【2024年】ミミズの形のワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、ミミズの形のものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、ミミズの形のワームの特徴、おすすめのミミズの形のワーム、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品のミミズの形のワームをご紹介します。

スポンサーリンク

ミミズの形のワームの選び方

JACKALL(ジャッカル) フリックシェイク 3.8インチ 土ミミズ

バス釣りにおいてミミズの形をしたワームを「ストレートワーム」と呼びます。
その名の通り細長く直線状の形状をしたワームで、ミミズを模して作られていることが多いです。

ミミズは多くの魚の好物であり、捕食対象とされています。
そのことからミミズの形をしたワームはよく釣れると知られており、バス釣りや渓流釣りにおいて魚の反応がない時に使用する、最終手段と言っても過言ではないワームです。

そんな魅力満載のワームなので、各メーカーから数えきれない程の種類が発売されています。
釣り初心者の方はきっと悩まれていると思います。
そこでここから、ミミズの形をしたワームの選び方のポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

https://tsuri-labo.jp/item/lure/worm

“,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”釣りラボマガジン”} –>
https://tsuri-labo.jp/item/lure/worm

“,”type”:”wp-embed”,”providerNameSlug”:”釣りラボマガジン”} –>
https://tsuri-labo.jp/item/lure/worm

選ぶポイント1:ワームのサイズ

ミミズワームのサイズを選択するうえで1番のポイントは、狙う魚のサイズによって決めるといいでしょう。

大きい魚は、ボリュームのある餌を好む傾向がありますので、5インチ以上のワームを選ぶことをおすすめします。

数釣りを楽しみたい方や、とりあえず一本釣りたいという方は3インチから4インチ程のワームを選択すればいいでしょう。
狙いたい魚のサイズを明確に決めて、ワームの大きさを選びましょう。

選ぶポイント2:ワームのカラー

ミミズワームのカラーは、使用するフィールドの水質や状況に合わせて選ぶことが重要です。
水が綺麗なフィールドは魚の視覚が良く効くので、ミミズワームのナチュラルさを最大限に発揮させるため、ナチュラル系のカラーを選択することをおすすめします。
魚に違和感を与えず、警戒心を最小限に抑えることができるでしょう。

水が濁っているフィールドではチャート系のカラーや、シルエットがはっきり出せる黒系または白などを選択することをおすすめします。
まずは魚にワームの存在に気づいてもらうことが重要です。

釣り場の状況に対して臨機応変にカラーを選んでみましょう。

スポンサーリンク

【2024年最新】ミミズの形のワームおすすめ人気6選|コスパ最強

reins(レイン) ルアー レインズスワンプ ミニ FW 001ウォーターメロンシード

ここからは実際におすすめのミミズワームをご紹介します。
ネットや店頭を見ても数えきれない程の種類があり、迷われている方もいると思います。

そんな方のために、ミミズワームの中で実績が高く人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...

【ジャッカル】フリックシェイク

ワームの形状を意図的にカーブさせ、通常のストレートワームでは演出することができない生命感あるアクションをしてくれます。
ミミズワームの中でも大人気のワームなので、ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】STEEZ ネコストレート

ダイワ最強のストレートワーム

STEEZ ネコストレートは、2020年にダイワから発売になった途端に、爆売れ必須になったシトレートワームです。

バスプロ愛用のトーナメント専用ルアーから一般発売され、マテリアルの質感、サイズ、アクション性のどれをとっても他のストレートワームの追従を許さず、ネコリグだけでなく、ダウンショット、フリーリグのズル引きでも釣果を保証してくれます。

こんな人におすすめ

  • バス釣りでよく使用するストレートワームに注目している方
  • トーナメントなどで本格的にバス釣りを楽しむ方
イッセイ(ISSEI)

【一誠】スパテラ

水を掻き回すエサ

多くの名作ルアーを生み出している、村上晴彦さんのメーカーが発売しているワームです。
リブの深溝が水を多く掴むため、アクションをした時に水を掻き回します。
さらにテールが微波動を生み出し魚にアピールしてくれます。

こんな人におすすめ

  • リブが水を多く掴み、テールが微波動を出すことでアピール力を高めたい方
  • ジャッカルブランドに興味があり、村上晴彦さんの作品が好きな方
オーエスピー(O.S.P)

【OSP】ドライブクローラー

大きめヘッドで釣れるワーム

ボディに小さなリングが付けられているため移動距離を抑え、ナチュラルな動きをしてくれるワームです。

ボディ全体に比べヘッド部分が大きめとなっているので、くねくねとアクションし魚の捕食スイッチを入れるのに有効です。

こんな人におすすめ

  • リグヘッドの後、後方から攻める釣りをする方
  • 移動距離が短くシンキングさせつつ、ナチュラルな動きを追求したい方
ディスタイル(DSTYLE)

【ディスタイル】マイティーストレート

高食わせワーム

あらゆるリグに対応できるワームです。
ボディ全体は細身のシルエットですが、ヘッド部分だけにボリュームを持たせることで独特なアクションをします。

非常に食わせ能力の高いワームなので、魚がスレたフィールドやサイトの釣りに有効です。

こんな人におすすめ

  • スレたフィールドやサイトでの釣りをする方
  • リグの種類を選ばず使えるワームを探している方
レイン(Reins)

【レイン】レインズスワンプミニ

コスパ抜群のストレートワーム

他のストレートワームに比べボディが細めなのが特徴です。
この細さが魚へのプレッシャーを減らしバイトに持ち込みます。

カバーなどの障害物の回避能力の高さも優秀なので、積極的にアプローチできます。
また18本入りなのでコスパにも優れており、ワームのロストも気にせず釣りを楽しめます。

こんな人におすすめ

  • ボディが細く、カバーの多い釣り場での釣りをする方
  • コスパに優れた釣りグッズをお探しの方
オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】MMZ チビ

形状・サイズ・硬さといった要素を徹底追及して開発されたミミズワームです。
不規則な曲がりを施したボディは、本物のミミズにしか見えません。

また細身のサイズながら飛距離も出て、耐久性も優れています。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

【ゲーリーヤマモト】ヤマミミズ

実績あるゲーリールアー

超生命体マテリアルと呼ばれる、実績の高いゲーリー素材を採用しています。
頭からテールまで太さの違いがない形状をしているため、アクションがボディ全体にロールをしながら伝わるというのが特徴になっています。
豊富なカラーがありますので、フィールドの状況に合わせて選んでみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 細身のワームよりも太めのワームを好む方
  • 色々な色のワームを揃えて、フィールドに合わせて適切な色を選んで釣りたい方
レイドジャパン(Raid Japan)

【レイドジャパン】ウィップクローラー

ワームの移動距離を抑える設計なため、魚をネチネチと誘えバイトに持ち込みます。
魚が低活性な時に有効なミミズワームなのでおすすめです。

スポンサーリンク

ミミズの形のワームについてまとめ

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Crawler 4.5インチ W027 DSM・ブルー&ペッパ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】ミミズの形のワームおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ミミズの形のワームの選び方
  • 【2024年最新】ミミズの形のワームおすすめ人気6選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ミミズの形のワーム
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2024年】アジングワームおすすめ21選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2024年】シーバスワームおすすめ15選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2024年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2024年】バス釣りワームおすすめ19選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...
【2024年】極厚なヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ヨガをはじめ、極厚なヨガマットがあると安心ですよね。今回、トレウィズでは、極厚なヨガマットの特徴、おすすめの極厚なヨガマ...
【2024年】防寒サウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
防寒にちょうどいいサウナスーツをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、防寒サウナスーツの特徴、おすすめの防寒...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン