【2020年】おすすめタングステンジグ7選!タングステンジグの特徴やメリットを解説

タングステンジグというジグをご存じでしょうか?メタルジグの一種でパッケージ「TG」と書かれているものになります。今回釣りラボでは、そんなタングステンジグとは何か、おすすめのタングステンジグ5選などを詳しく解説していきます。

ジギング
スポンサーリンク

タングステンジグとは?

ダイワ(DAIWA) メタルジグ ソルティガ FKジグ TG 180g PHアカキングローヘッド ソルティガFKジグTG ルアー

タングステンジグとは、メタルジグの一つです。
通常メタルジグと言われるものは、材質が鉛やスズ、鉄などで作られていますが、タングステンジグはメタルジグの材質としてタングステンという金属を用いています。

タングステンという名前は、スウェーデン語で「重い石」という意味です。
特徴としては、比重が大きい(同じ体積なら重い)ことと強度が大きいことです。

スポンサーリンク

タングステンジグのメリット

メジャークラフト ジグパラ バーチカル TG 60g JPVTG-60#003 レッドゴールド #3レッドゴールド

タングステンジグの特徴を考慮したタングステンジグのメリットについて解説していきます。

ジグのシルエットが小さくなる

タングステンジグの最も大きな特徴は、比重が大きいことです。
比較するとタングステンは1立法センチメートル(1cm角の立方体)あたり19.3gで鉄の7.8g、鉛の11.34gに比べても圧倒的に重い金属です。

言い換えると、同じ重さのメタルジグをより小さな寸法で作ることができ、ジグのシルエットを小さくすることができます。

狙っている魚の活性度が低い場合や、ポイントでのベイトフィッシュのサイズが小さい場合には、ジグのシルエットを小さくしてターゲットにアプローチしたいものですが、シルエットを小さくすると、軽くなりキャストする際の飛距離が稼げなくなります。

タングステンジグは小さくても飛距離が稼げ、ポイントに正確にキャストすることができるメタルジグです。

底への到着スピードが速い

タングステンジグのメリットとして、底(海底)への到着スピードが早いという点があげられます。

このメリットも、タングステンの比重が大きいことに由来しています。
比重が大きいと、ジグを小さくすることができ、沈む際の水の抵抗が少なく、着底時間も短くなります。
また、ジグが小さいことで、流れのあるポイントでも水の流れに左右されないでキャストした地点の近くに着底させることができます。

メタルジグの着底が遅いと、キャストした点よりずれた位置にメタルジグが着底する場合があります。
岩礁を避けてキャストしたのに、岩礁に着底してしまい根がかりをしてしまうということも起こってしまいます。

特にショアジギングの場合には、メタルジグが着底した後にリトリーブを始めるので、着底までのスピードは重要です。
オフショアでも同様のことが言えます。

スポンサーリンク

タングステンジグがおすすめの釣り

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ラスパティーン TG 76mm 80g ピンクキャンディーイワシ/ボーダーホロ ルアー

タングステンジグがおすすめの釣りについて解説します。
メタルジグを用いて行えるルアーフィッシングなら、タングステンジグを用いることができます。

ショアジギングで大活躍

特にタングステンジグの特徴となっている比重が大きいという特徴を活かすのであれば何といってもショアジギングでしょう。

ショアジギングでは、狙ったポイントにキャストするので、飛距離が釣果につながることがしばしばあります。
タングステンジグは、比重が重く、シルエットを小さくできるので、キャストの際に風や空気の抵抗も受けにくく飛距離が稼げ、狙ったポイントに正確にキャストすることができます。

オフショアジギングでも活躍する?

ショアジギングの他に、オフショアジギングでもタングステンジグは活躍します。
船での深場のジギングを行なう際に、シルエットが小さいというのはとても有利に働きます。
深場にメタルジグを落とし込みただ巻きや、シャクリを行なう際にも、シルエットが小さいと圧倒的に水の抵抗が小さくなり、必要な力が少ないので疲れが軽減されます。

シルエットの小さなメタルジグは、深い場所でも、魚がヒットすることが多くタングステンジグはおすすめです。

スポンサーリンク

タングステンジグの重さの選び方

シマノ(SHIMANO) メタルジグ 熱砂 スピンビームTG 68mm 42g クリアピンクイワシ 05J OO-242P ルアー

タングステンジグの重さの選び方について、重さ毎に解説していきます。

【20g】のタングステンジグの特徴

20gのタングステンジグは、軽い部類に入ります。

キャスティングで飛ばせる距離はロッドの長さやタックル、アングラーの体力にもよりますが、例えば9ftのライトショアジギング用のロッドを用い一般的な体力の成人がキャストした場合、20gのタングステンジグは40m〜50mキャストできることになります。

岸から50m程度となると、比較的浅瀬でのジギングがメインとなります。
オフショアジギングの場合にも、軽いのであまり深い水深まで落としこむことはできず、10mの深さにいる魚がターゲットとなります。

比較的小型の青物やサバやアジ、小型のフラットフィッシュなどがターゲットとなり、タックルと合わせ初心者向けの重さといえます。

【30g】のタングステンジグの特徴

30g〜40gはライトショアジギングではメインの重さとなります。
飛距離は20gの時と同じ考えでいくと70mから80m程度、水深は15m〜20m位を狙うことができます。

重さが30gとなると、飛距離といい水深といい、中型から大型の青物やフラットフィッシュなどが狙える重量となります。

【60g】のタングステンジグの特徴

60gのタングステンジグは飛距離で言うと100m前後、水深は30m〜40mにいる魚を狙うことができる重さです。

潮の早い場所でも使用することができ、大物狙いをする際に使用する重量です。
中型から大型の青物、遠投して沖にいる大型のフラットフィッシュなども狙うことができます。

【80g】のタングステンジグの特徴

80gとなるとキャスティングで振り抜くには相当の腕力が必要です。
重さに負けてかえって飛ばせないこともあり、オフショアジギングでの使用がメインとなります。

岩場などでのショアジギングでは海流に負けない重さを持っているので、流れの激しいポイントでは重宝します。

水深は40m近くまでおろしても、海流に負けない重量を持っており、数を狙うよりも大物を狙うのがメインとなります。

【150g】のタングステンジグの特徴

150gのメタルジグは水深が70m〜100m程度の水深まで使用することができ、大物も狙うことができます。

大物狙いでここ一発というときには、150gのタングステンジグを用いましょう。
なおロッドには適したルアーの重量があり、H.P.などでも紹介されています。
事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめタングステンジグ2選!

ハヤブサ(Hayabusa) メタルジグ FS426 バーサタイルメタルジグ ジャックアイ TG 80g #5 FS426

2020年新作のおすすめタングステンジグ2選をご紹介します。

【ダイワ】ソルティガ FKジグTG

タングステンジグの特徴である高比重を活かした小型モデルで、フォールする際のフラッシング性能を高めたモデルです。

合わせて、強度があるので、従来のメタルジグに無い薄型化に成功し、引き抵抗を抑えています。

【メジャークラフト】ジグパラバーチカルTG

コンパクトなシルエットで、ベイトが小型な場合や、プレッシャーの大きな条件で力をハックするタングステンジグです。

ワンピッチジャークや、ただ巻きなどのアクション、そしてフォールでも、効果的に魚をおびき寄せる万能な形状をしています。

スポンサーリンク

【コスパ最強】タングステンジグ人気5選!

ダイワ(DAIWA) アジング メバリング 月下美人 プリズナーTG 5g ブルピン ルアー

タングステンジグで人気のある製品5選をご紹介します。

【ジャッカル】ラスパティーンTG

飛距離がストレスなく稼げることで定評のあるジャッカルのタングステンジグで、人気があります。

小型ながら薄肉形状となっており、ボディ形状はとても絶妙に魚を誘います。
アシストフックを標準装備しています。

【シマノ】熱砂 スピンビームTG

タングステンコンポジットを採用し、メタルジグ後部に重心をおくことで、誰がキャスとしても十分な飛距離が期待できます。

海底に着いたら、ただ巻きするだけで、少し浮いた状態をキープしながらターゲットを誘います。

【ハヤブサ】ジャックアイTG

タングステンを素材としており、高い比重でいち早く底取りができ、さらに小さなシルエットは小型のベイトを捕食する魚を誘います。

ルアー重量は30g、40g、60g、80g、100g、120g、150gと多く提供され、重量毎にカラーも複数あるので状況に応じた重量選択やカラー選択が可能です。

【ダイワ】月下美人 プリズナーTG

アジングやメバリングなど小型の魚に対応したタングステンジグで、飛距離も稼げる小型で重みがあります。

非対称のセンターバランスデザインは、フォールの際に絶妙な動きでターゲットを誘ってくれ釣果につながります。

【スミス】TG チビマサムネ

タングステンコンポジットを採用し、センターバランスで短いボディを採用し、沈下速度を早めました。

フォールの際に、ゆっくりとしたタイミングでフラッシングを発生させる形状で、ベイトの動きを再現しています。

スポンサーリンク

タングステンジグの仕掛けの付け方

スミス(SMITH LTD) メタルジグ ルアー TG チビマサムネ 90mm 100g グラデイワシ #10

タングステンジグの仕掛けの付け方について解説します。
タングステンジグはメタルジグの中に入るので、仕掛けの付け方は基本的にはメタルジグと同じで、タングステンジグに特有のやり方はありません。

頭の部分にアイと呼ばれる金属の輪があるので、その部分にラインを直接結ぶかあるいはラインの先のスナップなどを接合します。

フックを付ける場合には、一度スプリットリングにフックを取り付けておきメタルジグのアイの部分に取り付けます。

youtubeの動画を参考にしてみてください。

メタルジグの付け方を動画で簡単解説!

スポンサーリンク

タングステンジグの使い方・アクション

ダイワ(DAIWA) メタルジグ ソルティガ FKジグ TG 180g PHアカキングローヘッド ソルティガFKジグTG ルアー

タングステンジグを用いたルアーフィッシングのアクションについて解説します。
ショアジギングの場合には、ワンピッチジャーク、リフト&フォール、ただ巻きなどが基本です。

ワンピッチジャークは、海底にタングステンジグを落としたら、ロッドをしゃくります。
しゃくると同時にリールを巻くという動作ですが、この動作は10回程度繰り返したら、タングステンジグを海底に落とすという繰り返しです。

リフト&フォールはワンピッチジャークに近いのですがしゃくりを2~3回繰り返すことです。

ただ巻きは、タングステンジグをキャストして、沈み始めたらターゲットのいる層で、リールを巻くことです。

ただ巻きを基本としたタングステンジグを用いたルアーフィッシングの一例をyoutube動画で紹介しますので参考にしてみてください。

俺の釣り by HHF TGベイトで狙え‼︎ ショアマダイ

スポンサーリンク

タングステンジグのまとめ

メジャークラフト ジグパラ バーチカル TG 60g JPVTG-60#003 レッドゴールド #3レッドゴールド

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめタングステンジグ7選!タングステンジグの特徴やメリットを解説」というテーマに沿って、「タングステンジグとは?」「タングステンジグのメリット」「タングステンジグがおすすめの釣り」「タングステンジグの重さの選び方」「【2020年新作】おすすめタングステンジグ2選!」「【コスパ最強】タングステンジグ人気5選!」「タングステンジグの仕掛けの付け方」「タングステンジグの使い方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】釣れるおすすめのメタルジグ7選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
【2020年】ジグヘッドおすすめ10選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ…
【2020年】ラバージグおすすめ10選!選び方やおすすめのタックルもご紹介【バス釣り】
ラバージグは、バス釣りや、クロダイ・根魚釣りなどの海釣りで大活躍のルアーです。今回、釣りラボでは、ラバージグの種類や選び…
【2020年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング7選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選…
アジング用メタルジグおすすめ5選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説
メタルジグは、アジングにおいて欠かせない仕掛けの一つです。今回、釣りラボでは、アジング用のメタルジグを使うメリットや選び…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン