に自作できます。
おすすめは、イカのエギング用のエギをタコエギに改造する方法です。

  • エギング用エギのカンナの根元をガスコンロなどの弱火で温めて接着剤を溶かす
  • ペンチなどを使い、カンナを引き抜く
  • タコエギ用の替え針に付け替える

火傷やフック交換時の怪我に気をつけて、慎重に作業しましょう。

スポンサーリンク

タコ釣りのルアーのまとめ

YO-ZURI(ヨーヅリ) 仕掛け(タコ): [ST]タコやん 船スッテ S 1:01 澄ミ潮・ハイライト

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】タコ釣り用ルアー人気ランキング17選!選び方や自作方法も紹介!」というテーマに沿って、

  • タコ釣りルアーの種類と特徴
  • タコ釣りのルアーの選び方
  • タコ釣りにおすすめのルアー人気ランキング17選
  • タコ釣り用のルアーは自作できる?

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【タコ釣り入門】タコの釣り方、注意点、おすすめスポット・時期・タックルを紹介
タコ釣りは地域にもよりますが、春ごろからがベストシーズンです。漁業権に注意して楽しみましょう。今回、釣りラボでは、タコが...
【2024年】おすすめのタコエギ13選!釣り方のコツ・仕掛けの自作方法も解説
タコエギは、タコ専用のルアー(餌木)のことを指し、タコを釣る手法の一つとして人気を集めています。今回、釣りラボでは、そん...
【2024年】タコ釣り用ワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
タコ釣りをされる方にぜひ知って欲しい!今年激推しのタコ釣り用ワームはこちら!今回、釣りラボでは、タコ釣り用ワームの特徴、...
タコエギの自作方法を徹底解説!道具や手順・コツを動画付きでご紹介
タコエギは、実は100円ショップで販売されている道具を使えば、非常に簡単に格安で自作することができます。今回、釣りラボで...
【2023年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
目次 そもそもルアーとは?どういう意味なの?ルアーの種類と正しい選び方おすすめのルアー15選【種類別にご紹介】【2023...
https://camp-like.jp/tent/708
...
【2024年】1人用レジャーシートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプを楽しんでいるあなたにおすすめしたい!今話題のレジャーシートはこちら!今回、キャンプライクでは、1人用レジャ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン