ペン型ロッドおすすめ3選!メリット・デメリットや改造方法も解説!

ペン型ロッドとは、その名の通りペンのようにコンパクトなロッドです。うまく使いこなせば、アジングなどに向いています。ただ、そのまま使っては耐久性が低いのが玉にキズ。今回、釣りラボでは、おすすめの人気商品や、改造方法を紹介していきます。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

ペン型ロッドってどんなロッド?

ダナイブロス「ベイトキャスティングリールset」 ((リール:ブラック)+(ロッド:ブラック))

ペン型ロッドと聞いてピンとくる方はあまりいないかもしれません。
ペン型ロッドとはその字の通り、収納時に20cm程度のペン程のサイズに収納できるロッドのことです。

学校で先生が使っていた指示棒のように段階式に伸びていくロッドです。
専用のリールがセットになっていることも多く、ラインと仕掛けをセットするだけで簡単に釣りを始めることができます。

使い方としては、特に海釣りの場面ではテトラの隙間を狙った穴釣りで大活躍する釣り竿です。

ペン型ロッドのメリット

ペン型ロッドのメリットは大きく3つです。
持ち運びに便利、安価で購入できる、狭い場所で使えるの3つです。

まず持ち運びですが、とにかくコンパクトに収納できます。
ロッド自身は20cm程で、リールも手のひらサイズなのでミニバッグ一つあれば釣りに出かけられるという手軽さがペン型ロッドのメリットです。

次に価格ですがペン型ロッドの多くは2,000円前後と非常に安価に購入することができます。
リールもセットされている場合が多いので、安価にペン型ロッドの楽しさを味わうことができます。

最後に狭い場所での使用です。
ペン型ロッドは伸ばしても非常にコンパクトであるため、藪こぎエリアで周りを気にすることなく釣りをすることができます。

ペン型ロッドのデメリット

コンパクトに持ち運べて安価なペン型ロッドですが2つのデメリットが存在します。
釣り場を選ぶことと、耐久力に不安が残る点です。

ペン型ロッドはロッドが短く、ラインもそんなに多くは巻けません。
そのため遠投することは難しく、高低差のある釣り場でも使えないといデメリットがあります。

また構造上の問題でもありますが、しなって衝撃を吸収するということが苦手です。
ですので、思わぬ力がかかると折れてしまう危険性があるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【コスパ最強】ペン型ロッドおすすめ3選

LIXADA ペン型ロッド スピニングリール 釣りロッド 魚竿 渓流竿 万能竿 超軽量 持運び便利 伸縮可能 携帯型 釣り用 初心者釣り 上級者釣り 1M / 1.4M 色/サイズ選択可

ペン型ロッドは数多くのメーカーから発売されています。
中には聞いたことのないようなメーカーから発売されていることもあり、選ぶのに迷ってしまいがちです。

そこで、おすすめのペン型ロッドを3種類紹介します。
どれもコストパフォーマンスの良いロッドとなっていますので興味がある方はぜひ購入して試してみてください。

【ダナイブロス】ペン型釣竿 ベイト

ペン型ロッドの中でも高級で最高峰と呼び声高いのがダナイブロスのペン型ロッドです。
少し高価ではありますがその分耐久性も高く、飛距離も出るハイエンドモデルと言えるペン型ロッドです。

種類は各種ありますがおすすめはベイトリールがセットとなったこちらの商品です。

【LIXADA】ペン型ロッド スピニングリール

LIXADAが発売するペン型ロッドは伸ばした際に1mのものと1.4mものを選ぶことができます。
ペン型ロッドで1.4mの長さはなかなかないので、ペン型ロッドであっても少しは投げたいという方は長いものを選ぶと良いでしょう。

【SANLIKE】コンパクト ロッド

SANLIKEが発売するコンパクトロッドもペン型ロッド同様に携帯性に優れたロッドです。
収納時43cmと少し大きめですが、一般のリールを取り付けることができるので釣りのフィールドを拡げることができるロッドです。

スポンサーリンク

ペン型ロッドの改造方法

サンライク(SANLIKE) コンパクトロッド 釣り竿 初心者 2.1M サビキ 竿 伸縮 釣竿 携帯型 投げ竿 ルアー釣り ルアーロッド トラウト ちょい投げ 振り出しロッド 釣り入門 軽量 釣り具

ペン型ロッドを使いながらも、もっと釣りの幅を広げようと改造にチャレンジしている人も数多くいます。
ここで少しだけペン型ロッドの改造方法を紹介します。

PEラインで改造する

ペン型ロッドを使った場合、リールのライン容量が足りずに遠投ができないというデメリットがあります。
それを少しでも解消するためにPEラインを巻くという方法があります

他のラインと比べて細いラインであるPEラインを巻くことでペン型ロッドであるライン容量の弱点を消すことができます。

ベアリングを改造する

ペン型ロッドを購入した際にセットになっているリールは通常一般的に売られているリールと比べて安価に設計されています。
ベアリングを追加することによってペン型ロッドの弱点である巻いても全然巻ききれないという弱点が解消されます。

安価であるため自分の使いやすいように思い切って改造できることもペン型ロッドのメリットですね。

スポンサーリンク

ペン型ロッドのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ペン型ロッドおすすめ3選!メリット・デメリットや改造方法も解説!」というテーマに沿って、

  • ペン型ロッドってどんなロッド?
  • 【コスパ最強】ペン型ロッドおすすめ3選
  • ペン型ロッドの改造方法

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド15選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】おすすめシーバスロッド8選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2021年】おすすめアジングロッド13選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2021年】おすすめのショアジギングロッド13選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン