【2022年】ストレートワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、ストレートワームをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、ストレートワームの特徴、おすすめのストレートワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のストレートワームをご紹介します。

ワーム リグ

ストレートワームの選び方

エコギア(Ecogear) 熟成アクア 活アジストレート 3.2"(大盛) J05 パールシラス(夜光)

ストレートワームはその名の通り細長い形状をしたワームで、ミミズをイミテートして作られていることが多いです。
ミミズは多くの魚の大好物で捕食対象とされています。

そのことからストレートワームはよく釣れると知られており、淡水ではバス釣りや渓流で使用され、海釣りではチニングやアジングのほかシーバスやロックフィッシュなどさまざまなターゲットに有効です。

ストレートワームは喰わせ能力が非常に高いことから、魚の反応がない時に使用する最終手段と言っても過言ではないワームです。

現在、各メーカーから数えきれない程の種類が発売されています。
釣り初心者の方はどの商品を選べばいいか悩まれているでしょう。

そこでここから、ストレートワームの選び方のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...

選ぶポイント1:ワームのサイズ

ストレートワームのサイズを選択するうえで最も重要なのは、狙う魚のサイズによって決めるといいです。

大型の魚は、ボリュームのある餌を好む傾向がありますので、5インチ以上のワームを選択することをおすすめします。

とりあえず一本釣りたいという方や数釣りを楽しみたい方は、3インチから4インチ程のワームを選択することをおすすめします。
狙いたい魚のサイズを決めて、ワームのサイズを選びましょう。

選ぶポイント2:ワームの色

ミミズワームのカラーは、使用するフィールドの状況に合わせて選ぶことが重要です。
水質が綺麗なフィールドは魚の視覚がよくなるので、ストレートワームのナチュラルさを最大限に発揮させるため、ゴースト系やナチュラル系のカラーを選択することをおすすめします。

水質が濁っているフィールドでは、シルエットがはっきり出せる黒系やアピール力の高いチャート系を選択することをおすすめします。

まずは魚にワームの存在を気づいてもらわないとバイトに持ち込めません。
フィールドの状況に対して臨機応変にカラーを選んでみましょう。

ストレートワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

DUO(デュオ) レアリス リグルクローラー 3.8インチ F031 ミミズ

ここからは実際ににおすすめのストレートワームを6つご紹介します。
ネットや店頭を見ても数えきれない程の種類があり、迷われている方もいると思います。

そんな方のために、使用する中で実績が高く人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
エコギア(Ecogear)

【エコギア】熟成アクア 活アジストレート

このワームの最大の特徴は強烈な独特の匂いです。
この匂いの集魚力は凄まじく、アジングの最終兵器と言っても過言ではありません。

DUO(デュオ)

【デュオ】レアリス リグルクローラー

扁平ボディと中空テールを備えており高浮力ボディなため、水中でくねくねと揺らしながらフォールし、本物のミミズのような演出をしてくれます。

使い方はボディのセンターにフックを刺し、ノーシンカーやネコリグがおすすめです。
20本入りで低価格なためコスパにも優れています。

Berkley(バークレー)

【バークレイ】ミッドクローラー

このワームはバス釣り用のワームとして販売されていますが、海でも実績が高いストレートワームです。
バス釣りではネコリグがおすすめで、海ではジグヘッドでスイミングさせるとよく釣れます。

イッセイ(ISSEI)

【一誠】】スパテラ

ネコリグの生みの親、村上晴彦さんが開発したワームです。
リブの深溝が水を多く掴み、アクションした際に水を掻き回す力を大きくします。
さらにテールが微波動を生み出し、魚にアピールしてくれます。

エクストリーム(Extreme)

【エクストリーム】SIN-ZOベイト

シーバス釣りで多くのアングラーから愛されているロングセラーのワームです。
専用のジグヘッドが販売されており、そのジグヘッドを使用することでリアルなベイトを演出します。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】フリックシェイク

ストレート系ワームの王道で、大人気なロングセラーのワームです。
真っ直ぐではなく微妙に歪んだ形状が、本物のミミズのような動きを演出します。
喰わせ能力が高いので、初心者の方にぜひおすすめしたい商品です。

【2022年新作】おすすめのストレートワーム2選

バークレイ(Berkley) ワーム ミッドクローラー55 PBMMC55-EBI バス釣り ルアー

最後に2022年最新のストレートワームをご紹介します。
近年発売される新製品は、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、デカい魚をキャッチしましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ヤミーフィッシュ3.8

これまで3インチしか発売されていませんでしたが3.8インチも登場しました。
重さが9gあるため飛距離はかなりでます。

陸っぱりの釣りにおいて、かなりのアドバンテージになります。
細長いフォルムなので、小魚や虫などを演出して使用してみましょう。

オーエスピー(O.S.P)

【O.S.P】MMZ ナミ

形状・サイズ・硬さといった要素を徹底追及して開発されたストレートワームです。
不規則な曲がりを施したボディは、艶かしく本物のミミズにしか見えません。

また細身のシルエットながら飛距離も出て、耐久性も優れています。
バス釣りに限らず海釣りでも活躍してくれるワームです。

ストレートワームについてまとめ

イッセイ スパテラ 一誠 4inch issei Spatula【2】 46 アカマツSP 4inch

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ストレートワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ストレートワームの選び方
  • ストレートワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのストレートワーム2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン