【2020年】青物釣り用ルアーおすすめ7選!釣れるルアーの種類を徹底解説

アジやブリなど人気の魚種が釣れる青物釣りですが、ルアーを選ぶ際、種類が多くどれを選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。今回釣りラボでは、青物釣り用のルアーについて、青物がよく釣れるルアーの種類やおすすめのルアー5選を紹介します。

ルアー
スポンサーリンク

青物ルアーで釣れる魚を紹介

Jackson(ジャクソン) ミノー ピンテール サゴシチューン 90mm 28g サゴシノエサ SGE ルアー

ルアーで釣れる青物には、どんな魚があるでしょうか。
サバ、サワラ、カンパチ、イナダ、ソウダカツオ、ブリ、ヒラマサなど、数多く挙げられます。
今回は、青物ルアーの種類や選び方、青物ルアーを用いた釣り方などをご紹介します。

スポンサーリンク

青物釣りで主に用いられるルアーの種類

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート 20g #1 イワシ JPS-20

青物釣りで主に用いられるルアーの種類は、ミノー、メタルジグ、バイブレーションの3つです。
それぞれのルアーの特徴について、詳しくご紹介します。

ミノー

ミノーは、細長い小魚の形状で口先にリップがついている、軽めのルアーです。
軽いので、水流に任せた自然な動きをさせて魚を誘うことが得意です。
ミノーを使って、ショアジギングでただ巻きするだけでも釣れることもあります。

ただし、軽いので壊れやすい面もあります。
できるだけ耐久性のあるミノーを選ぶことがコツです。

メタルジグ

メタルジグは、メタル、つまり鉛などの金属でできたルアーです。
青物を狙う場合、まず最初のルアーとして揃えるものです。
重さがあるため、遠くまでキャスティングする、もしくは深く沈めて根魚を狙うといったことも楽しめます。

一般的に、メタルジグを使う釣り方のことをジギングと呼びます。
そして、メタルジグの重さによって、ライトジギング、スーパーライトジギングなどと呼び分けられています。

バイブレーション

バイブレーションは、水中でよく振動するルアーです。
振動することで広範囲にいる魚を誘うことができますし、アクションなくただ巻きするだけでも釣れる、扱いやすいルアーですので、初心者にもオススメです。

プラスチック製のほか、メタル製のバイブレーションもあります。

スポンサーリンク

青物釣りで使うルアーの色の選び方

ダイワ(DAIWA) ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR 3Dイナッ子 ルアー

次に、青物釣りで使うルアーの色の選び方を見ていきましょう。

水中に濁りがあるときや夜釣り、朝マズメや夕マズメなどの場合は、視界が悪い中でも認識してもらえるように、ピンクや赤、ゴールドのカラーを選択しましょう。

水中がクリアな状態の場合は、魚からも良く見えるので、ブルーやブラウン、シルバーなどの、ナチュラルな小魚色がおすすめです。

このように、状況に応じて使い分けることを念頭に、お好みのカラーを選んでみてください。

スポンサーリンク

青物釣り用ルアー人気5選

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) ルアー シンキングペンシル ハードコア モンスターショット(S) 125mm 重量:60g F1197-HBPC-ブルピンキャンディー 遠投

青物釣り用ルアーで、人気の商品を5点ご紹介します。
今回は、少しずつコレクションできるように単品の商品をご紹介していますが、複数のルアーがセットになった商品も多数出ています。
初心者の方が一気に揃えるなら、セットの商品もオススメです。

【ジャクソン】ピンテール サゴシチューン 90mm 28g

サゴシ(サワラ)を狙うのに評価の高い、ミノー型のルアーです。

【メジャークラフト】ジグパラ ショート

青物ルアーで、まず定番として選ぶべきメタルジグの中では最もコスパがよく、評判のよい一品です。

【ダイワ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S-DR

どんな青物も釣れると人気が高く、軽量でも飛距離が出やすい形状で投げ釣りが楽しくなるミノー型ルアーです。

【デュエル】シンキングペンシル ハードコア モンスターショット(S)

水面直下で泳がせるシンペンの中で、人気の高い重量ルアーです。

【コアマン】VJ-16 バイブレーションジグヘッド

よく揺れるボディで、青物を始め幅広いターゲットに有効なルアーです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめ青物釣り用ルアー2選!

COREMAN(コアマン) ワーム VJ-16#002 シルバーヘッド/マイワシ.

2020年新作の青物ルアーのうち、おすすめのものを2つご紹介します。

【グッピー】メタルジグ ルアー セット ジグパラ

バイブレーションジグの4点セット、収納ケース付きで、すでに釣果も出ている一品です。

【デュエル】ハードコアLGポッパー(F)

軽快なポップ音と内部のカップにより、絶妙に集魚するポッパーシリーズの新作です。

スポンサーリンク

青物釣り用ルアーのオススメ収納ケース

メタルジグ ルアー セット ジグパラ メタルバイブレーション ハードルアー 海釣りルアー 鉄板バイブ 遠投 ただ巻き シーバス バス釣り 青物 収納ケース付き (14)

青物釣り用ルアーを収納ケースに入れて持ち運ぶと、ルアーどうしのひっかかりや破損を防ぎ、取り出しやすくなるので便利です。
おすすめの収納ケースを2つご紹介します。

【メイホウ】リバーシブル

メタルジグを持ち歩く方にオススメです。
水抜け穴があるので、収納したまま水をかけて水分を切ることができ、さび防止にも役立ちます。

【HAMILO】タックルボックス

長めのミノーも楽々収納できます。
両面から開く設計で、取り出しやすさが特徴です。

スポンサーリンク

青物の釣り方・ポイント

DUEL(デュエル) HARDCORE(ハードコア) ルアー ポッパー ハードコアLGポッパー(F) 50mm Weight:4.5g F1203-HPI ピンクイワシ ソルトウォーター

最後に青物ルアーでの釣りについて、おすすめの場所やタックル、仕掛け、ルアーアクションのコツなどをご紹介します。

おすすめの時期・場所

青物をルアーで釣るには、船での海釣りの他、堤防や防波堤、サーフからのショアジギングも可能です。
春から秋にかけて長い期間楽しめますが、おすすめの時期は海水温が上がる夏から秋にかけての頃です。
海水温が上がることで、青物の餌となる小魚が岸に迫り、それを追う青物も岸に迫ってくるので、大物が期待できます。

青物釣りにおすすめのタックル・仕掛け

青物釣りにおすすめのタックルや仕掛けをご紹介します。

【メジャークラフト】クロステージ CRX-1002MH 10.0フィート

メジャークラフトの万能リールです。
少し硬めのシャフトと長さで、ビッグアクションにも耐えられます。

【ダイワ】スピニングリール 15 ソルティガ 4500H

大物の引きにも負けず滑らかなドラグシステム、耐久性がありつつ軽量のボディと、投資する価値のある商品です。

【ダイワ】海上釣堀仕掛け SS 青物SP 11-4

3本入りでコスパのよい商品です。
スナップサルカン付きですので、仕掛けを交換するときに手元が楽になります。

青物釣り用ルアーの付け方・結び方

青物を釣るために必要な仕掛けとしては、ライン、ショックリーダー、ルアーです。
非常にシンプルな仕掛けですが、大型の青物の引きにも負けないしっかりとした付け方、結び方をすることが重要です。

こちらの動画では、特に強度の高い結び方を紹介していますので、ご参照ください。

入門者必見!青物ルアー向け 簡単ノット解説

ルアーアクションのコツ

青物ルアー釣りでは、仕掛けがシンプルな分、魚にとって魅力的なアクションがカギとなりますので、コツをお話しします。

ワンピッチジャーク

最も一般的なのが、ワンピッチジャークアクションです。
これは、一度竿であおってシャクるあいだに1回リールを回す、というのを連続して行うアクションです。
これをゆったり巻いたり、高速でシャクりと巻きを繰り返したりして緩急をつけて行うことで、ルアーに生き生きとした動きを出します。

ロングジャーク

一方で、少し高度なテクニックとしては、ロングジャークアクションがあります。
これは、ワンピッチジャークアクションよりも大きくロッドを左右に振り、巻いていくものです。
風の影響を受けやすいことと、大きい動作でダイナミックな魚の動きを表現することで、少々高度なアクションといえます。

これらのアクションをまず交互に試してみて、アタリがあるアクションを集中的に行うのが釣果を上げるコツです。

スポンサーリンク

青物釣り用ルアーのまとめ

メイホウ(MEIHO) リバーシブル #100

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】青物釣り用ルアーおすすめ7選!釣れるルアーの種類を徹底解説」というテーマに沿って、「青物ルアーで釣れる魚を紹介」「青物釣りで主に用いられるルアーの種類」「青物釣りで使うルアーの色の選び方」「青物釣り用ルアー人気5選」「【2020年新作】おすすめ青物釣り用ルアー2選!」「青物釣り用ルアーのオススメ収納ケース」「青物の釣り方・ポイント」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【2020年】おすすめの定番シーバスルアー14選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定…
【2020年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン