ルアーの動きが自由な【フリーノット】の結び方やコツを詳しく解説!

ルアーの動きを妨げず、更に強度も強いフリーノットという結び方をご存じでしょうか?今回釣りラボでは、フリーノットの結び方を動画も交えて分かりやすく解説していきます。ぜひご覧ください。

ルアー
スポンサーリンク

フリーノットとは?

フリーノットとは、ラインとルアーのアイを繋ぐ際に用いる結束方法です。
ルアーが自由に動ける構造からこの名前が付いており、主に太いラインでの結束に向いています。
手順が簡単で初心者でも何度か練習すればマスターできるので、ナチュラルなルアーアクションに挑戦したい場合は是非現場で試して欲しいノットです。

フリーノットの特徴や強度、使用するシチュエーションについて、見ていきましょう。

フリーノットは自由さが特徴

フリーノットは、その名前が示す通りルアーがフリーになる構造が特徴の結束方法です。
後ほど詳しく結び方を説明しますが、ルアーのアイにラインを結び付けるやり方ではなく、結束箇所とアイの間に輪のようになったラインのゆとりがあるため、その輪の範囲でルアーが自由に動ける作りになっています。
そのため、ルアーの動きがナチュラルかつ大きくなり、結果としてターゲットへのアピール力が高くなる仕組みです。

フリーノットの強度

フリーノットはルアーが自由に動ける反面、ルアーが動くたびにゆとり部分のラインに負荷がかかるため、さほど強度の高い結束方法ではありません。
そのため、強度を上げる目的で50ポンド以上の太いラインを結束する際に用いるのが一般的です。
細いラインでフリーノットを使いたい場合は、ラインを折り返してダブルラインにすることで多少は強度が担保されます。

スナップを忘れたときに使える結び方

スナップは、ルアー交換の度にラインを結束する手間を省いてくれる便利なツールです。
しかし、予備のスナップを忘れてしまったり、劣化や衝撃によってスナップが壊れルアーをロストしてしまったりといったアクシデントも考えられます。
また、スナップでの結束を前提としていないルアーの場合、スナップを付けることによってアクションが制限されてしまうこともあります。

フリーノットを覚えておけば、そういったシチュエーションでもすぐにルアーとラインを結束することが可能です。
スナップを使うよりも良いアクションをさせられるルアーもあるので、普段はスナップ派のアングラーもフリーノットを覚えておくことをおすすめします。

フリーノットが使える釣り方

フリーノットは、バス釣りやショアジギング・オフショアジギングといったルアーフィッシングで最も真価を発揮します。
ルアーの動きがラインの結束部で制限されず自由に動けるため、複雑なアクションをさせずともただ巻いているだけでもいつもと違うルアーの動きが見られるでしょう。

アクションさせる場合も、手元で行った動作のルアーへの伝わり方が違うので、よりナチュラルかつ大きな動きをさせることができます。
また、トップウォータープラグや誘導式タイラバの結束方法にフリーノットを使うことで、ルアーや仕掛けのメリットを一層活かすことが可能です。

スポンサーリンク

フリーノットの結び方

出典:写真AC

フリーノットの結び方は、非常にシンプルです。

  1. ラインを片結びし、その先端をルアーのアイに通してから片結びした輪に入れて、軽く締める
  2. 結び目からやや離れた位置でユニノットを3回程度行う
  3. ユニノットを締め、ライン本線を引いて結び目を移動させる
  4. 余ったラインをカットする

フリーノットの手順は、以上です。
初心者でも、数回練習すれば現場でスムーズに結束できるようになるでしょう。

結び方の動画

こちらは、株式会社モーリスの釣り糸ブランド「VARIVAS」によるフリーノットの解説動画です。
視認しやすい太い紐と金輪を使って分かりやすく説明しているので、動画を参考にして練習してみましょう。

VARIVAS TV 「フリーノット」

フリーノットのコツ

フリーノットのコツは、アイと結束部分の間にあるゆとりを長くしすぎないことです。
その部分に長さを取りすぎると今度はトラブルが起きやすくなってしまい、せっかくのフリーノットのメリットが失われてしまいます。
ゆとり部分は長ければ長いほど良い訳ではなく、あくまでルアーが自由に動ける2〜3cm程度で十分です。

また、手順の最後にライン本線を引いて結び目を移動させる工程があります。
その際に、アイと結束部分の距離を確認しながら少しずつ調整すると上手くいきます。

スポンサーリンク

フリーノット以外のおすすめの結び方

出典:写真AC

フリーノット同様に、ルアーのアイとラインとの結束に適したノットをいくつかピックアップして紹介します。
使用するラインの太さやシチュエーションに応じて使い分けられると、よりベストです。

クリンチノット

クリンチノットは、基本的かつ非常に簡単な出番の多い結束方法です。
すっぽ抜けやすいという弱点があるため、キャスティングの際に負荷がかかってしまう重いルアーには適しません。
また、使用するラインが太いと結束部分が大きくなってその後の締め込みが甘くなりがちなので、細いラインを結束する際に使うことをおすすめします。

こちらはクリンチノットのやり方を解説した動画です。
参考にしてみてください。

【簡単強力!】クリンチノット(サルカン結び)結び方解説

漁師結び

漁師結びは、クリンチノット同様に簡単な結束方法でありながら、ラインを折り返してダブルラインにする構造上、強度も高い結束方法です。
しかし、結束方法に慣れないと綺麗に結びにくくラインがよれてしまうという欠点も持っています。

こちらは、漁師結びの手順を解説した動画です。
参考にして、練習してみましょう。

漁師結び(完全結び)の結び方!簡単に強度を上げる方法 Fishing Knot

スポンサーリンク

フリーノットのまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ルアーの動きが自由な【フリーノット】の結び方やコツを詳しく解説!」というテーマに沿って、「フリーノットとは?」「フリーノットの結び方」「フリーノット以外のおすすめの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

(ダブル)クリンチノットの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
クリンチノットは、金属環とラインの結束方法として簡単かつ強度が安定していることから人気があります。今回、釣りラボでは、ク…
素早く簡単!ユニノット結びとは?結び方や強度を分かりやすく解説!
ルアーなどにラインを結ぶ際、結ぶのが難しい、すぐに解けてしまうなどの悩みに直面した経験のある方も多いのではないでしょうか…
FGノットの強度はどれくらい?簡単に強く結ぶ方法を動画付きでご紹介
FGノットは、PEラインとリーダーの結束方法として人気があります。今回、釣りラボでは、FGノットを簡単に結ぶやり方・結び…
SCノットの強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
SCノットは、PEラインとリーダーの結束方法としてFGノットと並ぶほどの人気があります。今回、釣りラボでは、SCノットの…
エイトノット(8の字結び)の強度はどれくらい?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】
エイトノット(8の字結び)は、釣り・登山など様々な場面で活躍する結び方です。今回、釣りラボでは、エイトノットのやり方(ダ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン