ヒラメ釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・場所・ポイント【初心者必見】

ヒラメは、釣期が長く、ほぼ一年中釣れる魚です。今回、釣りラボでは、そんなヒラメの釣り方について、釣り方別のコツや仕掛けなどについて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ヒラメの生態・特徴

ヒラメ

出典:写真AC

ヒラメは大きな歯と口を持っており、平らで楕円形をしている魚です。
大きいものは体長1m以上で、重さは10キロにも及びます。

ヒラメは砂地を好み、沿岸の砂泥地に多く生息しています。
また、体色を砂と同じ色に変化させることができるのも大きな特徴です。

スポンサーリンク

ヒラメ釣りにおすすめの場所

ヒラメ

出典:写真AC

ヒラメは北海道から九州の南岸まで、幅広い地域での生息が確認されています。
ヒラメは砂の中に潜んでいることが多いですが、サーフや砂泥地の多い漁港、防波堤やボートからも釣ることができます。

サーフ(砂浜)

ヒラメはサーフからでも狙うことが可能です。
そのサーフの中での狙い所は「離岸流」です。

離岸流とは、寄せてきた波が引く際に起こる局所的に強い引き潮のことです。
離岸流が起こる場所はヒラメの主食であるベイトフィッシュが集まりやすく、絶好のポイントと言われています。

関東では千葉県の一松海岸や、神奈川県の平塚海岸などが有名です。

ヒラメは船上からも狙うことができます。
ルアーを使って釣るほかに、イワシや小アジなどの活き餌を使って釣る「泳がせ釣り」という方法もあります。

青森県の八戸港や、近畿地方と中部地方の間に位置する伊勢湾などが有名です。

スポンサーリンク

ヒラメ釣りにおすすめの時期・時間帯

ヒラメ

出典:写真AC

ヒラメは産卵期に当たる4月〜6月、または冬に備えてエサを多く食べる9月〜11月が釣りのベストシーズンと言われています。
しかし12月〜2月の冬時期でも海水温は温かいので、ヒラメ釣りは可能です。
また、冬は大型のヒラメが釣れる季節でもあります。

ヒラメ釣りに適した時間帯は、日の出の前後1時間・干潮&満潮後の前後1時間・日の入り前後1時間と言われています。
ヒラメのエサであるベイトフィッシュが活発に動く時間帯が狙い目です。

またヒラメ釣りは実は夜中も可能で、夜中は回遊しているところを狙わず、エサをじっと待っているところが狙い目になります。

天気は、ヒラメにプレッシャーがかからないため、雨や曇りの方が有利と言われています。

スポンサーリンク

ヒラメの釣り方

出典:写真AC

ヒラメ釣りの方法として挙げられるのは主に、泳がせ釣りとルアー釣りの2種類があります。

どちらも難易度の高いテクニックは必要ないので、初心者でも挑戦しやすい方法です。
釣り方によって違った楽しみ方があるので、両方挑戦してみるのもいいですね。

またその2つの釣り方の他に、サビキ釣りという方法があります。
サビキ釣りはカゴと疑似餌が複数ついた竿を使い、群れで回遊する魚を狙う釣り方です。
泳がせ釣りの餌として使用する小魚を釣るために、よく利用される釣り方として挙げられます。

泳がせ釣り

餌釣りでヒラメを狙うなら、泳がせ釣りという方法がおすすめです。
泳がせ釣りは、生きた小アジやイワシを餌として使い、海底付近で泳がせながらヒラメの食いつきを待つ方法です。

釣り方

泳がせ釣りの場合、船上や防波堤からヒラメを狙っていきます。
ヒラメは海底の砂の中に潜んでいますが視界が上に広いので、砂の少し上で仕掛けを漂わせて狙うのが泳がせ釣りのコツです。

釣り道具(タックル)・仕掛け

釣りに使用する道具のことを、釣り用語ではタックルと呼びます。
泳がせ釣りに適したタックルや仕掛けを紹介していきます!

ロッド・釣り竿

泳がせ釣りに使用するロッドは、手持ちに負担の少ない2mから2.7mほどで、6:4〜7:3調子のものがおすすめです。
こちらはリーズナブルな価格でありながら、かなりの軽量で操作性抜群のロッドです。
ガイドの50%軽量化に成功しており、船釣りにおいて重要な感度もアップしています。

ヒラメ以外には、タチウオ・マダイ・アジ・イサキなどを狙う際にも使用できるロッドです。

リール

ヒラメを泳がせ釣りで狙う際には、中型の電動リールが便利です。
糸を巻き上げるスピードが31段階から調節でき、駆動時の素早いレスポンスにも優れています。
リール本体はコンパクトなので、非常に使用しやすいアイテムです。

ライン(糸)

ヒラメの泳がせ釣りにおいては、PEラインの使用が主流となっています。
こちらのラインは単糸をハイテンションで撚り8本へと組み上げており、強度・安定性・感度の向上に成功しています。

また、1mごとにマーカーが付いているため、水深・バイトを明確に捉えることが可能です。

オモリ

ヒラメの泳がせ釣りに使用するオモリは、60号から80号のものが適当。
またヒラメは海底から見上げる形でオモリが視界に入るので、ヒラメへのアピールのために目立つ色のオモリを使用する場合もあります。

こちらのオモリにはホログラムシートが施されており、そのフラッシング効果によりヒラメの食性を刺激します。
断面が刃物のようになっているため、水斬りのよさも持ち味のオモリです。

針(ハリ)

かかりが速く、生き餌にも優しいこちらの針。
泳がせ釣りでは、親針(エサにつける針)と孫針(エサに食いついたヒラメが掛かる針)からなる針を使用します。

こちらの針は、強度のある孫針で生き餌への負担を軽減し、かかりの速くなる仕掛けを実現しています。
また親針の位置を自由に調節することもできます。

ルアー釣り

ヒラメは生き餌釣りの他に、ルアー釣りでも狙うことができます。
ルアー釣りでヒラメを狙う際には、サーフが一般的な釣り場になります。

釣り方

サーフを横歩きで広く移動して、ヒラメを狙いましょう。
じっとあたりを待つよりも、複数の狙い所を行き来してその日一番の狙い所を決めるのがポイントです。

釣り道具(タックル)・仕掛け

ルアー釣りに適したタックルや仕掛けを紹介していきます!

ロッド・釣り竿

こちらのロッドはヒラメ専用ロッドで、サーフの他に漁港や河川域まで対応可能なオールラウンダーモデルです。
ルアーは40g程度のものまで使用可能なので、幅広い種類のルアーでヒラメ釣りを楽しむことができます。

ルアーの動きが繊細に伝わってくるロッドで、釣果に大きな影響が出たという口コミも多く見られています。

リール

スピニングリールの最高峰として名高いこちらのリール。
滑らかな巻き心地に徹底的にこだわり、剛性だけでなく静寂性にも優れています。
撥水加工が施されているため、回転の軽さを失うこともありません。

高価格ですが、その性能から根強い人気があるリールです。

ライン(糸)

サーフでヒラメを狙う際には飛距離と強度のバランスから、1号前後のPEラインを選ぶのがおすすめです。
こちらのラインは12本撚りで丈夫な上に、とても滑らか。
飛距離も伸び、200mでこのお値段なら損はありません。

リーダー

リーダーとは、ルアーフィッシングの際にメインラインに結びつけるラインのことを指します。
メインラインとルアーを結びつける重要な役割を担っているラインです。

こちらのラインは硬く傷が入りづらいのが特徴です。
耐摩耗性に優れており、ここぞという時に頼りになるラインです。

ルアー・ワーム

レンジキープがしやすく、初心者におすすめなのがミノーです。
リトリーブにより自発的に泳いでくれるミノーは、泳ぎが良いだけでなく飛距離も十分に出ます。

ヒラメを狙う際に定番として挙げられるのが、こちらのメタルジグ。
メタルジグは飛距離が出るため、広範囲を網羅する必要のあるサーフでの釣りにはもってこいです。

こちらのメタルジグはキラキラと輝くため、遠くからでも目立って見えます。

ワームは上記2つに比べると、地味で目立ちづらいルアーです。
しかしそのリアルな動きで、ヒラメを巧みに誘うことができます。
ワームは広範囲を狙うより、ピンポイントでヒラメを狙う際に活躍します。

こちらのワームは厚みがあり大きめで、流れが強い場所でもしっかりとした泳ぎを見せます。

ヒラメ釣りにおすすめの餌(エサ)

ヒラメ釣りにおすすめのエサとして挙げられるのが、アジとイワシです。
アジとイワシはサビキ釣りで捕ることが可能なので、釣り場で現地調達する人もいるようです。

また、生きたアジやイワシを使えば、ヒラメだけでなく他の魚が釣れることもあります。
大きなマダイやブリ、カンパチなども釣れることがあるようですよ!

ヒラメ釣りのコツ・ポイント

ヒラメは他の魚に比べ、エサを飲み込むスピードが遅い魚です。
そのためアタリがきた時はすぐに反応せず、少し待つのがポイント。
少し余裕を持って合わせると失敗が少ないです。

また、サーフで釣りをする際は自分の足で広く移動し、ポイントを見極めるのがコツです。

スポンサーリンク

ヒラメ釣りの始め方まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ヒラメ釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・場所・ポイント【初心者必見】」というテーマに沿って、「ヒラメの生態・特徴」「ヒラメ釣りにおすすめの場所」「ヒラメ釣りにおすすめの時期・時間帯」「ヒラメの釣り方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

泳がせ釣りの基礎知識|やり方・仕掛け・餌・タックル【初心者必見】
泳がせ釣り(飲ませ釣り)は難しい操作が必要なく、釣り初心者におすすめの釣り方です。今回、釣りラボでは、泳がせ釣りについて…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
船釣り・沖釣りの始め方|釣り方・持ち物・服装・仕掛け【初心者必見!】
船での釣りは、堤防釣りとはまた違う魅力があります。子供を連れてファミリーで楽しむのもおすすめです。今回、釣りラボでは、船…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン