【2023年】ショアジギング用ロッドケースおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介

船の上ではなく岸から行うショアジギングでは、どのようなロッドケースが最適なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ショアジギング用ロッドケースの特徴、おすすめのショアジギング用ロッドケース、2023年シーズンに向けた新製品のショアジギング用ロッドケースをご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもロッドケースとは?

プロックス(PROX) グラヴィススーパースリムロッドケース 160/ブラック PX6922160K

ロッドケースとは、移動時にロッドを安全に収納し、運搬するために、なくてはならないアイテムです。
公共交通機関を使って現地入りする場合は勿論、自家用車で現地入りする場合でも、ロッドを保護するという意味では、ロッドケースは使ったほうが良いでしょう。
また、自宅で保管する場合でも、ロッドケースに収納したまま保管するほうが安全です。

素材は、厚紙若しくは樹脂製の芯材で作られたロッドケース本体の表面に、ナイロン生地製表地、軟質PVC製ソフトタイプ表地、PP(ポリプロピレン)製セミハードタイプ表地、耐衝撃性が最も高いPC(ポリカーボネート)製ハードカバーなどが加工され、衝撃からロッドを保護する機能を持ちます。

裏地は弾性のあるEVA(エチレン酢酸ビニル共重合体)を使用し、衝撃からロッドを保護しているものがほとんどです。

ロッドケースの形状は、細くて長いストレートタイプ、リールをロッドに装着したまま収納できるリールインタイプ、モバイルロッド専用のコンパクトタイプ、収納するロッドの長さに応じてケースの長さを変えられるアジャスタブルタイプなど、様々なタイプがあります。
この項では、ショアジギング用のロッドを収納、運搬するためのロッドケースについて、選び方やおすすめのモデルを紹介して行きます。

スポンサーリンク

ショアジギング用ロッドケースの選び方

ドレス(DRESS) ロッドケース セミハードロッドケース 150 150

ショアジギングロッド用のロッドケースに求められる機能や、選ぶポイントなどについて説明いたします。

選ぶポイント1:長さで選ぶ

ショアジギングロッドは、2ピース若しくはグリップとブランクスの変則2ピースが多いと思いますが、これらの仕舞寸法をカタログでまず確認します。
そして、その仕舞寸法より、最低でも内寸に5cm以上余裕のあるものを選びましょう
仕舞寸法ギリギリのロッドケースだと、ケースのファスナーなどにティップを引っ掛けて傷つけてしまい、最悪は破損してしまう危険があるためです。

ロッドの仕舞寸法とロッドケースの内寸は必ず確認しましょう。

選ぶポイント2:素材で選ぶ

ロッドケースの素材は、高目付のナイロン製若しくは軟質PVC(塩化ビニール)製が多いです。
軽量なのはナイロン製、防水性がより高いのは軟質PVC製です。
ナイロン製のロッドケースを使う場合は、表面に防水スプレーを吹いておくと良いでしょう。

PP(ポリプロピレン)製のセミハードタイプは、防水性、耐候性に優れ、ロッドの保護性能も高いですが、価格も高価になります。

尚、ショアジギングでは、頻繁に移動するランガンが基本ですので、ロッドケースは軽いものをおすすめします。

選ぶポイント3:収納力で選ぶ

ショアジギングの現場にロッドを何本も持ち込む場合は、幅が広く、収容力の高いロッドケースが必須です。
また、サイドポケットにコマセ柄杓やロングタイプのウキケースを収納したり、予備の仕掛けなどを収納できるタイプもあります。
リールを装着したままの状態でロッドを収納できるタイプもあります

スポンサーリンク

【2023年最新】ショアジギング用ロッドケースおすすめ人気9選

アブガルシア(Abu Garcia) ロッドケース セミハードロッドケース2 BLACK 7'6"

それでは、ここからは、ショアジギング用ロッドにおすすめのロッドケースを紹介して行きます。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】セミハード ロッドケース2

コンパクト&多機能なロッドケース

ワイド設計で、2ピースロッドが3本まで収納可能なロッドケースです。
6.6フィートタイプから10.6フィートタイプまで、1フィート刻みでラインアップされています。

ショアジギングロッドを収容する場合は、9.6フィート若しくは10.6フィートをおすすめします。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングロッドを所持しているが、収納スペースが不足している方
  • 釣りの移動時にロッドを安全かつスムーズに携帯したい方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ライトロッドケース 155PW(C)

耐塩水性、耐候性に優れた軟質PVC製のスタンダードなロッドケースです。
大容量タイプのため、ロッドのサイズにもよりますが、8本程度は余裕で収納できるでしょう。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 部屋の中がスッキリ。
  • 作りがしっかりしていて、大容量で助かる。
  • 光沢がお気に入りで、素材がガッチリ竿を保護する。
  • ハードなのでロッドが折れる心配がなく、ダイワの商品に信頼感がある。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 大きくて太いため、持ち運びには不便。
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ライトロッドケース リールイン BR-041T

最適収納のロッドケース

2020年1月、シマノから発売のリールインロッドケースになります。

リールイン 165cm BR-041Tは、トップ部分が調整可能になっているためタックルに合わせて調整し、更に穂先を保護するのには最適です。
内部はロッド固定ベルト、外側にはショルダーベルト(着脱可)も搭載されています。

収納量も十分で、2ピースロッドをリール装着したまま2タックル収納可能ですので、サブロッドも同時に持ち運び出来、場所移動等は安全にも配慮出来ます。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングをよく行う方で、ロッドの運搬や保管に困っている方
  • 2ピースロッドを使用しているが、ロッドを収納するケースがない方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 品物はしっかりしており、安い。
  • 長さ調整ができる点がよい。
  • コスパが良く、見た目も満足。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 竿とリールの位置が合わない。
  • 折り返し部分が長いと見た目が悪い。
  • リールスペースが狭く、リールを取り付けた状態で入らない。
  • コルトスナイパーリールを取り付けた状態では入らない。
OGK(オージーケー)

【OGK】セミハード ストレート ロッドケース

大阪漁具のスタンダードなPVC製ロッドケースです。
7フィート前後のショアジギングロッドまで収納できます
表地にはエンボス加工が施された軟質PVCが使用されているため、防汚性に優れ、お手入れも簡単です。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 安くても品質が良い。
  • ポリエステルの内装や底のカップなど、細かな部分にもしっかり考慮された設計。
  • 釣りに必須アイテムとして便利で、素材がしっかりしているなどの評価が高い。
  • コスパが良く、容量も豊富なため、使い勝手の良さが特徴的。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 身長160㎝以下の方には操作が難しい可能性がある。
  • 肩紐の肩当てが硬いのが不満。
プロックス(Prox)

【プロックス】グラヴィス スーパースリム ロッドケース

軽量かつ堅牢なセミハードタイプのロッドケースです。
10フィートまでの2ピースロッドまで収納できる、内寸160cmタイプのスリムケースです。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 大型のロッドも余裕で収納できる。
  • 軽量で持ち運びが楽。
  • 通常の日帰り釣行であれば十分な頑丈さ。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 見た目が安っぽい印象。
  • 実際の耐久性は不明。
ドレス(Dress)

【ドレス】セミハード ロッドケース

ショアジギング最適のロッドケース

耐衝撃性に優れたポリカーボネート樹脂製の高級ロッドケースです。
頻繁に移動を繰り返すショアジギングには非常に向いている堅牢なモデルです。

分割式ハンドルや、取外し可能なショルダーベルト、ケースを開けた際にロッドが不用意に飛び出さないよう、インナー下部にネットが張られていたりと、様々な工夫が施されています。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングで頻繁に釣り場を移動する方
  • 高価なロッドを大切に保管したいと思っている方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 運搬しやすい。
  • 使いやすく、保護にも十分。
  • 軽量で持ち運びが楽。
  • 大きさが充分で多数のロッドを収納できる。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 竿の長さやガイドの大きさによっては入らない可能性がある。
  • ファスナーが閉めづらく、臭いが強い場合がある。
タカミヤ(TAKAMIYA)

【タカミヤ】REALMETHOD スリムロッドケース TG-2001

リール付きロッドを収納

釣具量販店「釣具のポイント」を展開する、北九州市の株式会社タカミヤのオリジナルブランド、REALMETHODのセミハードタイプのロッドケースです。
ダブルファスナー仕様のため、リールをロッドに取り付けたまま収納できます(リールはケース外に出た状態となります)。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングをする際に、ロッドとリールを一緒に持ち運びたい方
  • セミハードタイプの保護ケースを希望する方

【タカミヤ】REALMETHOD エクスパンション ロッドケース 120-210

調整自在なロッドケース

上下分割された本体のため、ケースの長さを120cm〜210cmまで自由に変えることができる、大変便利なロッドケースです。
長さの調整は、本体上下を固定しているマジックテープを剥がして行います。
ショアジギングロッド3本まで収納可能です。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングロッドを複数持ち運ぶ必要がある方
  • ロッドの長さが異なる場合に対応したい方
タカミヤ(TAKAMIYA)

【タカミヤ】REALMETHOD スリムショート ロッドケース 60cm

4ピース、5ピースなどのモバイルロッドをスタイリッシュに持ち運びできる、長さ60cmのコンパクトなロッドケースです。
リュックサックのサイドポケットなどにも取り付けが可能です。

スポンサーリンク

ショアジギング用ロッドケースについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ロッドケース ライトロッドケース 155PW(C) ブラック

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2023年】ショアジギング用ロッドケースおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもロッドケースとは?
  • ショアジギング用ロッドケースの選び方
  • 【2023年最新】ショアジギング用ロッドケースおすすめ人気9選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ショアジギング向けロッドケース
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年】ロッドケースおすすめランキング18選!自作方法や人気メーカーの商品もご紹介
ロッドケースは、釣り竿を守るために大事なアイテムです。今回、釣りラボでは、ロッドケースを選ぶ際のポイント、ケースの種類、...
【2023年】ダイワのロッドケースおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
ダイワのロッドケースは、大切なロッドを守るケースの中でも、特に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのロッドケースの...
【2023年】シマノのロッドケースおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品も
シマノのロッドケースは、ダイワのロッドケースと同じく、多くの釣り人から支持を集める商品です。今回、釣りラボでは、シマノの...
ロッドケースの自作方法を徹底解説!道具・手順・軽量化の方法をご紹介
ロッドケースは、実は非常に簡単に自作することができます。今回、釣りラボでは、ロッドケースを自作するために必要な道具をご紹...
【2023年】がまかつのロッドケースおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
がまかつのロッドケースは、初心者・熟練者問わず非常に人気が高い釣具メーカーです。今回、釣りラボでは、がまかつのロッドケー...
【2023年】メンズ用のサウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
数多くあるサウナスーツのなかでも、メンズ向けをお探しの方は必見。今回、トレウィズでは、メンズ用のサウナスーツの特徴、おす...
【2023年】ランニング用サウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
サウナスーツを着てランニングをしたいという方にお得な情報です!今回、トレウィズでは、ランニング用サウナスーツの特徴、おす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッドケース
釣りラボマガジン