【2022年】ヒラメ釣り用メタルジグおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ヒラメを狙いたい方必見!今年度激推しのヒラメ釣り用メタルジグはこちら!今回、釣りラボでは、ヒラメ釣り用メタルジグの特徴、おすすめのヒラメ釣り用メタルジグ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のヒラメ釣り用メタルジグをご紹介します。

メタルジグ ルアー
スポンサーリンク

ヒラメ釣り用メタルジグの選び方

K+5(キーコ) メタルジグセット ジギング 釣り具 蛍光ルアー入り アシストフック3本付き 20g2個/30g3個 

釣って楽しい食べて美味しい魚の代表格がヒラメです。

ヒラメの捕食範囲は広く、砂の中に身を潜め目の前を通る魚に襲いかかるときもあれば積極的に捕食行動に出るときもあります。

緩急鋭く、貪欲なのがヒラメの特徴です。

ヒラメ釣りにおいて大切な要素は、メタルジグを狙ったポイントにキャストし、表層・中層・ボトム付近と思い通りのレンジを引いてくることです。

そして、ヒラメの反応を伺いながらアタリのあるレンジを集中的に攻めれば釣果はあがります。

そのためには自分で扱いやすく愛着が持てるメタルジグを選ばなくては行けません。

しかし、いろいろな種類が発売されているメタルジグを選ぶときに迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はメタルジグを選ぶ際のポイントを以下にまとめました。

選ぶポイント1:メタルジグの重量

30〜50g程度のメタルジグがヒラメ釣りでは扱いやすいでしょう。

風も波も穏やかでメタルジグを安定して泳がすことができるシチュエーションでしたら30g程度(低重量)のメタルジグを使用します。

風が強い日や潮の流れの早く、外的な抵抗を受けやすいシチュエーションなら、40〜50g(高重量)のメタルジグを使用したほうがいいでしょう。

狙うポイントや釣り場の状況に応じて、メタルジグの重量を変えるのもヒラメ釣りの楽しみのひとつです。

選ぶポイント2:メタルジグのカラー

ヒラメはカラーで釣果が変わることはないようです。

しかし、ヒラメは色を識別できるほど目が良いと言われています

なので、バラしたときやミスバイトをしたときはカラーをチェンジしたほうがいいでしょう。

違和感を覚えてまったヒラメは同じカラーのメタルジグにはとアタックしてこなくなる傾向があります。

海水の透明度によってカラーを変えても釣果アップに繋がります。

選ぶポイント3:メタルジグの操作性

重さの重心により操作性が変わるのもメタルジグの特徴です。

メタルジグはフロント・センター・リアと重心が違うものがあり、それぞれの特性は以下の通りです。

フロントバランスはライントラブルが多いという難点はあるものの、ジャークによるアクションが一番伝わりやすいです。

センターバランスは水平姿勢を保ちやすく、安定した泳ぎを演出します。

リアバランスは飛距離が出やすく、沖の深場を狙うときに重宝します。
しかも、沈む速度が早いので着底の感覚も掴みやすいでしょう。

狙いたいレンジの攻め方を考えて自分の思い通りにメタルジグを操作することでヒラメを釣り上げることができます。

スポンサーリンク

ヒラメ釣り用メタルジグおすすめ人気6選【コスパ最強】

トトモカ(TOTOMOKA) メタルジグ ルアー ジグ 3個 セット 10g 15g 20g 25g 30g 40g 60g 80g 100g 120g 150g フック付き ショアジギング スロージギング 夜光 渓流ルアー 海釣り 船釣り バス釣り シーバス ヒラメ タチウオ 青物 太刀魚 (20g, 夜光セット)

様々なメーカーから発売されているメタルジグの中からおすすめを厳選して集めました。

どれも各メーカーが自信を持って発売している商品です。

Amazonが販売しているヒラメ釣り用のメタルジグを紹介します。

K+5

【K+5(キーコ)】メタルジグセット

K+5(キーコ)から発売されている20g〜30gのメタルジグセットです。
夜釣りにも使える蛍光メタルジグが一つ付いています。
初心者にも扱いやすく、ただ巻きでも釣れやすいように設計されています。

TOTOMOKA

【トトモカ(TOTOMOKA)】メタルジグ

トトモカ(TOTOMOKA)が開発した安定感のあるメタルジグセットです。
センターバランスにより安定した泳ぎを実現させ、強烈なフラッシングでヒラメの興味をひきます

【トトモカ(TOTOMOKA) 】メタルジグ

トトモカ(TOTOMOKA)のメタルジグ三色セットです。
40gのメタルジグは遠投性に優れています。
沖の深場を攻めるときにもおすすめの商品です。

Wild Scene

【Wild Scene】メタルジグ

Wild Sceneの商品はお客様の意見を反映させて作られます。
根掛かりを気にすることもなくボトムをガンガン攻めることができ、テールのひらひらアクションでバイトを誘発させます。

COLORGO

【ColorGo 】ジグパラ

COLORGOから発売されている安定性に優れたメタルジグセットです。
フックは鋭利なトリプルフックを採用。
フッキング力に優れた商品です。

青嵐ルアー

【青嵐ルアー】メタルジグ

釣具メーカー青嵐ルアーが編み出したシンプルな作りのメタルジグです。
サーフやゴロタ場、堤防、防波堤などあらゆる場所で安定した釣果が期待できます。
飛距離にも定評のある商品です。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのヒラメ釣り用メタルジグ3選

2022年もヒラメ釣りの人気は衰えません。

最新のメタルジグを使用して座布団サイズのヒラメをゲットしてください。

Amazonでも新作を扱っていますので、おすすめの新作商品を紹介します。

OHF

【OHF 】メタルジグ

OHFが発売したコスパ重視の商品です。
根掛かりを気にせず岩場やボトムをガンガン攻められます
スリムなボディは空気抵抗が少なく設計されているので、遠投向けでもあります。

【トトモカ(TOTOMOKA) 】メタルジグセット

TOTOMOKAの商品です。
ハイ比重広報重心により、遠投時にライントラブルを軽減し、表層からボトムまで狙ったレンジを安定してトレースすることを可能にしました
派手なカラーのメタルジグはヒラメの興味を引きます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】熱砂 スピンビームハイアピール JG-237V

熱砂 スピンビームハイアピール JG-237Vは、2022年にシマノから発売になった、サーフフィッシング専用に設計された、飛距離抜群のメタルジグになります。

サイド面の面積を大きくすることによって、フラッシング幅が増長し、ヒラメやマゴチ、サーフを回遊する青物も射程に入り、魚を喰い付かせる技術がふんだんに盛り込まれたメタルジグです。

スポンサーリンク

ヒラメ釣り用メタルジグについてまとめ

Wild Scene (ワイルドシーン) メタルジグ セット 15g / 5.5cm 5個セット アシストフック 標準装備 シーバス ヒラメ 青物 サーフ に最適

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ヒラメ釣り用メタルジグおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ヒラメ釣り用メタルジグの選び方
  • ヒラメ釣り用メタルジグおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのヒラメ釣り用メタルジグ3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ヒラメ釣り用メタルジグ
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】夜のヒラメ釣り用メタルジグおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
メタルジグにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、釣りラボでは、夜のヒラメ釣り用メタル...
【2022年】釣れるおすすめのメタルジグ9選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ...
【2023年】アジング用メタルジグおすすめ8選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説
メタルジグは、アジングにおいて欠かせない仕掛けの一つです。今回、釣りラボでは、アジング用のメタルジグを使うメリットや選び...
メタルジグを簡単に自作する方法とは?やり方や収納ケースの自作方法もご紹介
釣りをする際にメタルジグを愛用している人も多いのではないでしょうか?実はメタルジグは自作することができます。オリジナルの...
【2023年】おすすめのメタルジグケース14選!選び方・自作方法も解説!
メタルジグをそのまま持ち歩いては、コーティングや塗装が剥げる原因になります。それを防ぐには、メタルジグのケースを購入する...
【2022年】硬式キャッチャーミットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自分に合ったキャッチャーミットを見つけたい!今年度激推しの硬式キャッチャーミット厳選集!今回、スポウィズでは、硬式キャッ...
【2022年】硬式用竹バットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
硬式で竹バットを使うという方がいますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?今回、スポウィズでは、硬式用竹バットの特徴...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

メタルジグ
釣りラボマガジン