テグスの結び方を徹底解説!釣りで活躍する簡単かつ最強のノットは?

テグス(釣り糸)の結び方は、釣りをするのであれば最低限知っておく必要があります。今回、釣りラボでは、そんなテグスの結び方について、釣果への影響や、最強かつ簡単な結び方を、テグス同士で結ぶ場合と金具と結ぶ場合に分けてご紹介します。

結び方
スポンサーリンク

テグスとは?結び方はどれくらい釣果に影響する?

とは?

出典:写真AC

テグスとは、もともとは「天蚕糸」と書き、テグスサンという蛾の幼虫の体内の絹糸腺という器官を取り出して、酸処理して延伸させた糸のことでした。

1匹のテグスサンの幼虫から2〜3mのテグスが取れたため、これを木の棒などにくくりつけ、釣りをしていたようです。

現在は化学繊維の釣り糸(主にナイロン糸)のことをテグスと言います。

テグスは釣りの糸として使われるのはもちろんですが、その透明度と強度(特に水に強い)から、様々な用途に使われています。
ビーズを使ったネックレスやブレスレット、指輪など、アクセサリー材料としてもテグスは使われます。

釣り糸として使う際は、結び方によって、仕掛け全体の強度に大きく影響が出てきます。

スポンサーリンク

テグス同士の簡単な結び方

出典:写真AC

テグス同士の結び方として簡単なものにはいくつかありますので紹介します。

結び方を正しく覚えることが最も重要です。
全部覚える必要はありません。
これから紹介する結び方のいくつかを何度も練習し、完璧にマスターしてください。

テグス結び

テグス結びは「フィッシャーマンズノット」とも呼ばれる結び方で、二本の糸を片側ずつ結び、最後に強く引っ張って、結び目を互いに密着するように調節する結び方です。

  • 二本のラインを数10cm重ねて置く
  • 片方の端糸をラインに結ぶ
  • 反対側の端糸をラインに結ぶ
  • 互いのメインラインを引っ張り、結び目を同化させる

このそれぞれのラインへの結び方がユニノットになると電車結びになります。

このテグス結びはどちらかというと、アウトドアでのロープワークに多用される、太いロープ向きの結び方です。

テグス結びの結び方【簡単紐結び方レッスン】

チチワ結び(エイトノット)

チチワ結び(エイトノット)は、非常に簡単ながら強度が高く、さらにいろいろな用途に使えるマルチなノットです。
これは必修科目と言って良いでしょう。
必ずマスターしておきましょう。

  • ラインの先端を20cmくらい二つ折りにする
  • 二つ折りにしたラインで輪を作る
  • 輪の根元を1回転させ、その輪の中に、二つ折りしたラインを通して締める

延べ竿のリリアンへの道糸の締結、サルカンと道糸の締結など、応用出来る場面は非常にたくさんあります。

八の字結び(エイトノット)の結び方

FGノット

FGノットは、ファーストジギングノットといい、PEラインとフロロカーボンリーダーの結束に使う摩擦系ノットです。
慣れるまでは大変ですが、一度慣れてしまえば簡単に結ぶことができます。

  • 左手の人差し指と薬指にメインライン(PEライン)を10回程度巻く
  • 人差し指と薬指の間のPEラインにショックリーダーをクロスさせる
  • ショックリーダーにPEラインを10回以上クロス巻きにして締め上げる
  • リーダーとPEラインの本線を一緒にPEラインの端線で外掛け結びを数回する
  • リーダーの端をライターで炙りコブを作る
  • PEラインの本線をPEラインの端糸で5〜6回ハーフヒッチ

このラインシステムは、現場でも簡単にできるのか魅力です。
是非、修得していただきたいノットです。

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)

SCノット

SCノットは、ショックアブソーブド・キャプテンノットはといい、FGノットよりも更に手順が簡単で、FGノットよりも強いノットと呼ばれています。

  • PEメインラインを30cm程度のところで2つ折りにする
  • 2つ折りしたPEラインをリーダーに30回程度巻きつける
  • PEラインの頭の輪にリーダーの端糸を通して締め上げる

手順はこれだけですが、締め上げるのにはかなりコツがいります。
動画を見て、何度も練習してください。

【最強×最速のライン結束】SCノットのやり方を分かり易く解説!簡単ノットPROJECT – TSURIHACK

電車結び

古くから使われている簡単な締結方法です。
締結強度はさほど高くはありませんが、小物釣り程度であれば全く実用には問題ありません。
テグス結びのそれぞれのラインへの結び方がユニノットになったものが電車結びです。

  • ライン二本を重ねて持つ
  • 片方の端糸をもう片方のライン本線にユニノットで結ぶ
  • もう片方のラインの端糸も同じようにユニノットで結ぶ
  • 互いの本線を引き、結び目を締め付けて同化させる

この結び方も締め付け時の摩擦熱に気をつけて、ラインを濡らしながら締め付けるなどの工夫が必要です。

誰でも簡単に出来る『電車結び』のやり方! (道糸とハリスの結び方)【結束シリーズ #1】

一番簡単な最強の結び方はどれ?

これまで紹介した結び方のうち、最も簡単で最強の結び方は、SCノットであると言えます。
ただし、締付けの際にPEラインが絡まったり、ダンゴになってしまったら強度は出ませんので必ずやり直してください。

最終的な強度は、100%正しく結べた時だけ発揮します。
少しでも納得が行かなければやり直したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

テグス(釣り糸)と金具のほどけない結び方6選

糸

出典:写真AC

テグス同士の結び方と同様に、金具とテグスを結ぶ場面も非常に多いです。
道糸とサルカン、サルカンとハリス、ルアーアイとショックリーダーなどです。

ここでは、テグスと金具の結び方を紹介します。

ユニノット

ユニノットはあらゆる釣りの場面で使う基本の結び方です。
難しいことはないので、必ず修得してください。

  • 金具にテグスを通し、テグスを二つ折りにする
  • 折り曲げた端糸で輪を作り、テグスの本線と輪を一緒に3〜4回内掛け結びにする
  • 摩擦熱に気をつけて締め込む
サルカンの結び方(1)【ユニノット】

パロマーノット

ルアーアイにルアーを結ぶのに適しているパロマーノットは、その手軽さと強度に優れた結び方です。
ジギングをするなら是非覚えておきたいのにです。

  • テグスを二つ折りにして金具のリングに通す
  • 二つ折りしたテグスごとリングを1回結び、軽く締める
  • テグスの先端の輪にリングを徹して締め込む
【簡単解説】5秒で結べる最強ノットはこれだ!!【パロマーノット】

クリンチノット

クリンチノットも非常に使う場面が多い結び方です。
小物釣りではクリンチノットで充分ですが、その他の釣りでは、より強度が出るダブルクリンチノットをおすすめします。

  • 金具にテグスを通します(ダブルクリンチノットは2回通します)
  • ライン本線と端糸を5〜6回絡めます
  • 端糸を金具とテグスの間に出来た輪に通して締め込みます

クリンチノットとダブルクリンチノットのちがいは、最初の工程で金具にラインを1回通すか2回通すかの違いですが、ダブルクリンチノットの強度はかなり高くなります。

スナップの結び方。漁師結びより簡単で最強ノット【ゆっくり解説】

完全結び(漁師結び)

完全結びは、漁師結びとも呼ばれる結び方で、通常の使用下で結び目が緩むことが絶対にない優れた結び方です。
コツを掴めば簡単にできますので、是非覚えておきたいノットです。

  • テグスを二つ折りにしてリングに通し、折り返す
  • 折り返した二つ折りの輪とライン本線を重ね、端糸をリング側から4回巻きつける
  • 巻きつけた端糸を二つ折りの輪に通して締め込む
漁師結び(完全結び)の結び方!簡単に強度を上げる方法 Fishing Knot

ハングマンズノット

ハングマンズノットは、死刑執行人が絞首刑の際に使ったと言われる結び方です。

ユニノットのような結び方ですが、ユニノットは本線と端糸を内掛けで結びますが、ハングマンズノットは外掛けで結びますので、より簡単です。
締め込みの際の摩擦熱が発生しやすいので、ラインをを湿らせてから締め込みましょう。

最速ノット【ハングマンズノット】ルアーとラインの結び方(※バス釣り入門)

フリーノット

フリーノットは、リーダーをルアーアイに直結する際に使われる結び方です。
ルアーアイへの締め込みを行わず、ルアーが自由に動きやすいノットです。
また、ルアーチェンジの際に簡単に解くことができる特殊な結び方です。

太くて硬いラインが使いやすく、細くて柔らかいラインには向きません。

【簡単】フリーノットの結び方を紹介!メリットや注意点は?

フリーノット作成の全行程を予め二つ折りにしたラインで行うのがダブルフリーノットです。

ダブルフリーノット、シングルでは不安な時に速くて重宝

一番簡単な最強の結び方はどれ?

以上、金具のリングとテグスの締結方法を紹介してきましたが、この中で、一番簡単で最強の結び方はどれでしょうか?

経験上、最も簡単な結び方はパロマーノットだと思います。
ただし、ラインが硬いと非常にやりづらいノットです。

強度と手間のバランスがよく、おすすめしたいのは完全結び(漁師結び)になります。

スポンサーリンク

テグスの結び方についてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「テグスの結び方を徹底解説!釣りで活躍する簡単かつ最強のノットは?」というテーマに沿って、「テグスとは?結び方はどれくらい釣果に影響する?」「テグス同士の簡単な結び方」「テグス(釣り糸)と金具のほどけない結び方6選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

素早く簡単!ユニノット結びとは?結び方や強度を分かりやすく解説!
ルアーなどにラインを結ぶ際、結ぶのが難しい、すぐに解けてしまうなどの悩みに直面した経験のある方も多いのではないでしょうか…
(ダブル)クリンチノットの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
クリンチノットは、金属環とラインの結束方法として簡単かつ強度が安定していることから人気があります。今回、釣りラボでは、ク…
FGノットの強度はどれくらい?簡単に強く結ぶ方法を動画付きでご紹介
FGノットは、PEラインとリーダーの結束方法として人気があります。今回、釣りラボでは、FGノットを簡単に結ぶやり方・結び…
SCノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
SCノットは、PEラインとリーダーの結束方法としてFGノットと並ぶほどの人気があります。今回、釣りラボでは、SCノットの…
ルアーの動きが自由な【フリーノット】の結び方やコツを詳しく解説!
ルアーの動きを妨げず、更に強度も強いフリーノットという結び方をご存じでしょうか?今回釣りラボでは、フリーノットの結び方を…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン