【入門】サーフロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説!おすすめ商品も紹介

サーフロッドはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、サーフロッドの長さ・硬さ・番手・テーパーの選び方や、迷った際のおすすめのサーフロッドをご紹介します。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 初心者
スポンサーリンク

そもそもサーフロッドってどんな釣り竿?

シマノ(SHIMANO) ロッド 投げ竿 17 ホリデースピン (振出) 385FXT 軽快な投げ釣り用 全長3.85m 自重340g

サーフ(砂浜)での釣りは豪快な投げ釣りが基本です。
主に行われるものは、25号〜30号程度の大型のシンカーをつけた仕掛けを100m〜200m先をめがけてフルキャストし、シロギスやイシモチ、マゴチなどを狙う投げ釣りと、メタルジグやミノー、ジグヘッドリグなどのルアーを投げて青物やフラットフィッシュを狙うショアジギングになります。

どちらの釣りも、「距離」が大変重要になります。
1mでも遠くへ、1投でも多く仕掛けを投入することが釣果を上げるコツとなりますので、サーフロッド、ショアジギングロッドの選び方には気をつけたいです。

砂浜で行う釣りの注意点は、砂の上に絶対にロッドを置いてはいけないということです。
リールに砂が噛んでしまうと故障してしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。

今回は、入門者を対象とした、サーフロッドの選び方について説明します。

スポンサーリンク

サーフロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) 振出投げ竿 プライムサーフT・W 33-425・W 釣り竿

ここからは、入門者向けのサーフロッドの具体的な選び方について、番手や選ぶポイントごとに説明していきます。

選ぶポイント1:ロッドの長さ

まずは、サーフロッドの長さから検討する選び方です。
投げ釣りの為のロッドは、長ければ長いほど、理論上距離は稼げます。
しかし、アングラーの技量、体力以上の長さにしてしまうと、飛距離を稼ぐどころではなくなってしまいます。
入門者ができる限り遠投できるサーフロッドの長さは3.6m(11.88ft)〜3.9m(12.87ft)程度でしょう。

選ぶポイント2:ロッドの硬さ

次に、ロッドの硬さから検討する選び方です。

ロッドは硬い方が飛距離が出るイメージがあると思いますがそうではありません。
サーフロッドは柔らかいもののほうがよく飛びます。

25号〜35号程度の重いシンカーを投げるには、サーフロッドは柔らかいもののほうがよく飛びます。
サーフロッドを十分しならせて、曲がったサーフロッドが元に戻ろうとするバネの力をシンカーに乗せてキャストします。

慣れればなんてことありませんが、最初のうちは「サーフロッドをしならせてバネの力をシンカーに乗せる」感覚がわからないと思います。
しかし、少し練習すればすぐにわかるようになります。

選ぶポイント3:スピニングかベイトか

続いて、リールの形式から検討する選び方です。
サーフロッドに合わせるリールは、ズバリ、スピニングリールをおすすめします。
特に初心者はベイトリールでのサーフフィッシングは考える必要はありません。

スピニングタックルの特徴

サーフロッドを使ったスピニングタックルの特徴は、扱いやすさと汎用性、飛距離が稼げるなど、利点はたくさんあります。
マイナス点としては、太いラインが使いづらい、ラインに癖が付きやすいことが挙げられます。

ベイトタックルの特徴

ショアジギングロッドにベイトロッドを合わせたタックルは普通に存在しますが、サーフロッドにベイトリールを合わせることはほとんどありません。

ベイトタックルの特徴としては、片手で扱える、パワーのある巻き上げ力、太いラインも細いラインもどちらも扱いやすいことがあります。

しかし、ベイトリールの操作に慣れが必要なこと、飛距離はスピニングリールに及ばないことなど、サーフでの釣りにはデメリットの方が多いでしょう。

選ぶポイント4:テーパー(調子)

最後に、テーパー(調子)タイプから検討する選び方です。
テーパーとは、ロッドがどの位置で曲がるかを示したものです。
ロッドの長さ全体を10等分にしたと想定し、4:6程度の部分で曲がるものはレギュラーテーパー、3:7程度の部分で曲がるものをレギュラーファストテーパー、2:8程度の部分で曲がるものをファストテーパー、1:9程度の部分で曲がるものをエキストラファストテーパーと言います。

初心者が使いやすいのは、先調子と呼ばれる、3:7のレギュラーファストテーパーです。
感度を優先する場合はファストテーパーやエキストラファストテーパーという選び方もありますが、キャストには若干気を使うようになります。

スポンサーリンク

初心者はどういったロッドを選ぶのがおすすめ?

ダイワ(DAIWA) 振出投げ竿 リバティクラブサーフT・K 30-390・K 釣り竿

初心者の最初のサーフロッドの選び方は、先にも説明した通り、長さ3.6m〜3.9m程度、錘負荷30号〜35号、柔らかめの先調子のロッドということになります。
自分の身長、体力に合わせて、ロッドの長さは多少前後するかもしれません。
また、軽いロッドの方が有利になりますので、素材はなるべくカーボン使用率が高いものを選びましょう。

スポンサーリンク

初心者におすすめのサーフロッド4選

シマノ(SHIMANO) ロッド 投げ竿 17 ホリデースピン (振出) 385FXT 軽快な投げ釣り用 全長3.85m 自重340g

それでは、ここから初心者におすすめのサーフロッドを3モデル紹介します。

【シマノ】シマノ ホリデースピン 385FXT

初心者が扱いやすい3.9mのサーフロッドです。
餌釣り仕掛けでもルアー仕掛けでもキャストがしやすい「キャスコングリップ」採用で、疲労が来にくいロッドです。

【ダイワ】プライムサーフT・W 30-425

入門者からベテランまで満足できる、サーフロッドの定番であるプライムサーフシリーズは、ダイワのHVF(ハイボリュームファイバー)は、カーボンファイバーの密度をノーマルカーボンより高め、軽さと強度を高めたハイパフォーマンスロッドです。
迷ったらこれを求めておけば間違いありません。

【ダイワ】リバティクラブサーフT・K 30-390

エントリークラスのサーフロッドとして抜群のコストパフォーマンスを誇るリバティクラブサーフは、多彩なラインアップを持ち、ちょい投げから本気のロングキャストまで、あらゆる投げ釣りのシーンをカバーする人気のシリーズです。
初心者が最初にもつサーフロッドの選び方としては良いモデルだと思います。

【シマノ】サーフチェイサー(振出) 425DX-T

2016年、シマノから発売のオールラウンドキャスティングロッドになります。

サーフチェイサー(振出) 425DX-Tは、サーフからシロギスやカレイを狙う釣りや、ぶっこみ釣りに適した投げ竿です。
プロ仕様とは違い、バッド長を標準設定で設計してあるため、キャストしやすいモデルになります。

サーフゲーム初級者の方は、出来る限りの遠投を意識出来るように、長尺の投げ竿を選択するのがベストでしょう。

スポンサーリンク

サーフロッドの選び方についてまとめ

ダイワ(DAIWA) 振出投げ竿 プライムサーフT・W 33-425・W 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【入門】サーフロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説!おすすめ商品も紹介」というテーマに沿って、

  • そもそもサーフロッドってどんな釣り竿?
  • サーフロッドの選び方
  • 初心者はどういったロッドを選ぶのがおすすめ?
  • 初心者におすすめのサーフロッド4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】サーフロッドおすすめ13選!ヒラメ・青物向けの人気製品をご紹介
サーフからヒラメやマゴチ、青物を狙った釣りは、とても人気があります。今回、釣りラボでは、そんなサーフ釣りにおすすめのロッ…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【入門】エギングロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説4選!おすすめ商品も紹介
エギングロッドはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、エギン…
【入門】アジングロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説!おすすめ商品も紹介
アジングロッドはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、アジン…
【入門】ショアジギングロッドの選び方(長さ・硬さ・番手)を徹底解説!おすすめ商品も紹介
ショアジギングロッドはどのようなポイントに注意して選ぶと良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、初心者向けに入門編として、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン