【2022年】トラウトとアジング兼用ロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

これで両方楽しめる!トラウトとアジング兼用ロッド厳選集!今回、釣りラボでは、トラウトとアジング兼用ロッドの特徴、おすすめのトラウトとアジング兼用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウトとアジング兼用ロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿 アジング
スポンサーリンク

トラウトとアジング兼用ロッドの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) ライトゲーム スピニング ロッド ソルティースタイル カラーズ STCS-554LS-PBパステルブルー. 4ピース パックロッド アジ メバル カサゴ メッキ

トラウトフィッシングもアジングも人気の釣りのひとつです。
トラウトとアジングではロッドを兼用して使うことができます。

専用ロッドもありますが、2本別々に持つよりも、両方に合うものを1本持つことは費用面でも経済的です。
釣り場は、トラウトは渓流、アジングは海になります。

ロッドを兼用して使うには、どのようなものが良いのでしょうか。
では、選ぶポイントを見てみましょう。

選ぶポイント1:長さ

トラウトフィッシングでは、ピンポイントに狙う釣り方が多く、長さは5~6ftくらいが多いです。
アジングでは、6~7ftくらいを使うことが多いです。

トラウトでもアジングでも使用することを考えると、6ft前後が兼用ロッドとして最適な長さと言えます。

選ぶポイント2:携帯性

トラウトフィッシングでは、渓流で釣る機会が多くなります。
その場合、川沿いを移動しながらポイントを探したりするので、軽くて携帯性に優れたものだと、移動時にも便利です。

アジング用に使えるロッドにも、携帯性に優れたものが多数出ています。
トラウトでもアジングでも使用出来るように、携帯性のある兼用ロッドを選びましょう。

選ぶポイント3:硬さ

トラウト&アジング兼用ロッドでは、硬さも重要です。

トラウトロッドは硬さが、UL(ウルトラライト)・L(ライト)などの柔らかいものが多いです。
アジングロッドでは、UL(ウルトラライト)・L(ライト)・M(ミディアム)を使います。

兼用ロッドでは、UL(ウルトラライト)または、L(ライト)を選ぶのが良いでしょう。

選ぶポイント4:素材

兼用ロッドの素材は、カーボンがおすすめです。
カーボン素材は、軽くて、強度も感度も良いです。

トラウト&アジング兼用ロッドには最適な素材です。

スポンサーリンク

トラウトとアジング兼用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

メジャークラフト 釣り竿 スピニングロッド ファーストキャストバス FCS-602UL

現在販売されているロッドの中から、トラウト&アジングにおすすめの兼用ロッドを6選、コスパ重視でご紹介します。

【アブガルシア】ソルティスタイル STCS-554LS-PB

4ピースのコンパクトロッドで携帯性に優れています。
素材はカーボン98%、グラス2%使用です。

ライントラブル防止に小口径を採用しています。
ソルティスタイルのカラーモデルで、7種類のカラフルなカラーから選ぶことができます。

【メジャークラフト】ファーストキャスト FCS-602UL

長さ6ft、硬さUL、中弾性カーボン採用のスピニングロッドです。
コスパも最強なので、入門にもおすすめです。

初心者でも扱いやすく、幅広いライトゲームに使用できる1本です。

【シマノ】ルアーマチック S70-UL

長さ7ft、硬さULのトラウトからアジングまで対応の兼用ロッドです。
コスパも最強で、入門にもおすすめのモデルになります。
ライトルアーゲームに最適です。

【シマノ】ソアレBB S610L-S

ライトゲームに最適で、メバル・アジ向けロッドですが幅広く他の魚にも対応できます。
トラウト&アジング兼用ロッドにも最適です。

高感度リールシートを採用で、従来より感度が向上しています。
コンパクト設計により、軽く扱いやすいロッドです。

【ダイワ】ルアーニスト 66L

ルアーフィッシング入門に最適な、コスパ最強モデルです。
66Lはトラウトモデルです。

細かいアクションにも適したライトゲームタイプです。
アジング兼用ロッドにもおすすめです。

【ダイワ】月下美人 55UL-S

ダイワのアジングロッドの入門モデルです。
5.5ftで2本継ぎのタイプになります。

硬さもULで、トラウトとアジングどちらでも兼用できるロッドです。
素材には、HVFカーボンを使用しています。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめのトラウトとアジング兼用ロッド2選

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック 2本継ぎ S70UL メバル・アジ狙いのライトルアー

2021年に販売された新作ロッドの中から、トラウトとアジングに最適なおすすめロッドを2選ご紹介します。

【シマノ】ソアレXR S64UL+‐S

2021年発売の新製品、ソアレXRです。
様々なライトゲームに対応できるバリエーション豊富なロッドです。

カーボンモノコックグリップを採用したことで、軽量化・高感度化を実現しました。
さらに、Xガイド採用でライントラブルにも対応しています。
トラウトとアジング兼用ロッドにもおすすめです。

【ダイワ】月下美人MX AB 66UL-S・N

2021年発売の新製品、月下美人MX ABです。
長さは6.6ft、硬さはULで柔らかく感度の良いロッドです。

カーボンファイバー入りのエアセンサーシート採用で、軽量化・高強度化・高感度化を実現しました。

スポンサーリンク

トラウトとアジング兼用ロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) アジングロッド 19 ソアレ BB アジング S610L-S ジグヘッド単体 近距離

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】トラウトとアジング兼用ロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • トラウトとアジング兼用ロッドの選び方
  • トラウトとアジング兼用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのトラウトとアジング兼用ロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

トラウト・アジング兼用ロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド18選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2022年】シマノのロッドおすすめ人気ランキング15選!特徴や新製品もご紹介
シマノのロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのロッドの特…
【2022年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング13選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン