【スマガツオの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!

【人気の魚図鑑】今回、釣りラボでは、スマガツオの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、スマガツオの味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

スマガツオとは?その特徴・生態をご紹介

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マサマサ(@masamasa338)がシェアした投稿

日本の食卓に度々登場するカツオ。
国民に広く親しまれてるカツオですが、「スマガツオ」という名前はあまり聞き馴染みがないですよね。

スマガツオは、実はカツオとは別物。
全身にたっぷり脂が乗っており、幻の魚と称されることもあるんです。
なんでも全身がトロのようだとか…!

この記事では、そんな謎に包まれたスマガツオの特徴や生態について解説していきます。

スマガツオの呼び方

スマガツオとは一体何者なのか、呼び方から考察していきましょう。

漢字名

スマガツオは漢字で「 縞鰹」「須満」「須万」などと表記されます。
体に縞模様があることから「しまがつお」と呼ばれ、それがなまって「スマガツオ」になったという説もあります。

別称・別名

スマガツオは一部で「幻のカツオ」と呼ばれることも!

口の中でとろけていく質の良い脂は、まさに幻の一品です。

英語・外国名

スマガツオの英語名は多数あります。
小さなマグロを意味する「Eastern little tuna」「Little tunny」などの名前が挙げられます。

学名

スマガツオの学名は「Euthynnus affinis」。
1849年に命名されています。

生息地・産地

スマガツオは神奈川県から鹿児島県までの太平洋側、兵庫県から沖縄諸島までの日本海側での生息が確認されています。
暖かい海を好み生息する魚なんですね。

他のカツオとの見分け方

様々な種類があるカツオ。
その中で特にスマガツオと似ているのが、ハガツオとソウダガツオです。

これらを見分けるポイントは、スマガツオにだけある斑点模様。
スマガツオはエラの後ろの腹部に複数の斑点を持っています。
ハガツオ・ソウダガツオには斑点模様はありません。

値段・相場価格

スマガツオは豊洲市場で1本5,000円ほどで販売されています。
また通販では冷凍された半身が6,000円ほどで売られています。
時期や大きさ、場所によって値段が大きく変動しますが、日常的に手に取るには少しお高めかもしれません。

天然のスマガツオは少なく、養殖のものが多いのも特徴です。

スポンサーリンク

スマガツオを使った料理・食べ方

出典:写真AC

スマガツオは一体どんな味がするのでしょうか?

スマガツオを美味しくいただくために、その特徴を知りましょう!

どんな味がするの?

スマガツオはたっぷり脂が乗っており、その風味は大トロ以上とも言われています。
そのとろけるような味わいに魅了されている人も多いようですよ!

年々漁獲量が減っているマグロに取って代わるのは、ひょっとしたらスマガツオかもしれませんね。

栄養素・カロリー

美味しいだけでなく、実は体に良い栄養素が豊富に含まれているスマガツオ。
ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸、ビタミン類も豊富に含まれています。

ただし脂が乗っている魚なので、カロリーは少々お高め。
食べ過ぎには注意です。

旬な時期・季節

スマガツオは年間通して釣り上げることができますが、最も旬とされているのは秋シーズンです。
9〜10月のスマガツオは特に脂が乗っていて絶品なんですよ!

おすすめ人気のレシピ・調理方法

風味が豊かでとろけるような味わいのスマガツオ。
最適な調理法で美味しくいただいちゃいましょう!

刺身

とにかく風味が豊かなスマガツオ。
その旨味をシンプルに味わいたいなら、刺身にしていただくのがオススメです。
こちらのレシピでは刺身に薬味を混ぜたタレをかけ、魚の旨味をさらに引き出しています。

単純に(*^-^*)カツオ刺身のたれ by きくゆう屋
生姜醤油も旨いがチョットひねったら旨さ倍増しました!…

また魚を生でいただく際には、寄生虫への注意が必須。
寄生虫は注意深く魚の体を目視し、触れた時にチクチクとした感覚がないか確かめれば、簡単に取り除くことができます。
誤って食べてしまうと吐き気や下痢などの症状が出てしまいますよ!

寿司

酢飯の上に刺身と薬味をたっぷり乗せたこちらのちらし寿司。
こちらのレシピなら、脂の乗ったスマガツオの刺身もさっぱりといただけちゃいます。
見た目も華やかで、ちょっとしたパーティーなどにもぴったりのメニューです。

かつおの手こね寿司☆ by ♡ポチミモナ♡
薬味たっぷりでサッパリ食べれるかつおの手こね寿司はみんなに好評です♪…

たたき

カツオといえばたたき!

表面を軽く炙るとうまみがぎゅっと凝縮し、旨味を閉じ込めることができるんです。
作るのが難しそうなイメージのあるたたきですが、おうちでもフライパンを使って簡単に作ることができますよ!

必ずレシピを聞かれる❗️かつおのたたき by ねえさん食堂
おもてなしにお出しすると、必ずレシピを聞かれる一品です。 とは言っても新鮮なカツオが手に入れば簡単です❗️…

スマガツオを楽しめる人気のお店・レストラン

スマガツオは首都圏の居酒屋でも気軽に楽しむことができます。
横浜市の関内駅にあるこちらの居酒屋では、好みの魚をいくつかチョイスして盛り合わせにするのが人気。
その日の気分で気になる魚を選んじゃいましょう!

登良屋 (関内/天ぷら)
★★★☆☆3.69 ■雁屋哲お勧め ■予算(昼):¥1,000~¥1,999…
スポンサーリンク

スマガツオにおすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

スマガツオはどのような釣り方で狙うことができるのでしょうか?

スマガツオにオススメの釣り方を解説していきます。

釣竿・ロッド

強いパワーを持っているスマガツオ。
引き負けないように、丈夫なロッドを選びましょう。

【アマノ釣具】ZEALOT STANDING FIGHTER 1900×12

こちらのロッドはカツオ釣りの初めの一本としてオススメの商品。
初心者でも手に入れやすい値段が大きな魅力です。
そして低価格でありながら、カツオの強烈な引きにも負けないパワーを持っています。

リール

カツオ釣りには大きめな電動リールを使用するのがオススメ。

【ダイワ】リール タナコン 750

タックルの人気ブランドとして名高いダイワ。
そんなダイワが製作しているこちらのリールは、抜群のパワーで大物回遊魚に広く対応しています。
いざという時には頼りになり、大物狙い用として持っていて損はない一品です。

ルアー・ワーム

スマガツオはイワシなどの小魚を捕食する魚。
そのためルアーは小魚に似ていて、泳ぎの良いものをチョイスするのがオススメです。

【ColorGo】メタルジグ ルアー

生き生きとした姿で力強い泳ぎを見せるこちらのルアー。
重さとカラーのバリエーションが豊富なので、場面によって広く使い分けができるのも魅力です。
こちらの5個セットなら様々な魚を狙う際に利用できそうですね。

釣り餌

スマガツオを狙うには定番の釣り餌を使うのも有効。
釣り餌とルアーを併用し、効率よくヒットを狙いましょう。

【マルキュー】アミ姫 600g

釣り餌として定番のオキアミ。
オキアミはスマガツオをおびき寄せるのにも十分有効な釣り餌なんです。
こちらの商品は人気が高く、評価も良いのでオススメですよ!

スポンサーリンク

スマガツオの締め方・捌き方

出典:写真AC

大きな体を持つスマガツオ。
少しずつ丁寧に捌いて、長く新鮮にいただきましょう。

締め方

血の匂いが濃い魚であるカツオ。
そんなカツオもきちんと締めて血抜きをすることで、生臭さが減りさらに美味しくいただくことができるんです!

こちらの動画では釣った魚の締め方を丁寧に解説しています。

釣った魚の締め方、血抜きをわかりやすく解説!How to squeeze a fish

捌き方(さばき方)・切り方

鰹(かつお)のさばき方 – How to filet Bonito -|日本さばけるプロジェクト

こちらの動画ではカツオの捌き方を詳しく解説。
ウロコを包丁ですき引きし、頭と内臓を一緒に取り除いていくのが特徴です。

スポンサーリンク

スマガツオの基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【スマガツオの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!」というテーマに沿って、「スマガツオとは?その特徴・生態をご紹介」「スマガツオを使った料理・食べ方」「スマガツオにおすすめの釣り方・仕掛け」「スマガツオの締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラマサはブリと何が違う?人気のレシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚図鑑】ヒラマサは、国内で非常に多く消費される人気の魚です。今回、釣りラボでは、ヒラマサの特徴、生態、ブリとの違…
ユムシって食べられるの?その味や飼育方法、釣り餌としての使い方を解説!
【閲覧注意?人気の釣り餌をご紹介】ユムシは、その見た目の特異性もあって比較的知名度の高い魚です。今回、釣りラボでは、ユム…
甲殻類最強のシャコとは?食べ方・エビとの違い・シャコパンチの威力を徹底解説!
今回、釣りラボでは、シャコの特徴、生態、呼び名、エビのと違い、生息地、値段相場を徹底解説した上で、シャコパンチの威力や速…
【ナマズの基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【地震がわかる魚?】今回、釣りラボでは、ナマズの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、ナマズの味、おす…
カマスとは一体どんな魚?人気のレシピ・食べ方・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚図鑑】カマスは、釣りのターゲットや食用として人気のある魚です。今回、釣りラボでは、カマスの特徴、生態、呼び名、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン