【2021年】10ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も

10ftという長いロッドを使って、シーバスゲームに挑戦する方が増えています。今回、釣りラボでは、10ft台のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの10ft台のシーバスロッド、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品の10ft台のシーバスロッドをご紹介します。

シーバス ロッド・釣竿
スポンサーリンク

10ft台のシーバスロッドを使うメリットとは?

プロマリン(PRO MARINE) シーバトラーシーバス 100M

10ft台のシーバスロッドを使うメリットについて解説します。
10ft台のシーバスロッドの特徴は、シーバスロッドの中では最もレングスの長いということで、レングスの長さを生かして様々なメリットが生まれてきます。

メリット1:飛距離を稼ぐことができる

シーバスロッドの多くは8ftから9ft台となっていますが、10ft台のシーバスロッドを使うことで、さらに飛距離を伸ばすことができます。

特に、海面までの距離がある場所や、岸近くには根がかりしやすい場所で、飛距離を稼ぎたい場合に10ft台のシーバスロッドは重宝します。

メリット2:ポイントを広く探ることができる

飛距離に関連しますが、10ft台のシーバスロッドは、9ft台以下のレングスのロッドに比べて、広い範囲をサーチすることができ、釣果につながります。

メリット3:幅広いルアー重量に対応できる

10ft台のシーバスロッドは、使用できるルアーの幅も広くなっており、軽めのルアーからヘビーウェイトのものまで使用することができるものがあります。

スポンサーリンク

10ft台のシーバスロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S100M ヒラメ 青物 パワー&ロングディスタンスモデル サーフ 河川 堤防 地磯

10ft台のシーバスロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:硬さで選ぶ

10ft台のシーバスロッドを選ぶ際には硬さに注目しましょう。
硬さは使用するルアーも重さが目安となりますが、硬いロッドほど重量のあるルアーで大物を狙うことができます。

シーバスロッドに仕様には、使うことができるルアー重量の範囲が示されているので、参考にしてみてください。

選ぶポイント2:使用するリールで選ぶ

10ft台のシーバスロッドを選ぶ際には、スピニングロッドにするかベイトロッドにするかを考えましょう。

スピニングリールは飛距離が出やすく、ライントラブルも少ないので初心者にはおすすめです。

ベイトロリールは、パワーがあるので、大型のシーバスがヒットした時にも余裕で巻き上げることができます。

自分の技術や、持っているリールのバリエーションなども考慮し決めることをお勧めします。

スポンサーリンク

10ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) 21 シーバスハンターX 106M・R

10ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【タカミヤ】ファルケンR ソアリング 100H

セパレートタイプのグリップを採用し、軽量化と取り扱いやすさを兼ね備えたシーバスロッドでおすすめです。
シーバスのほか、ヒラメ、マゴチ、サゴシなどもターゲットとなります。

【プロマリン】シーバトラーシーバス100M

幅広くさまざまなフィールドに対応してくれるオールラウンドモデルで5000円台で手に入りコスパ最強でおすすめです。
100Mは最大40gまでのルアーに対応しています。

【シマノ】ディアルーナ S100M

シマノから発売されているシーバスロッドの中価格モデルで、軽く、そして強いのがコンセプトです。
さまざまな場面でクラスを超えたパフォーマンスを発揮します。

【ダイワ】シーバスハンターX 106M

10000円台から手に入れることができる初心者にもおすすめのシーバスロッドで人気がありランキングにあがることもあります。
106Mは50gまでのルアーに対応し、サーフからの遠投を得意としています。

【テイルウォーク】ビーキャスⅡ 106MH

遠投性の良いベイトロッドで、弾性とスムーズさをもっています。
106MHは、サーフ、大型の堤防、大きな川の河口などで大型のルアーを用いてロングキャストで大型魚を狙うことができます。

【アピア】グランデージSTD C106MH

クセが少なく、軽量で、そして操作性の良いシーバスロッドで、張りに加え、しなやかさも持っています。
106MHは、外洋に面しているさまざまなフィールドで活躍する遠投モデルです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの10ft台のシーバスロッド2選

テイルウォーク BEECAS II 106MH 大

2021年新作、おすすめの10ft台のシーバスロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】モアザンブランジーノEX AGS 1010ML/M

2021年新製品のシーバスロッドで、最新の技術を搭載し、感度、操作性、キャスティングの正確性を極めました。
MパワーのバットにMLのティップを組み合わせ、パワーと感度を両立させています。

【シマノ】ムーンショット S100MH

2021年新作のシーバスロッドで、ロッドの基本的な性能を高いレベルで実現したロッドです。
S100MHは、60g程度のメタルジグを扱うことができるパワーロッドです。

スポンサーリンク

10ft台のシーバスロッドについてまとめ

アピア GRANDAGE STD. C106MH.

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】10ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 10ft台のシーバスロッドを使うメリットとは?
  • 10ft台のシーバスロッドの選び方
  • 10ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年新作】おすすめの10ft台のシーバスロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シーバスのロッドの10ft
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シーバスロッドおすすめ人気14選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2021年】ダイワのおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…
【2020年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ…
【2021年】ボートシーバスロッドおすすめ17選!ダイワ・シマノ・アブガルシアの人気商品をご紹介
シーバスはショアからの釣りが定番ですが、ボートから狙うボートシーバスも初心者でも釣りやすくとてもおすすめです。今回、釣り…
【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ15選!特徴や選ぶポイントも紹介
シーバスロッドは万能で海釣り、エサ釣り、ルアー釣りに適しています。まずなにを準備したらいい?といった釣り初心者にもおすす…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン