【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も

ダイワのエギングロッドは、エギングをするならぜひ1本は持っておきたい商品です。今回、釣りラボでは、ダイワのエギングロッドの特徴、おすすめのダイワのエギングロッド、2021年シーズンに向けた新製品のダイワのエギングロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿 エギング
スポンサーリンク

ダイワのエギングロッドの特徴

ダイワ(DAIWA) 21 エメラルダス ストイスト RT 84M

この項では、ダイワのエギング用ロッドについて解説して行きます。
その前に、まず、エギングロッドに求められる特性について説明します。

軽量であること

エギングでは、一日中ロッドを大きくシャクるという動作をします。
そのため、重いロッドでは身体への負担が大きく、長続きしません。
リールの選定とともに、ロッドも軽さにはこだわりたいです。

しなやかでハリのあるロッドであること

エギングは、エギをいかにキビキビと水中を泳がせるかが釣果のキモです。
ピョンピョンとキレのある素早い動きでイカに興味を持たせ、フォールで襲いかかるスキを与えてエギを抱かせます。
そのため、しなやかでハリのあるロッドが必要です。

感度の良いティップを持っていること

イカのアタリは非常に繊細で、ラインの僅かな違和感を見極めてアワセます。
いきなりエギをガッチリ抱いてくるようなことは少なく、警戒しながらそっと抱いて来ます。
しっかりエギを抱いてくればロッド出あたりを十分感じられますが、興味を示して触腕を伸ばしてエギにタッチしてくる、いわゆるイカパンチを捉えるため、感度の良いソリッドティップを持っているロッドが理想です。

高性能のガイドがついていること

エギングは、メインラインに細いPEラインを使います。
そのため、ラインに傷がつかないように硬い素材で、かつ摩擦抵抗の少ないガイドリングを採用したガイドがついていないと、ラインを傷つけてしまったり、飛距離が出なかったり、様々なトラブルが発生します。
また、ガイドフレームの形状が、PEラインが絡みにくい設計ものが採用されていることも大変重要です。

ダイワのエギングロッドの特徴

ダイワのエギングロッドには、これらをすべて満たす最高級グレードから、手軽に手に入りつつ、基本性能をきちんと抑えたエントリーグレード品まで、多数のエギングロッドがラインアップされています。
ラインアップされているモデルの数はダイワが随一です。

エメラルダスシリーズ

ダイワが提案するエギングタックルのトータルブランド名が「エメラルダス」です。
ロッドの構造やイカの釣法によってシリーズが細分化されています。

  • アウトガイドモデル
  • インターラインモデル
  • ボートエギングモデル
  • イカメタルモデル

リバティクラブ エギング

軽さや、捜査性、感度などのバランスがよく、大変コスパの良いロッドがリバティクラブエギングです。
エントリーモデルでありながら、中級者以上の要求にも応える潜在能力があります。

スポンサーリンク

ダイワのエギングロッドおすすめ人気8選

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 86M・R 釣り竿

ここから、ダイワのエギングロッドの中からおすすめを紹介して行きます。

【ダイワ】エメラルダス ストイスト RT 84M

エメラルダスシリーズの最高峰ロッドのストイスト RT。
RTはRacing Tuneの略で、競技用ロッドとして最高級の性能を誇るプレミアムロッドです。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 86M

軽さを極め、エギング用ロッドに求められる機能をほぼ全て網羅した、汎用エギングロッドの上位モデルです。
HVF(High Volume Fiber)カーボン、AGS(Air Guide System)など、軽さ、高感度、高剛性を体現したモデルです。

【ダイワ】エメラルダス MX・E 83ML-S・E

感度の向上と糸絡み解除機構を搭載したチタンフレームKL-Hガイド、カーボンファイバーと樹脂の分散が均一で、あらゆる方向からの力に対し飛躍的な耐性を持ったメガトップソリッドティップなどを備え、基本機能充実の高機能モデルです。

【ダイワ】エメラルダス 86MH・V

カーボンテープでブランクスをX上に締め上げ、剛性を上げたブレーディングX、オールSiC・Kガイドを備え、基本機能を充実させた、人気ランキング上位の高コスパモデルです。

【ダイワ】エメラルダス X 89M

エメラルダスVよりもさらに安いロッドではありますが、基本性能はしっかり抑えられています。
エメラルダスのエントリーグレードとして大変人気があります。

【ダイワ】エメラルダス 72M-S BOAT

ティップランを始めとしたボートエギングに最適なロッドです。
取り回しの良さと、モンスターサイズのイカを一撃で仕留めるパワーを併せ持っています。

【ダイワ】エメラルダス IKAMETAL 76ULS-S IM

メタル素材の小型のスッテを使い、ごく小さなアタリを逃さず素早くイカを掛けていくイカメタルゲームに特化したインターラインロッドです。
全身が高感度に仕上げられており、ヤリイカやスルメイカ、ケンサキイカをターゲットにしています。

【ダイワ】リバティクラブ エギング 862M

ダイワのエギングロッドで最も安価なラインですが、エントリークラスとは思えない細部の仕上げの美しさは特筆すべきものがあります。
エギングのみならず、ジギングやちょい投げにも使える汎用性も魅力です。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのダイワのエギングロッド2選

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス MX・E 83ML-S・E 釣り竿

最後に、2021年シーズンに備えて、2020年以降に発売された、ダイワの最新エギングロッドを紹介します。

【ダイワ】エメラルダス ストイスト RT IL 81M

エメラルダスシリーズ最新の、インターライン(中通し式)のエメラルダス最高峰モデルです。
キャスタビリティ、感度、剛性、シャクリやすさなど、全ての特性がエギングに最適化されています。

【ダイワ】エメラルダス AIR AGS 74MMH・R

自重76gという、驚異の軽量ロッドです。
木森直樹氏監修の、強めのアクションで音を出しながらアピールするサウンドジャークを得意とする高反発モデルです。

スポンサーリンク

ダイワのエギングロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス・V 86MH・V 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ダイワのエギングロッドおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品も」というテーマに沿って、

  • ダイワのエギングロッドの特徴
  • ダイワのエギングロッドおすすめ人気8選
  • 【2021年新作】おすすめのダイワのエギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
エギングロッドは何でも使える万能竿?2021年最新のおすすめ万能ロッド9選と選び方をご紹介
エギングロッドは、エギングだけでなく、実に様々な釣りで活躍する万能竿です。今回、釣りラボでは、エギングロッドが活躍する場…
【2021年最新】初心者向けのエギングロッドおすすめ10選!人気のメーカーも紹介!
エギング初心者にとってロッド選ぶは種類が多すぎて迷ってしまいます。ロッドは釣果に直結するので、失敗して購入したくないです…
シーバスが狙えるエギングロッド6選!選び方やシーバスロッドとの違いも解説
エギングロッドはシーバスも狙える万能なロッドです。そこで今回、釣りラボでは、エギングロッドとシーバスロッドの違いや、シー…
【2021年】上級者向けのエギングロッドおすすめ8選!こだわりの選び方も解説
エギングに慣れてきたら、ロッドも買い替えてさらに釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、上級者向けの最高峰エギングロ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン