【2022年】エビングのワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

数多くあるワームの中でも、エビングのものを試したい方は必見。今回、釣りラボでは、エビングのワームの特徴、おすすめのエビングのワーム、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のエビングのワームをご紹介します。

ワーム
スポンサーリンク

エビングのワームの選び方

Fish Arrow(フィッシュアロー) ルアー フラッシュJ 1.5 スリムSW #102 チャート/S

ここからは、エビングワームの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは、ワームの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:サイズ

エビングワームのサイズは「3.5〜4.2インチ」前後を基準に釣り場の状況や、魚の活性を見極めて使い分けをしましょう。

ワームの形状は、操作性を重視して「ピンテール形状」が最適です。
アジングやメバリングのワームを代用することができるので意識して選択しましょう。

選ぶポイント2:カラー

エビングワームのカラーは「ナチュラル系」がおすすめです。
「ピンク」「クリア」「ケイムラ」が多用されます。

さまざまな状況に対応できるように、幅広いカラーをピックアップしておきたいですね。

スポンサーリンク

エビングのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) エビング ワーム DRスティック 4.2インチ ネオンピンク ルアー

ここからはおすすめの「エビングワーム」をご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを6つ厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

フィッシュアロー(Fish Arrow)

【フィッシュアロー】フラッシュJ 1.5 スリムSW

コンパクトでスリムな形状を採用したエビングワームです。
フラッシング効果が抜群なアイテムなので、効率良く魚にアピールすることができます。

また、微波動を発するピンテールでナチュラルに魚を誘い出します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】DRスティック

エビングワームで定番の人気のアイテムです。
ボディに搭載されたリブが、水の水流を受けると微波動を生み出し、スレた魚にナチュラルにアピールをしてくれます。

また高強度素材を採用しているので、ワームのロストを軽減してくれます。

レイン(Reins)

【レインズ】アジリンガー

カラーラインナップが豊富なエビングワームです。
アジング・メバリングで人気なアイテムですが、エギングでも実績抜群です。
水中で圧倒的な生命感を演出するので、賢い魚も思わず口を使ってきます。

また、エギングに有効なナチュラルカラーも多数揃えている点もおすすめのポイントです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】エビングスティック

高強度素材を採用したエビングワームです。
耐久性に優れワームが千切れにくいので、釣りのテンポを崩すことはないでしょう。

エビング専用に開発されたアイテムなので、確実な釣果が約束されます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】快適リアルオキアミワーム

エビを忠実に再現したエビングワームです。
エビングに効果的なナチュラル・ケイムラカラーを揃えているので、高い釣果が期待できます。

また、ボディにはシュリンプパウダーを配合しており、集魚能力は絶大です。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ペケリング

ボディにリング状のリブを採用したエビングワームです。
水を良く噛み、微波動アピールで魚を呼び寄せます。

また、ボディにエビオイルを配合しているので、一度加えた魚は離すことはないでしょう。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのエビングのワーム2選

reins(レイン) ワーム アジリンガー 610 夜な夜なオキアミ

最後に2021年以降に発売された「エビングワーム」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】ザンビー 2.5インチ

シンプルなスリムなボディ形状をしたエビングワームです。
テール部分は極細設計なので、水中でナチュラルに動き魚を魅了します。

喰わせに特化しているので、さまざまな場面において抜群の威力を発揮します。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】レダマ

喰いが渋い時の必殺技的なエビングワームです。
連玉を搭載した独特な形状は、水中での圧倒的なビジュアルは多くの魚を魅了しバイトを誘発します。

エビングに有効なケイムラカラーを採用している点もおすすめのポイントです。

スポンサーリンク

エビングのワームについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ワーム エビングスティック SH (スーパーハード) 3.5インチ グローピンク ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】エビングのワームおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • エビングのワームの選び方
  • エビングのワームおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのエビングのワーム2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワームに関する記事一覧
ワームに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、ワームに関連する様々な記事を多数掲載しておりま...
【2022年】アジングワームおすすめ18選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース...
【2022年】シーバスワームおすすめ12選!選ぶポイントや釣り方・仕掛けをご紹介
シーバス釣りにワーム(ソフトルアー)を使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなシーバスワームの選び方、おすすめシ...
【2022年】メバリングワームおすすめ11選!人気カラーや選び方をご紹介
メバルのルアー釣りとして人気の高いメバリングでは、ワーム(ソフトルアー)がよく使われます。今回、釣りラボでは、そんなメバ...
【2022年】バス釣りワームおすすめ16選!選ぶポイントや人気のリグもご紹介
バス釣りに安くて釣果を出せるワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなバス釣りワー...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ワーム
釣りラボマガジン