【2021年】エギング用ショートロッドおすすめ8選!メリットや選び方、特徴を解説

エギングでロングロッドかショートロッドを使うかはそれぞれ場面によって有用性が違うので適切にチョイスすることがおすすめです。今回、釣りラボでは、エギングでショートロッドを使うメリット・選び方・おすすめロッドについて詳しく紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

エギングロッドはショートorロングどちらがおすすめ?

エバーグリーン(EVERGREEN) インペリアル ラッシュジャーク NIMS-75MH

釣って良し・食べて良しのイカが釣れるとあって近年人気になっている釣りがエギングです。
しかし、エギングのタックルを揃えるにあたってロッド選びに悩む人が増えています。

大きく悩むポイントとして、エギングロッドはロングがいいのかショートロッドがいいのかというポイントです。
エギングで一般的に標準とされている長さは8.6フィートとされています。

標準からより長いロングロッドが良いのか、ショートロッドが良いのかは釣り人にとって気になるところだと思います。
ロングロッドとショートロッドがそれぞれ有効な場面を簡単に紹介します。

ロングロッドが有効な場面

エギングの世界では9フィート以上のロッドをロングロッドと呼びます。
ロングロッドが有効な場面はどのような場面なのでしょうか。

簡単にまとめますので、エギング等のロングロッドを考えている方は参考にしてみてください。

  • 手前にテトラなどの障害物があり、遠投したい場面
  • 釣り人が多く、より大きなエギングアクションを取りたいとき
  • 大物狙いと決め打ちで狙うエギングの場面

ショートロッドが有効な場面

ロングロッドが有効な場面もあれば、ショートロッドが有効な場面も存在します。
エギングでショートロッドが有効な場面を簡単にまとめます。

  • 初心者でしゃくり方に慣れていない時
  • 長時間の釣りを行う場面
  • 常夜灯が近くにあり、ポイントが分かっている場面
スポンサーリンク

エギングでショートロッドを使うメリットは?

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) メビウス 710L

エギングでは長めのロングロッドを使う釣り人が多くいるのが現状です。
その中であえてショートロッドを使うメリットを紹介させていただきます。

それぞれのメリットを知ってエギングでショートロッドを使ってみようとする方の参考になればと思います。

エギが操作しやすい

エギングでショートロッドを使うメリットは何と言ってもエギの操作性の高さです。
ロングロッドではその長さでアクションが吸収されてしまうことがありますが、ショートロッドではロッドアクションがエギにダイレクトに伝わります。

エギングはシャクリアクションを多用する釣りでもあります。
ですので、初心者のようにシャクリアクションに慣れていない方にとっては、よりアクションを起こしやすいショートロッドを選ぶほうが良いでしょう。

感度がいい

エギングでショートロッドを使うメリットとして、感度の良さもポイントの一つです。
短い分感度が上がるので、子イカのような繊細なアタリもしっかりと捉えることができます。

また、エギングの世界ではエギの動きや潮の動きををロッドを通して感じることが大切とされています。
特にシャローエリアや手前を攻めるエギングではショートロッドが大活躍するでしょう。

軽くて疲れにくい

ロングロッドに比べて軽くて疲れないという点もエギングでショートロッドを使うメリットとなります。
エギングでの釣りは絶えずキャストアンドアクションを繰り返す釣りです。

ロッド自体の重さも長時間ロッドを操っているとじわじわと釣り人の体力を奪うものです。
ロングロッドに比べて軽量なショートロッドは当然ながら釣り人に与える負担も軽く、長時間のエギングに向いているロッドと言えます。

風に左右されない

釣り場の風に左右されないというのもエギングでショートロッドを使うメリットの一つです。
エギングで使う餌木はメタルジグなどと比べて軽量なため、遠投をした際に風の影響を受けるという特徴があります。

ロングロッドを使ったエギングは遠投を多用することから風の影響を大きく受けます。
対してショートロッドは飛距離を求める場合が少ないため、風の影響が受けにくいというメリットがあります。

風の強い日のエギングはショートロッドと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

エギングでショートロッドを使うデメリットはある?

オリムピック グラファイトリーダー 20カラマレッティー GCALS-7102M

一方でエギングでショートロッドを使うデメリットも存在します。
簡単にまとめますので、参考にしてみてください。

  • 足元に岩礁帯などがある場合は釣り上げるのに苦労する
  • 飛距離が出ない分、狙えるエリアが限られる
  • 大型のイカがかかった場合、パワー負けしてしまう場合がある
スポンサーリンク

失敗しない!エギングロッドの選び方

テイルウォーク(tailwalk) エギスト SSD 79L

エギングを楽しむにあたってどのようにエギングロッドを選べばよいのか悩んでいる方も多いと思います。
ここで失敗しないエギングロッドの選び方を紹介したいと思います。

次のエギングロッド選びに悩んでいる方、新しくエギングロッドを購入しようと考えている方は参考にして頂ければと思います。

ロッドの長さで選ぶ

エギングロッド選びで一番重要なのが長さです。
足元にテトラがあるような遠投メインのエギングではロングロッドの方が良いです。

逆に常夜灯の位置がしっかりと把握できてポイントが近場の場合は、機敏にアクションができるショートロッドの方が向いています。
行く釣り場に合わせてロッドの長さを決めましょう

ロッドの硬さで選ぶ

ロッドの硬さで選ぶという方法もあります。
ロッドの硬さは使う餌木の大きさによって選ぶと良いでしょう。

餌木の大きさは2号~4号が多く、8フィート前後の一般的なロッドは3号の餌木をキャストするように設計されています。
2号をキャストしたい場合はショートロッド、4号以上の大きな餌木をキャストしたい場合はロングロッドと覚えましょう。

ロッドの重量で選ぶ

ロッドの重量はエギングロッド選びに重要なポイントです。
エギングは餌木をいかに生きたエサに見せるかが重要な釣りです。

ですのでアクションを繰り返し続ける必要があります。
軽いロッドの方がアクションを長く続けることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

エギング用ショートロッドのおすすめ6選

GAN CRAFT(ガンクラフト) バイオレンスジャーク 7.2ft チタン GC-VJMS72-00

ここでおすすめのエギング用ショートロッドを6つ紹介します。
エギング用のショートロッドを検討している方は参考にしてください。

【エバーグリーン】インペリアル ラッシュジャーク

エバーグリーンのラッシュジャークはショートロッドの弱点である大きな餌木を投げにくいという点を解消するロッドです。
3.5号の餌木でもしっかりと受け止めるパワーを持っています。

【ヤマガブランクス】メビウス 710L

メビウス710Lはショートロッドながらも良く曲がり、飛距離もしっかりと出せるロッドです。
手を出しやすい価格でもあるのでコストパフォーマンスに優れた一本です。

【オリムピック】カラマレッティー GCALS-7102M

オリムピックが2020.年に新作として発売したカラマレッティーは何と言ってもその軽さが特徴です。
83gという自重の軽さが長時間のアクションをサポートしてくれます。

【テイルウォーク】エギストSSD 79L

ショートロッドらしく2.5号の餌木を使用するように設計されたモデルです。
小型のイカでもバラしづらいモデルです。

【ガンクラフト】バイオレンスジャーク

ガンクラフトが大型アオリイカを釣るために専用設計したのがバイオレンスジャークです。
狙ったところにキャストし、狙ったアクションを起こすということを重要視した結果のショートロッドです。

【カンジインターナショナル】ストリームブースター

ショートロッドながらガイドが12個もついていることでラインがスムーズに出て飛距離に繋がります
また、感度の良さが抜群で繊細なアタリもしっかりと合わせることができます。

スポンサーリンク

【2021年最新】エギング用ショートロッドのおすすめ2選

カンジ EXR-710 ストリームブースター 2019年限定カラー:シャンパンゴールド

エギング用のショートロッドが最近ブームになりつつあります。
そのブームもあって各メーカーが新商品開発に力を入れています。

ここでは、2021年シーズンに向けて、2020年に新作として発売されたエギング用のショートロッドを紹介していきます。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 75MLM

ダイワの2020年新作エギングロッドのエメラルダスは史上最軽量モデルとなりました。
特に75MLMは76gと驚異の軽さで手返しの良いランガンエギングを楽しむことができます。

【シマノ】セフィア リミテッド ティップエギング

シマノのエギングロッドとして有名なセフィアも2020年に生まれ変わりました。
前モデルから軽く細くなったことで取り回しが良く、潮の流れを敏感に捉えることができます。

スポンサーリンク

エギング用ショートロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 75MLM・R 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】エギング用ショートロッドおすすめ8選!メリットや選び方、特徴を解説」というテーマに沿って、

  • エギングロッドはショートorロングどちらがおすすめ?
  • エギングでショートロッドを使うメリットは?
  • エギングでショートロッドを使うデメリットはある?
  • 失敗しない!エギングロッドの選び方
  • エギング用ショートロッドのおすすめ6選
  • 【2021年最新】エギング用ショートロッドのおすすめ2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド9選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ10選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…
【2021年】上級者向けのエギングロッドおすすめ8選!こだわりの選び方も解説
エギングに慣れてきたら、ロッドも買い替えてさらに釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、上級者向けの最高峰エギングロ…
エギングロッドでアジングはできる?アジングロッドとの違いや選び方も解説!
エギングロッドは万能で様々な釣りに対応しているので、アジングで使うこともできます!今回、釣りラボでは、アジングロッドとエ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン