電車結びの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】|巻き回数

電車結びは、PEラインとリーダーの結束方法としてよく使われますが、その強度はどれくらいなのでしょうか?今回、釣りラボでは、電車結びのやり方から、メリット・デメリット、強度に関する考察まで幅広く電車結びに関してご紹介します。ぜひご覧ください。

初心者
スポンサーリンク

電車結びとは?

出典:写真AC

電車結びとは2本の異なるPEライン同士やリーダー、仕掛けなどをつなぎ合わせる結び方です。

簡単で素早く結ぶことのできる結び方で、主に海でのライトな釣りの時に用いられることが多く、基本的な結び方として知られています。

電車結びのメリット・デメリット

電車結びは、初心者がまず覚えるべきと言われる結び方です。

初心者がまず覚えるべきと言われるだけあり、結ぶのが簡単であることや、結ぶために別の器具がいらないといった手軽さが電車結びのメリットとされています。

その一方で結び目のコブが大きく、飛距離が落ちることや、強度が他の結び方に劣るといったデメリットもあります。

メリット:初心者でも簡単で覚えやすい

一番大きなメリットとしてあげられるのは、やはり簡単で覚えやすいことです。
非常に単純な結び方となっており、覚えてしまえば1分もかからずにできてしまいます。

また風が強い日や海上、暗い場所でも素早く結べるため、時合いを逃がすリスクも少なくなります!

デメリット:強度が少し弱い

デメリットとして一番にあげられるのが、強度が他のFGノットなどと比べると劣ってしまうことです。
しかし、強度に関して充分だと言う意見も多くあるので、後ほど詳しく説明したいと思います。

スポンサーリンク

電車結びのやり方(動画付き)

出典:写真AC

  1. 二つの糸を平行に置き、片方は先端が右向き、もう片方は先端が反対を向くようにしてください。
  2. 片方の糸で輪っかを作り、輪の中に両方の糸を巻き込むようにして5回前後巻きつけ、結び目をつけてください。
  3. 今度はもう一方の糸で同じことをします。
    この時、巻き込むようが同じになるようにしてください。
  4. 両方に結び目ができたら、両方の糸を左右に引き結び目が連結されたら電車結びの完成となります!
  5. 最後に左右ので余った糸を切り、整えてください。

もしこの手順でわからない場合は、簡単に説明されている動画があるので参考にしてみてください。

【結び方】初心者必見!釣り糸の結び方電車結び編【釣りの楽しさを伝える動画】
スポンサーリンク

電車結びの強度について

出典:写真AC

電車結びは他の結び方より強度が落ちると言われることが多いです。
しかし、その強度の弱さは決して使い物にならないレベルではありません。

ショアからの釣りや、ライトソルトゲームを行う際は、よほどの大物がかからない限り切れることはほとんどありません。
実際に、電車結びでラインやリーダーが切れてしまうのは根掛かりが起こってしまったケースが多いです。

この点においてはやはりFGノットやそのほかの結び方に比べて強度は劣ってしまうので、くれぐれも根掛かりには注意が必要です。

しかし、初心者であれば根掛かりの時にある程度の力で切れる方が竿に大きなダメージを加えなくて済んだり、手で掴もうとして手をラインで切ってしまう心配もないので安心と言う意見もあります。

では、ここから具体的な強度面での疑問について書いていきます。

すっぽ抜けることはある?

釣りをしている際に、電車結びがすっぽ抜けるということはほとんどありません。

しかし、結び目を締める際に勢いよくやりすぎると摩擦熱によってラインやリーダーが傷んでしまう可能性があり、簡単に切れたり抜けたりする可能性があります。

対策としては、結び目を締める時に水で少しラインを湿らせてからゆっくりと締めていくようにすることが挙げられます。

また、結び目同士を連結させるまで力一杯締め過ぎず、仮結びにしておき、最後にしっかりと締め直すことでも摩擦が軽減され切れにくくなります。

エギング・シーバス釣りであれば問題ない

エギングやシーバス釣りを行う際は、電車結びで全く問題ないと思います。
実際にエギングでは2キロ後半から3キロに迫るイカを釣り上げたと言う報告も数多くあります。

またシーバスであっても、釣り上げる分には十分な強度があり、切れてしまう心配や抜ける心配はほとんど必要ありません。

>>>こちらの記事も読まれています
エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

タイラバ・ジギングも電車結びで大丈夫?

電車結びでタイラバやジギングを行うことに関しては、賛否両論あります。

タイラバやジギングをしている時に思いがけない大物がかかった時に切れてしまうことがあるため、大物がかかったら切れても仕方がないと割り切れるかがポイントになりそうです。

大物がかからない限りは、強度面では十分な力を発揮できるといえます。

また、一回切られてしまっても比較的リカバリーが早くできるので、一度切られてしまった後などに利用するのも有効です。

>>>こちらの記事も読まれています
ジギングの始め方|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】

>>>こちらの記事も読まれています
鯛ラバ(タイラバ)の釣り方入門|仕掛け・タックル・ロッド【初心者必見】

巻き回数によって強度は変化する?

電車結びの際の巻回数での強度の変化ですが、ある一定以上では効果が見られないことがわかっています。

そして、強度が一番強いとされている巻き回数は5回です。

巻き込み回数が5回未満だと締め込みは楽ですが、単純に強度が弱いです。
しかし、その一方で6回以上巻きつけると締め込みが硬くなりスムーズに締め込むことができなくなってしまいます。

また、多く巻きつければつけるほど、結び目も大きくなりトラブルの原因となりやすくなってしまいます。
これらの丁度良いあんばいが、巻き回数5回であり、一番強度が強いとされています。

より簡単で強度の強い結び方はある?

電車結びより簡単かつ強度の強い結び方はあるのでしょうか?

電車結びに変わる、より簡単でより強度の強い結び方としてあげられるのは、ファイヤーノットです。
ファイヤーノットも覚えてしまえば覚えてしまえば電車結びと変わらず1分前後で結べます。

そして強度は約10%程度ですが強いです。
つまり、電車結びと同等程度の難易度であるにも関わらず強度が強く、上位互換だとされることも多いです。

また、電車結びの強度を上げるため、ダブル電車結びというものもあります。
これは先端を折り返し、二重にラインをしてから電車結びを行うというものです。

こちらも通常の電車結びより強度が上がるため、試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

電車結びについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「電車結びの強度は弱い?簡単で強い結び方をご紹介【初心者必見】|巻き回数」というテーマに沿って、「電車結びとは?」「電車結びのやり方(動画付き)」「電車結びの強度について」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣りにおすすめの車5選|コンパクトカー・軽自動車・カスタム・ステッカー
釣りをする時に、大活躍する車。今回、釣りラボでは、釣りに最適な車の選び方やおすすめの車種、そして内装のカスタム方法や車内…
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
釣り初心者のための基礎知識 |釣り方・おすすめ道具・関東の釣りスポット
釣り初心者にとって、具体的な魚の釣り方や必要な道具など疑問に思う点が多いですよね。今回、釣りラボでは、そんな釣り初心者…
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックルの選び方|バッカンもご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…