【2022年】渓流用ハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

渓流釣りにはこれ!渓流用ハイギアリール厳選集!今回、釣りラボでは、渓流用ハイギアリールの特徴、メリット、おすすめの渓流用ハイギアリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の渓流用ハイギアリールをご紹介します。

リール ルアー

渓流用ハイギアリールを使うメリットとは?

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2000SH 【加木屋守プロ愛用】

渓流釣りを楽しむ方で、リールのギア比に悩んでいる方も多いと思います。
そんな方に、渓流用ハイギアリールを使うメリットを簡単に紹介します。

メリット1:手返し良く探れる

渓流釣りにおいてハイギアリールを選ぶ最大のメリットは、手返し良く探れるという点です。
渓流釣りでは次々にポイントを移動しながら狙っていきます。

ハイギアリールを使うことで素早く仕掛けを回収することができ、テンポよく渓流釣りを行うことができます。

メリット2:着水直後からアクションができる

流れのはやいポイントや、上流に向かってキャストするアップストリームなポイントにおいて、着水直後からルアーをしっかり動かすことが必要になります。
そのような状況においては、糸ふけを素早く回収し、アクションもキビキビ動かせるハイギアリールが必要になります。

渓流用ハイギアリールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) ゼノン (ZENON) 2000SH

実際に渓流用のハイギアリールを選ぼうとすると、その種類の多さに驚くと思います。
ですので、渓流用ハイギアリールの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:番手をチェック

渓流釣り用ハイギアリール選びで最初にチェックするポイントは番手です。
様々なサイズがありますが、渓流用ハイギアリールの主軸となるのは2000番サイズとなります。

シマノであればC2000、ダイワであればLT2000番を中心に選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント2:軽さをチェック

渓流釣りは繊細な仕掛けやルアーを使うことも多く、更には移動しながら行う釣りですので、渓流用ハイギアリールの軽さは重要なポイントとなります。
なるべく軽いリールを選ぶことで、釣りを行う際の快適度が上がります

渓流用ハイギアリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 レガリス LT2000S-XH (2018モデル)

それでは実際におすすめの渓流釣り用ハイギアリールを6つ紹介します。
ランキング上位の人気リールはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これから釣りを始める方も、新しい渓流釣り用ハイギアリールを購入してレベルアップした釣りを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

【アブガルシア】ロキサーニ 2000SH

アブガルシアの上位モデルの技術を採用しながらも、価格は抑えられたコストパフォーマンスの高い渓流用ハイギアリールです。
カーボン素材のハンドルを採用して、軽さにもこだわっています。

【アブガルシア】ゼノン 2000SH

アブガルシアの新作リールであるゼノンは、超軽量にこだわった渓流用ハイギアリールです。
スペースを徹底的に排除し、左右非対称なボディですが使い心地はとてもよく、感度にこだわる釣り人におすすめです。

【ダイワ】18レガリスLT 2000S-XH

これから渓流釣りを始めようという方におすすめしたいハイギアリールが、レガリスです。
何と言ってもコストパフォーマンスが高く、ライトゲーム全般に使えるので汎用性も高いリールです。

【ダイワ】ルビアスエアリティ FCLT2000S-H

フル目らるモノコックボディにより軽さを追求したのが、ルビアスエアリティです。
汎用リールですが、渓流用ハイギアリールとしてはフィネスモデルのFCシリーズがおすすめです。

【シマノ】21アルテグラ C2000SHG

シマノのアルテグラは初中級者向けのクラスに位置しながらも、ステラに採用されている技術を搭載した渓流用ハイギアリールです。
この価格帯で滑らかな巻き心地を実現しているので、長く使えるリールとしてもおすすめです。

【シマノ】19ヴァンキッシュ C2000SHG

渓流用ハイギアリールに重要な軽さをとことん追求したのが、シマノのヴァンキッシュです。
自重145gと超軽量で、次々にポイントを移動する渓流釣りに最適なリールです。

【2022年新作】おすすめの渓流用ハイギアリール3選

ダイワ 21 ルビアス エアリティ FC LT2000S-H

次に2021年以降に発売された最新の渓流用ハイギアリールを2つ紹介します。
渓流用ハイギアリールは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作の渓流用ハイギアリールを使って、快適な釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【ダイワ】21フリームス FCLT2000S-XH

エントリークラスでありながら、ZAIONVエアローターやATDなどダイワの技術を詰め込んだ新作渓流用ハイギアリールです。
自重は185gと軽量なので、ライトルアーを使ったフィネスゲームにおすすめです。

【シマノ】22ステラ C2000SHG

超密巻き機構を搭載し、心地よい渓流釣りを楽しむことができるのが、新作ステラです。
ライントラブルを軽減するアンチツイストフィンを採用しているので、トラブルレスに渓流釣りを楽しめます

【ダイワ】シルバークリーク AIR TW ストリームカスタム

シルバークリーク AIR TW ストリームカスタムは、ダイワから2021年発売のトラウト専用ベイトキャスティングリールになります。

ギア比8.5、巻取量74cmのハイギアシステムを搭載し、キャスト&リトリーブをテンポ良くパフォーマンスすることで、圧倒的なトレースサイクルと釣果に繋がるゲームを展開出来ます。

渓流用ハイギアリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C2000SHG 管釣り アジング メバリング 渓流トラウト

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】渓流用ハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 渓流用ハイギアリールを使うメリットとは?
  • 渓流用ハイギアリールの選び方
  • 渓流用ハイギアリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの渓流用ハイギアリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

渓流用ハイギアリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ショアジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットは?
ショアジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ショアジギング向けハイギアリールの特...
【2022年】ハイギアなベイトリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやローギアとの違いは?
近年、ハイギアリールが人気を博していますが、ハイギアなベイトリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、...
【2022年】ハイギアのリールおすすめ人気ランキング10選!選び方や新製品もご紹介
ハイギアのリールには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ハイギアのリールの特徴、おすすめのハイギアのリール、...
【2022年】エギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットは?
エギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、エギング向けハイギアリールの特徴、おすすめ...
【2022年】ハイギアなスピニングリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやローギアとの違いは?
近年、ハイギアなリールの人気が高まっていますが、ハイギアなスピニングリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リール
釣りラボマガジン