【2021年】コスパ最強の安いショアジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も

値段の安い、それでいて品質の高い、いわゆるコスパ最強のショアジギングロッドはあるのでしょうか?今回、釣りラボでは、コスパ最強の安いショアジギングロッドの特徴、おすすめのコスパ最強の安いショアジギングロッド、2021年シーズンに向けた新製品のコスパ最強の安いショアジギングロッドをご紹介します。

ジギング ロッド・釣竿
スポンサーリンク

コスパ最強の安いショアジギングロッドの選び方

タカミヤ(TAKAMIYA) REALMETHOD SHORE JIGGING-GRII 100MH

コスパ最強の安いショアジギングロッド選び方について解説します。
価格のわりに高機能なコスパの良いロッドは、各メーカーから提供されています。
メーカーのH.P.やカタログなども参照し、コスパの良いものを選択してみてください。

選ぶポイント1:長さで選ぶ

ショアジギングロッドの長さは、短いもので9ft、長いもので11ft台までとなります。
ショアジギングを行うポイントや、長いロッドを振ることができるかなど、自分の体力などと相談して決めましょう。

扱いやすいショアジギングロッドの長さは、9ftから10ft程度となり初心者向けとしては万能の長さです。
遠投が必要な場合には10ftから11ftを選んでおくと良いでしょう。

選ぶポイント2:硬さで選ぶ

ショアジギングロッドの硬さは、LからXHまで様々です。
一般的にはロッドの長さが長くなり遠投を意識する場合には硬めのロッドを選んでおきましょう。

また使用するメタルジグの重さや、狙う魚の大きさによっても適した硬さは変わってきます。

60g以上の重いメタルジグを用いる場合にはHを超えるショアジギングロッドがの硬さが良いでしょう。

軽めのメタルジグを用いる場合のショアジギングロッドの硬さは、MかMH程度を選択することをおすすめします。

スポンサーリンク

コスパ最強のショアジギングロッドおすすめ人気6選

メジャークラフト ファーストキャストショアジギング FCS-1002MH

ショアジギングのカテゴリーにはショアジギング、ライトショアジギング、スーパーライトショアジギングなどがあります。

はっきりとした規格があるわけではないのですが、ここでは最大メタルジグ重量60g超のショアジギングロッドをご紹介していきます。

その中でも、特にコスパ最強のショアジギングロッドおすすめ人気6選をご紹介します。

【タカミヤ】リアルメソッドショアジギングGRⅡ 100MH

タカミヤから発売されているコスパの良いショアジギングロッドで、新技術のリアルメソッドカーボンをブランクスに採用し、強く高い感度のロッドに仕上がりました。

100MHは最大メタルジグ重量100gで、遠投性能にすぐれ、かつ操作性も良好なショアジギングロッドです。

【メジャークラフト】ファーストキャストショアジギング FCS-1002MH

気軽にショアジギングを始めることができることをコンセプトとしたショアジギングロッドで、コスパもよく人気です。

1002MHは30gから80gまでの重さのメタルジグに対応しており、フィールドを選ばす使うことができおすすめです。

【メジャークラフト】ソルパラショアジギング SPX-962H

キャストフィールや操作性を向上させたショアジギングロッドで、中上級者から初心者まで使いやすい高いコスパでランキングにもあがることがあります。

SPX-962Hは、100gまでのメタルジグに対応し大型青物とのファイトにも耐えるバットパワーを持っています。

【プロマリン】ショアジグラウンダー 96MH

プロマリンから提供されているコスパの良いショアジギングロッドで、青物狙いに適する設計がされています。

96MHは2本継ぎのショアジギングロッドで、100gまでのメタルジグに対応するスピニングモデルです。

【タカミヤ】ファルケン R ウィズバレット 100H

中小型から大型の青物まで対応するバリエーションを持つ、高いコスパのショアジギングロッドでおすすめです。

100Hは最大のルアー重量が100gで、ブリ、ハマチ、イナダのほかに、ヒラマサ、ヒラメなどもターゲットです。

【シマノ】ソルティーアドバンスショアジギング 100H

ソルトでのルアーゲームに対応する28のバリエーションを持つ高コスパモデルで、上位機種譲りのブランクスを搭載しています。

100Hは100gまでのメタルジグに対応し、遠投性もあり、良型の青物をターゲットにしています。

ソルティーアドバンスには、メタルジグ重量MAX60gのライトショアジギング対応モデルもあります。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのコスパ最強ショアジギングロッド2選

メジャークラフト 2代目ソルパラX ショアジギングロッド SPX-962H 9.6フィート(約292cm)

2021年新作、おすすめのコスパ最強ショアジギングロッド2選をご紹介します。

【プロマリン】アーティコルサSJ 100MH

2021年新製品のプロマリンのショアジギングロッドで、初心者向けのコスパの良いモデルです。

100MHはメタルジグの最大重量80gまで対応し遠投に向いています。
操作性優れており、軽量にできておりおすすめです。

【ダイワ】ジグキャスター 96MH

2021新作のショアジギングロッドで、価格に比較して高機能でコスパは良好です。
最新の技術を投入しており、軽く疲れない高品質ブランクスも採用されています。

96MHはMAX80gのメタルジグに対応するショアジギングロッドで、中型までの青物を大将としています。

スポンサーリンク

コスパ最強の安いショアジギングロッドについてまとめ

プロマリン(PRO MARINE) CB ショアジグラウンダー 96MH

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】コスパ最強の安いショアジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も」というテーマに沿って、

  • コスパ最強の安いショアジギングロッドの選び方
  • コスパ最強のショアジギングロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのコスパ最強ショアジギングロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ショアジギングロッドおすすめ人気14選!ダイワ・シマノのコスパ最強商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2021年】コスパ最強の安いライトショアジギングロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品も
値段の安い、それでいて品質の高い、いわゆるコスパ最強のライトショアジギングロッドはあるのでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2021年】ライトショアジギングロッドおすすめ人気14選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
【2021年最新】ダイワのジギングロッドおすすめ9選!特徴や選び方も詳しく解説!
近年、手軽に大物が狙えるショアジギングが人気急上昇中!様々なメーカーがロッドを出していますが、ダイワのロッドはとても人気…
【2021年】シマノのショアジギングロッドおすすめ11選!特徴や選び方も解説
近年、ショアジギングは身近なフィールドで手軽に大物が狙えるので大人気!専用ロッドも多く販売されていますが、どれを選んだら…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン