【2022年】ヒラスズキ用ワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

ヒラスズキをワームで釣りたい!そんな釣り師さんにぜひ知って欲しい!今回、釣りラボでは、ヒラスズキ用ワームの特徴、おすすめのヒラスズキ用ワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のヒラスズキ用ワームをご紹介します。

ワーム
スポンサーリンク

ヒラスズキ用ワームの選び方

KEITECH(ケイテック) スイングインパクトファット 4.8インチ 418 ブルーギル゛フラッシュ

ヒラスズキは大型ミノーなどでダイナミックに攻略するイメージがありますが、ワームを使用して繊細かつナチュラルに狙うことも可能です。

しかし、全てのワームに反応をするわけではなく、ヒラスズキに最適なワームを選択する必要があります。

ここからは、ヒラスズキ向けワームの選び方や、おすすめのアイテムをご紹介していきます。
まずはワームの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:形状

ヒラスズキで使用するワームは「ピンテール」と「シャッドテール」が釣果実績が高いです。

ピンテールワームは、ヒラスズキの活性が低い時や、喰いが渋い時に効果的です。
一方、シャッドテールワームは、テールをブリブリと震わせながら波動を出し泳ぐため、アピール力に長け、広範囲をテンポ良くサーチする際に最適です。

選ぶポイント2:サイズ

ワームのサイズは「3〜4インチ」前後を基準に選択しましょう。
この範囲のサイズがシーバスタックルで扱いやすく、また幅広いシーンで効率良くヒラスズキにアプローチすることができます。

もちろん、この範囲以外のサイズでも釣ることはできますが、使用するタックルには注意しなければいけません。

スポンサーリンク

ヒラスズキ用ワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

COREMAN(コアマン) ワーム CA-06 デカカリシャッド 90mm 3.5インチ 沖堤イワシ #003 ルアー

ここからはおすすめの「ヒラスズキ用ワーム」をご紹介します。
人気ランキング上位のアイテムから、実績・コスパを重視して6つ厳選しました。

ケイテック(KEITECH)

【ケイテック】スイングインパクト ファット

ボディ全体にリブを張り巡らしたヒラスズキワームです。
リトリーブ時にしっかりと水を噛むため、パワフルな水押しで強烈にアピールをしてくれます。

また、幅広いリトリーブスピードに対応をし、さまざまなシーンで脅威の釣果を叩き出してくれます。

コアマン(COREMAN)

【コアマン】デカカリシャッド

シーバス専用に開発されたアイテムです。
ボリュームのあるサイズを採用しているため、高いアピール力と優れたサーチ能力を高次元で両立しています。

圧倒的な存在感でヒラスズキを魅了しバイトを誘発させます。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】リズムウェーブ

シャッドテールタイプのヒラスズキワームです。
スローからハイスピードリトリーブまで泳ぎが破綻せずしっかりと対応をしてくれます。

また、抜群の飛距離も出すことができるため、ファーストアプローチに最適なルアーと言えます。

エコギア(Ecogear)

【エコギア】パワーシャッド

多くのアングラーから絶大な信頼を得ているヒラスズキワームです。
固めのマテリアル素材を採用しているので、強波動を生み出し広範囲にアピールすることができます。

水が濁った状況の時や、視界が利かない時に効果的なアイテムです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】モアザン ミドルアッパー

柔らかい素材を採用したヒラスズキワームです。
ボディ全体がしなやかなため、フッキング性能を高めるほか、滑らかなアクションを演出しスレた魚を惹きつける圧倒的な集魚能力を見せつけてくれます。

ただ巻き・ワインドで使い分けることができるオールラウンダーなアイテムです。

マーズ(MARS)

【マーズ】R-32

ピンテール形状を採用したヒラスズキワームです。
スリムな形状をしていますが、荒れた状況下でも安定した姿勢を保つことができます。

ナチュラルな微波動を生み出すので、警戒心の高いヒラスズキも思わず口を使ってくるでしょう。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのヒラスズキ用ワーム2選

JACKALL(ジャッカル) ワーム リズムウェーブ 3.8インチ チャートバックシャッド

最後に2021年以降に発売された「ヒラスズキ用ワーム」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

RAMEMO

【RAMEMO】ワーム 100個セット

幅広いカラーをラインナップしたヒラスズキワームです。
100個セットなので、ストック切れの心配やロストを気にすることなく快適に釣りをすることができます。

シャッドテールワームなので、広範囲をスピーディに探り、手堅く魚をキャッチすることができます。

Chelnla-Outdoor

【Chelnla-Outdoor】Tテールシャッド

ソフトマテリアル素材を採用したヒラスズキワームです。
やや大きめのテールと、柔らかい素材が相まってナチュラル波動を生み出してくれます。

ベイトフィッシュを忠実に再現した泳ぎは、フィッシュイーターの魚を魅了しバイトを誘います。

スポンサーリンク

ヒラスズキ用ワームについてまとめ

エコギア(Ecogear) ルアー パワーシャッド 4インチ #169 ウルメ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ヒラスズキ用ワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ヒラスズキ用ワームの選び方
  • ヒラスズキ用ワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのヒラスズキ用ワーム2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2022年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2022年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2022年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2022年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン