【2022年】浮くワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

釣りの時ワームを使用する方のために、その中でも浮くタイプのものを各種、多数用意しました。今回、釣りラボでは、浮くワームの特徴、おすすめの浮くワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の浮くワームをご紹介します。

ワーム
スポンサーリンク

浮くワームの選び方

エバーグリーン(EVERGREEN) ワーム ボウワーム 高浮力モデル 8インチ アカハラ(H) #H71 ルアー

浮くワームは、ボディに浮力を持たせる設計や素材を採用しているので、ワームが浮いてくる特徴があります。

高浮力ワームと呼ばれ、魚が高活性の時や表層を意識している時に効果的になり、バス釣りで多く使用されるアイテムです。
また、ソルトシーンにおいてもアジングやヒラメなど幅広い魚種に使用されます。

今回はそんな魅力満載の高浮力ワームの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは、ワームの選び方を見ていきましょう。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...

選ぶポイント1:ワームの種類

浮くワームはさまざまな種類がありますが、浮力を最大限に活かすことができる「虫系」や「ストレート」「小魚系」がおすすめです。
水面でピクピクアクションや、瀕死の小魚を演出してアクションしてみましょう。

また、釣り場では捕食対象のベイトをしっかり確認してマッチザベイトを意識しましょう。

選ぶポイント2:ワームのサイズ

ワームのサイズは、種類と同様にベイトを意識して選択することが重要です。
また、狙う魚のサイズにも合わせることが大事です。

デカい魚は大きな餌を好むので大きいワームが有効になり、サイズを選ばず数釣りを楽しみたい方は、小さなワームを選択しましょう。

スポンサーリンク

浮くワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

レイドジャパン (RAID JAPAN) ツーウェイ (2WAY) (#020 ダークシナモン/ブルーフレーク)

ここからはおすすめの「浮くワーム」をご紹介していきます。
人気ランキング上位の商品から、コスパに優れたものを6つ厳選しました。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】ボウワーム 高浮力モデル

ストレート形状を採用した浮くワームです。
浮力が高いため、アクションした時のダイナミック感と、止めた時の余韻が艶かしく、魚を魅了します。

硬度もあるため、ワームだけ持って行かれる心配はありません。

レイドジャパン (RAID JAPAN)

【レイドジャパン】2WAY

ボディに細かなパーツを多数搭載した虫系の浮くワームです。
そのパーツがアクション時やフォール時に小刻みに動き、ナチュラルアクションを演出してくれます。

サイト専用に開発されているため、その喰わせ能力は他に類を見ないです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】RVドリフトフライ

小魚をイミテートして作られた浮くワームです。
ベイトフィッシュを忠実に再現しているので、スレた魚を騙しバイトを誘います。

ノーシンカーをはじめ、ミドストやホバストなどさまざまなリグに対応します。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ミナモ

ボディ全体に深溝リブを搭載した浮くワームです。
アクションを加えるとそのリブが水を噛み、微波動を生み出します。

カバーの下に投入すれば、ほぼ間違いなくバイトを得られるでしょう。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】アオキムシ

トップバストーナメンターの青木大介プロが開発した浮くワームです。
ボディに搭載された複数のパーツが、水の抵抗を受けて移動距離を抑えます。
ネチネチと誘うことができるほか、放置してても喰わせの力があるアイテムです。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】マイラーミノー

多くのアングラーから絶大な人気を誇る、ベイトフィッシュ系の浮くワームです。
実績抜群なのでリピートする人も多いアイテムです。
使い勝手の良さや、操作性の高さ、フィールド問わず使用できる点が人気の理由です。

水面で弱った小魚を演出して使用してみましょう。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの浮くワーム2選

JACKALL(ジャッカル) RVドリフトフライ 3インチ フラッシングワカサギ

最後に2021年以降に発売された「浮くワーム」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

レイドジャパン

【レイドジャパン】リトルスイーパー

安定した姿勢でローリングアクションをしてくれる浮くワームです。
浮力が高いため、アクション時に動きが破綻しづらく、魚に違和感を与えずバイトに持ち込みます。

また、スリムシェイプですがローリングアクションの際にボディのフラッシング効果でアピール力も優れています。

エバーグリーン(EVERGREEN)

【エバーグリーン】ボウワームヌードル

スリムシェイプを採用したストレート形状の浮くワームです。
全長12インチという他に類を見ない、圧倒的なシルエットで賢い魚も思わず口を使います。

ノーシンカーはもちろん、細身ながらネイルシンカーを挿れる太さを確保しているのでネコリグにも対応します。

スポンサーリンク

浮くワームについてまとめ

JACKALL(ジャッカル) ワーム ミナモ 6インチ ピクピクシケイダー ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】浮くワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 浮くワームの選び方
  • 浮くワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの浮くワーム2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2022年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2022年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2022年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2022年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン