【2020年】ワームケースおすすめ7選!溶ける要因と対処方法も解説

ワームの所有数が増えてきたら、整理して保管するためにもワームケースが必要です。今回、釣りラボでは、ワームケースの選び方、おすすめのケース、2020年の新製品を紹介した上で、ケースに入れたワームが溶けたり、くっつく要因とその対処方法をご紹介。

ワーム
スポンサーリンク

ワームケースとは?

ワーム

出典:写真AC

ワームケースは、その名の通りワームを保管しておく容器のことをいいます。

もともとワームは、購入した際には袋に入っています。
異なるワームを袋ごとバッカン等に保管しておいても良いように思いますが、ワームケースを使うメリットはどんなところにあるのでしょうか?

それは、コンパクトに整理して持ち運ぶことができるという点につきます。
袋ごと持ち運んでも全く問題ないのですが、やはりかさばってしまうというデメリットがあります。

ただ、その反面、正しくケースを使わないとワームが溶けてしまったりする場合があります。

スポンサーリンク

ワームが溶ける要因とその対処方法

ワーム

出典:写真AC

ワームを使っていると、保管している間にワームが溶けて形が変わったり、他のワームとくっついたりしたという経験をお持ちの方も多いと思います。
ワームケースで保管していても、正しく管理できていないと、ワームを溶かしてしまうことがありますので注意が必要です。

ワームが溶ける要因と、その対処方法について解説していきます。

ワームが溶ける・くっつく理由

ワームが溶ける・くっついてしまうのには、いくつかの理由があげられます。
それぞれ確認していきましょう。

理由1:他のワームの可塑剤が影響してしまう

ワームが溶ける理由の一つに、他のワームの可塑剤が影響してしまうというのがあります。
ワームは、柔らかいプラスチックでできていますが、柔らかさを調整するために可塑剤という薬品が練りこまれてます。

柔らかさはワームの製品毎に異なるように作られており、練りこまれる可塑剤の量や種類もそれぞれ適正に調整されています。

そのため、異なるワームを接触させておくと、別のワームに含まれている可塑剤の影響を受けワームが溶けてしまったり、くっついてしまったりというトラブルが発生します。

理由2:水分・日光によって生分解が進んでしまう

ワームが溶ける理由の二つめは、水分や日光によって、生分解が進んでしまうというものがあります。

微生物によって分解され無害なものになっていく現象を生分解と呼んでいます。
ルアーフィッシングの際に、海中に残ったワームがそのまま残り、海洋汚染の原因とならないように、生分解する材料でできた生分解ワームが開発されました。

生分解ワームは、非常にデリケートで、水分を付着したままにしておいたりした場合や、熱や光の影響で生分解して溶けてしまうことがあります。

理由3:塩ビ系素材が他のワームを溶かしてしまう

ワームが溶ける理由の三つめとして使用している塩ビ系素材が他のワームを溶かしてしまうという現象があります。

ワームの多くは塩ビ系のプラスチックにより作られています。
塩ビは塩化ビニールの略で、塩素が多く含有されており、他の素材に影響し溶かしたり、腐食したりするという性質を持っています。

またワームにはスチレン系素材を用いているものも多くあります。
スチレン系は主に強度を確保したい時に用いる素材です。

スチレン系素材のワームは塩ビ系素材のワームをくっつけて置いておくと溶けてしまうことがあります。

ワームを溶かさないための対処方法

ワームが溶けたり、くっついてしまったりする現象がおこる理由をふまえ、ワームを溶かさないための対処方法をご紹介します。
ワームケースを使う際には、ぜひ以下の点に注意してください。

対処法1:材質の異なるワームを一緒にしない

対処法の一つは、材質の異なるワームを一緒に保管しないというものです。
異なる材質のワームはお互いに悪影響を及ぼす場合があります。
このためワーム同士を触れた状態で保管すると、ワームが溶けたり溶けた影響でくっついてしまったりします。

材質の異なるワームは一緒にしておかないことが基本です。
材質を細かく見極めるのが、わからない場合には同じワームを一緒に保管しないようにすると良いでしょう。

具体的には、ワームケースを用いワームケースの同じマスには、同じワームを保管するようにすれば良いでしょう。

対処法2:水分をしっかり拭き取る

対処法の二つめは、使った後のワームの水分を良くふき取ることです。
生分解ワームを用いた場合には使った後のワームが濡れていると徐々に分解して溶けてしまうことがあります。

特に濡れたワームを濡れていないワームと同じワームケースの同じマスに入れてしまうと、使っていないワームも溶けてしまうかもしれません。

一度使ったワームを再度使いたい場合には、良く拭いた後に、できれば帰宅するまで別に保管し、十分に乾燥させた後でいっしょに保管することをおすすめします。

対処法3:直射日光を避ける

対処法の三つめは、直射日光に当てないということです。
直射日光に長時間当ててしまうと、生分解ワームは溶けてしまうことがあります。
ルアーフィッシングをする際には、ワームは光が当たらないように保管しましょう。

ワームケースを用い、きちんと蓋をしておけば直射日光は当たりませんし、さらにタックルケースにワームケースをしまっておけば温度上昇も防ぐことができ、ワームが長持ちします。

スポンサーリンク

ワームケースの選び方

ワーム

出典:写真AC

続いて、ワームケースの選び方について解説していきます。

選ぶポイント1:ケースの素材

選ぶポイントのひとつはケースの素材に関してです。
材質としてはポリプロピレンを用いたものをおすすめします。

ポリプロピレンは、日用品などに多く素材として提供されており、値段も比較的安く、またワームへの影響も少ない素材です。
専用のワームケースの中にはワームプルーフ加工という処理がされているものもあります。

選ぶポイント2:ケースのサイズ・大きさ

選ぶポイントのふたつめはケースの大きさ・サイズになります。
サイズについては、持っているワームの数や大きさにより選べば良いでしょう。

ワームケースを提供しているメーカーからは、同じタイプで大きさの異なるワームケースが提供されている場合もあるので、好みで選ぶこともできます。

ランガンを行う際にはワームケースを大型のワームケースに保管しておき、別に小型のケースに必要な分を取り分けて持ち運ぶのも良いでしょう。
首にかけられるタイプや、ベルトに止められるタイプなどもあります。

スポンサーリンク

おすすめのワームケース5選!

ワーム

出典:写真AC

おすすめのワームケース5選をルアーフィッシング対象魚毎にご紹介していきます。

アジングにおすすめのワームケース2選

アジングにおすすめのワームケース2選をご紹介します。

【メイホウ】ライトゲームケースJ

アジング・メバリングに最適なメイホウのライトゲームケースで人気の製品でコスパも最高です。

厚さはとても薄く、18mmとなっており、さらに二つを裏面でドッキングして両面使いとすれば、沢山のワームを保管することができます。

ランガンにも使用できる大きさに加え、蓋にはワームスリップ加工を施してあり使い勝手も良くなっています。

【シマノ】スタッフケース

ワームケースとしても使用できるケースで、マグネットを使用すれば底面側をくっつけて両面で使用することができます。
外寸法は同じですが、中の仕切りの大きさによって三つのサイズが提供されています。

スタッフケースをヒップバッグやショルダーバックに入れてランガン等をする際に最適で、密閉度も高く作られており、液漏れも少なくなっています。

メバリングにおすすめのワームケース1選

メバリングにおすすめのワームケースをご紹介します。

【ダイワ】月下美人 ローテーションケース

ランガンなどの際に、使用するワームやジグヘッドを小分けして持ち運ぶためのワームケースで、とてもコンパクトにできており、人気ランキングでも高い位置を占めています。

小分けにしては運べるため、一度使って濡れたワームをワームケースに戻す必要もなく、使っていないワームへの悪影響もありません。

ロックフィッシュにおすすめのワームケース1選

ロックフィッシュにおすすめのワームケースをご紹介します。
ロックフィッシュとしてメバルのワームケースについてはご紹介しましたので、少し大型を狙ったワームケースをご紹介しておきます。

【メイホウ】VERSUS VS-3038ND

比較的大きなワームを保管したいアングラーにおすすめのワームケースで、多くのワームを保管できます。
幅が約28cmあり、大型のバッカンでないと入れることは少し難しいかもしれません。

ワームプルーフ加工もしっかりされており、安心して使用できます。
ランガンには不向きですので、ランガンをする場合にはもう少し小さな物を準備して使い分けると良いでしょう。

バス釣りにおすすめのワームケース1選

バス釣りにおすすめのワームケースをご紹介します。

【ティクト】スタメンケース

ワームの他に、ジグヘッドを保管できるスリットスポンジのついたケースで、これ一つを持っておけば、ルアーフィッシングに必要なルアー類が保管できます。

仕切りは自由仕切りとなっており、ワームのサイズに合わせて大きさを調整でき使い勝手は良好です。
カラーは3種類あり好みに応じて選ぶこともでき、入れるワームやルアーで分別することも可能です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめワームケース2選

ワーム

出典:写真AC

2020年に発売された新作のおすすめワームケースを2選ご紹介します。

【がまかつ】宵姫スリムワームボックス LE-505

ライトゲームに用いる比較的小型のワームを収納できるワームケースで、完全防水の上に厚さ16mmと、とても薄く持ち運びにも便利です。

白い下地に黒のスポンジ仕切りで、ワームも見やすくきれいに保管できます。

【がまかつ】宵姫スリムスリットボックス LE-504

ジグヘッドにとりつけたワームを保管できるワームケースで、スポンジの上にきれいにならべられたワームは、選びやすくなっています。

完全防水の上に厚さ16mmととても薄く作られており、ボディバッグなどにも入る大きさでランガンの際にも重宝します。

スポンサーリンク

ワームケースは100均でも購入できる?

ワーム

出典:写真AC

ワームケースは100均でも購入できるのでしょうか?

ダイソーなどの100均でもワームケースとして使用できそうな小分け容器(セパレートボックス)を手に入れることはできます。

この容器を用いて必要な加工を施したりしてワームケースを自作することも可能です。
ただしダイソーなどで売っているケースはワーム専用ではなく、基本的にはワームプルーフ加工などはされていないと考えたほうが良いでしょう。

保管している間にワームが溶けてしまう可能性があり、あまりおすすめできません。
百均でワームの入れ物を購入する場合には、ケースではなく密閉式の袋をおすすめします。

ワームが溶けてしまうことも少なく、密閉できるので、濡れてしまうことも少なくなります。

ただし袋はワームに接触している部分が多くワームがくっつきやすいので大きめの袋が良いでしょう。

スポンサーリンク

ワームケースについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】ワームケースおすすめ7選!溶ける要因と対処方法も解説」というテーマに沿って、「ワームケースとは?」「ワームが溶ける要因とその対処方法」「ワームケースの選び方」「おすすめのワームケース5選!」「【2020年新作】おすすめワームケース2選」「ワームケースは100均でも購入できる?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】アジングワームおすすめ14選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース…
【2020年】シーバスワームおすすめ8選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ…
【2020年】メバリングワームおすすめ8選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ…
【2020年】バス釣りワームおすすめ12選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー…
【2020年】ヒラメワームおすすめ8選!選び方や人気のジグヘッド・リグをご紹介
ヒラメ釣りにワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなヒラメワームの選び方、おすす…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン