【2022年】トラウトロッドおすすめ21選!選び方や人気メーカー、自作の仕方もご紹介

【2022年】トラウトロッドおすすめ21選!選び方や人気メーカー、自作の仕方もご紹介

おすすめメーカーや目的にあったトラウトロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、トラウトロッドについて【人気メーカー】【初心者向け】別に解説します。また、あわせて2022年の新製品も2つご紹介。ぜひご覧ください。

  1. トラウトロッドの選び方のポイント
    1. ロッド選びの基礎知識
    2. 選ぶポイント1:トラウトロッドの長さ
    3. 選ぶポイント2:トラウトロッドの硬さ・素材
    4. 選ぶポイント3:トラウトロッドのアクションタイプ
  2. 人気メーカーのおすすめトラウトロッド9選を紹介
    1. アブガルシアのおすすめトラウトロッド2選
    2. ジャッカルのおすすめトラウトロッド2選
    3. シマノのおすすめトラウトロッド2選
    4. ダイワのおすすめトラウトロッド2選
  3. 【2021年〜2022年新作】おすすめトラウトロッド7選
    1. 【バリバス】TRD ビックトラウトロッド TRD-74FS-RX
    2. 【アブガルシア】トラウティンマーキスエクストリームTMES-544L
    3. 【シマノ】カーディフNX S54UL
    4. 【ダイワ】ピュアリスト 64LB-4
    5. 【シマノ】カーディフAX B60UL
    6. 【ティムコ】エンハンサーカタリスト EHCT84M-2
    7. 【スミス】FNL-T511L-RF
    8. 【スミス】トラウティンスピン リアルフレックス TRF-53
    9. 【パームス】エゲリアネイティブ ETVC-46XUL
  4. 初心者にもおすすめのトラウトロッドは?
    1. 【シマノ】ルアーマチック S60UL
    2. 【OGK】トラウトゲーム 562L
  5. コスパのいいトラウトロッドは?
    1. 【メジャークラフト】トラパラエリアモデル TXAT-604UL
    2. 【ダイワ】トラウトX 60UL
  6. そのほかトラウトロッドが活躍する場面は?
    1. 管理釣り場はエリアトラウトロッドがおすすめ
    2. 渓流釣りならネイティブトラウトロッドがおすすめ
    3. トラウトロッドで海釣りは?シーバスは釣れる?
    4. アジング・エギングにトラウトロッドは使える?
  7. トラウトロッドは自作できるの?
  8. トラウトロッドのおすすめメーカー・選び方のまとめ
  9. トラウトロッドに関する記事一覧

トラウトロッドの選び方のポイント

アブガルシア(Abu Garcia) ネイティブトラウト ロッド スピニング トラウティンマーキス エクストリーム TMES-544L パックロッド 4ピース ネイティブ トラウト イワナ ヤマメ アマゴ

日本でのトラウトフィッシングの対象魚というと、おもにイワナ、ヤマメ、ニジマス、ブラウントラウトの4種です。

やや特別な存在として、レイクトラウト、サクラマス、アメマス、ヒメマスを狙う釣り人もいます。

これらトラウトの釣り方では、ルアーフィッシングとフライフィッシングが知られていますが、ここではルアーフィッシング用のロッドについてご紹介してまいります。

ロッド選びの基礎知識

トラウトロッドの選び方を見る前に、簡単にロッド選びの際に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

ロッドの記号の見方

ロッドの名前には記号がつけられており、それぞれ意味があります。
その意味を、実際に例を挙げてご説明します。

例えばアブガルシアのトラウトロッドに「MES-584UL」という記号がつけられていた場合、

  • MES:メーカーのロッドのシリーズ名
  • 584:5フィート8インチの長さで4本継
  • UL:ウルトラライト(ロッドの硬さ)

という意味になります。

なお、ロッドの長さは「フィート」ないし「インチ」で表示されます。
(1 フィート=12インチ=30.48センチメートル)

ロッドの硬さを表す主な記号

ロッドの硬さは、以下のような記号で表現されます。

XULエクストラウルトラライト管理釣り場などで使われるやわらかいロッド。
ULウルトラライト渓流でよく使われる硬さ。管理釣り場でも使用可。
Lライト湖でのルアーフィッシングに最適な硬さ。
MLミディアムライト湖で重めのルアーを遠投する際の硬さ。
Mミディアム湖でミノータイプのプラグなどを使う時に最適な硬さ。
Hヘビー湖や海などでミノータイプのルアーを水中を引くような釣りに最適な硬さ。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドの硬さの違い・表記の見方を解説!硬さ別におすすめのロッドも紹介!

選ぶポイント1:トラウトロッドの長さ

トラウトロッドは「渓流用は短め」「湖用は長め」が基本です。
ここでは、狙う対象別に目安をご紹介します。

イワナ・ヤマメ

イワナ、ヤマメ用だと、4.6~5.5フィートほどのロッドが良いでしょう。
渓流では遠投する必要がなく、しかも時に急峻な川筋を釣り歩くので、ロッドは短めのほうが有利です。

ニジマス・ブラウントラウト

ニジマス、ブラウントラウト用だと、5.6~7.8フィートほどが良いでしょう。
湖や管理釣り場などの広い水域での釣りなので、遠投ができて大物トラウトとのやり取りが可能な長めのロッドが有利になります。

選ぶポイント2:トラウトロッドの硬さ・素材

トラウトロッドの硬さは、LあるいはMが使われます。
これは、渓流で行う釣りなのか、河口付近で行われる釣りなのかによって、変わってきます。

また、トラウトロッドの材質は、現在カーボンが主流です。
軽さと反発力の強さで、カーボンは多くの釣り用のロッド素材として使われています。

選ぶポイント3:トラウトロッドのアクションタイプ

トラウトロッドには、それぞれの曲がりタイプを示す「ロッドアクション」があり、そのテーパーの程度からもロッドの選択が行われます。

ロッドのアクションタイプは、大きく以下の4つに分けられます。

エクストラファーストアクション(先調子)

先端4分の1くらいのところから曲がるアクションです。
ルアーを自在に操れる利点があります。

ファーストアクション(先調子)

先端3分の1くらいのところから曲がるアクションです。
キャストが楽なレギュラータイプです。

レギュラーアクション(同調子)

中央部分から曲がるアクションです。
魚のバレが少なく、釣り味を楽しむのに向いています。

スローアクション(同調子)

手元から弧を描くように曲がるアクションです。
針掛かりした魚を素早く取り込むには不向きです。

人気メーカーのおすすめトラウトロッド9選を紹介

メジャークラフト NEW トラパラエリアモデル TXAT-604UL

いま、どんなメーカーのどんなロッドが人気があるのか、大変気になるところです。
人気4メーカーの製品をそれぞれ2つずつ、厳選してご紹介します。

アブガルシアのおすすめトラウトロッド2選

スウェーデン王室御用達メーカーのABU社が、アメリカのガルシア社を買収して出来た会社です。
歴史も実績も世界一流のメーカーは、数々の名品を世に送り出しています。

【アブガルシア】トラウティンマーキスナノ 振出しタイプ TMNS-516L II TE

仕舞い寸法50センチ弱という振出式の軽快タイプ
里川から源流域までのあらゆるトラウトフィッシングを可能にしたのロッドです。

【アブガルシア】ディプロマット ナノ DNS-602XUL MGS

すれたトラウト相手に、とくに管理釣り場で軽いルアーを投げ、釣り味を存分に楽しむのに絶好のロッドです。

ジャッカルのおすすめトラウトロッド2選

1999年創業の新進気鋭のタックルメーカーです。
すでにアメリカ、ヨーロッパへクオリティの高い製品を送り出しています。

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年最新版】ジャッカルロッドおすすめ17選!バス・ソルト・穴釣りモデルなどを紹介

【ジャッカル】RGM SPEC2 5.5

RGM(ルースター・ギア・マーケット)シリーズのロッドです。
5.5ft、6.5ft、7,5ftの3種があり、カラーも楽しい5色が用意されています。
渓流や管理釣り場にぴったりです。

【ジャッカル】T-コネクション ストリーム TS-S65L

6.5フィート、ライトタイプの本格的ルアーロッドです。
川幅のある渓流や本流、さらに湖まで幅広くこなせます。
10gまでのルアーをらくらく遠投できます。

シマノのおすすめトラウトロッド2選

技術革新と精緻な技術で日本のフィッシングタックルをリードしてきたメーカーです。
毎年、画期的な製品を世に出し、ファンの期待に応えています。

【シマノ】トラウトワン NS B50UL

渓流で1~7gくらいまでのルアーが、狙い通りのポイントへ決まります。
きびきびとした印象の頼もしいロッドです。

【シマノ】トラウトエリア19 トラウトライズ S63UL

たいへんコストパフォーマンスの高いロッドです。
管理釣り場の大型トラウトから渓流のネイティブまで、対応力抜群です。

ダイワのおすすめトラウトロッド2選

2009年に社名を「グローブライド」と変えましたが、釣具ブランドは「ダイワ」をそのまま残し、先進技術を注ぎ込んだ製品を展開しています。

【ダイワ】トラウト X55UL

ロッドのねじれを抑えるXテープを使用した構造のハイパフォーマンスのロッドです。
ヤマメやイワナ、管理釣り場のトラウトに対応します。

【ダイワ】イプリミ 64ML

トラウトフィッシング入門の1本でもあり、幅広いウエイトのルアーが使用できるため、生涯のロッドとしての価値も充分です。

【2021年〜2022年新作】おすすめトラウトロッド7選

ダイワ(DAIWA) トラウトロッド ワイズストリーム 45UL-3 釣り竿

続いて、2020年以降に発売された新製品のトラウトロッドを2つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【バリバス】TRD ビックトラウトロッド TRD-74FS-RX

TRDビッグトラウト2020年モデルの中でも、中心となる万能ロッドがこちらのTRD-74FS-RXです。
本流のヤマメやサツキマス・サクラマスなどの大型トラウトを確実に釣り上げるために、グラスファイバー製でありながらブランクスのコアにはカーボンを入れた軽量設計になっています。
遠投を繰り返しても疲れにくく、安定したキャスティングが可能です。

【アブガルシア】トラウティンマーキスエクストリームTMES-544L

こちらはネイティブエリアでのトラウトフィッシングロッド「トラウティンマーキス」のハイエンドモデルにあたります。
TMES-544Lは4ピースロッドでありながら、ライトからヘビーまで幅広いルアーを正確にかつ遠くまでキャストすることができる継ぎ目を意識させない万能ロッドです。
粘りのあるブランクスとしなやかに曲がる調子、ルアーのシャープな操作感が特徴です。

【シマノ】カーディフNX S54UL

ネイティブトラウトを狙うためのロッドのカーディフにスパイラルXを搭載し、ネジレやブレといったロッドパワーを低減する要素を減らしました。

S54ULは軽量のフローティングミノーやスプーン、そしてヘビーシンキングミノーまで扱うことができるバーサタイルモデルで、渓流エリアをカバーすることができます。
PEラインにも対応できるように、ティップ部分の柔らかく調整しています。

【ダイワ】ピュアリスト 64LB-4

こちらのロッドは2020年5月に発売されたロッドになります。
渓流釣りからボートまで幅広いフィールドに対応し、ミノーやスプーンを使用してアクション性の高い釣りを楽しむことができます。
携帯性に優れた4ピース構成になっている為その仕舞い長さは54cmととても持ち運びが楽になっています。

コルクハンドルとなっており、その見た目からもトラウトテイスト溢れるロッドとなっています。

【シマノ】カーディフAX B60UL

2021年、シマノから発売のトラウトロッドです。

カーディフAX B60ULは、ベイト仕様のエリアトラウトロッドになりますが、ビッグトラウトと対峙出来るパワーブランクスですので、ネイティブトラウトにも転用可能です。

ガイド凍結対策で、トップガイドを大口径化してありますので、厳寒期でもライントラブルを気にせずにゲームが楽しめます。

【ティムコ】エンハンサーカタリスト EHCT84M-2

ティムコ(TIEMCO)から2021年発売のビッグトラウト対応ロッドになります。

エンハンサーカタリスト EHCT84M-2は、スペックは先代モデルから継承し、ブランクス形成時のレジン含有の見直しを施したマイナーチェンジモデルになっています

バッドパワーとバイト感度を両立させ、張りのあるブランクスはロングビルミノーの引き抵抗にも負けずにアクション可能な仕様に仕上がっています。

【スミス】FNL-T511L-RF

スミスから2021年発売のトラウト用スピニングロッドになります。
トラウティンスピン フィールドリーム ノイエリミテッド FNL-T511L-RFは、エリアでのトラウトゲームにコンセプトを置いて製作されたスピニングロッドです。

エリアチューンロッドですので、ベテランの方であればロッド操作でネイティブでの使用も可能になる、バーサタイルなトラウトロッドです。

【スミス】トラウティンスピン リアルフレックス TRF-53

トラウティンスピン リアルフレックス TRF-53は、スミスから2020年に発売された、一線級のトラウトロッドです。

バッドパワーはさることながら、アングラーの思いそのままに、従順に応答する柔軟なベリーの弾性は、キャストアキュアシー性の向上に留まらず、大型のヒット後も相手をいなせる操作性を維持したトラウトロッドです。

【パームス】エゲリアネイティブ ETVC-46XUL

エゲリアネイティブ ETVC-46XULは、2019年にパームスから発売されたベイトキャスティングトラウトロッドです。

フルグラスのウルトラライトアクションで構成されるブランクスは、弾力性を生かした飛距離とコントロール性、超反発性を利用したフリップでの遠目の穴撃ちが可能になり、源流でのテリトリーを広げてくれるトラウトロッドです。

初心者にもおすすめのトラウトロッドは?

ジャッカル RGM スペック2 5.5 ブラック/オレンジ

釣りたいトラウト、行きたい釣り場などいろいろですが、最初から高価で高級なロッドには手が出しにくいものです。
ビギナーの最初のロッドを考えてみましょう。

【シマノ】ルアーマチック S60UL

管理釣り場のトラウトからバス、海のアジ、メバルなど、幅広いターゲットに応用できるオールマイティなロッドです。
いろいろ釣ってみたい初心者におすすめです。

【OGK】トラウトゲーム 562L

リーズナブルなトラウトロッドとして注目されています。
気軽に使えるロッドですが、性能はお値段以上と好評です。

コスパのいいトラウトロッドは?

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド トラウトX 60UL 釣り竿

優秀な新進メーカーも数多く登場しているので、高性能のロッドが驚くほど安価で手に入ったりします。

【メジャークラフト】トラパラエリアモデル TXAT-604UL

2002年創業の新進メーカーが送り出すロッドです。
4本振出式で携行性がきわめて高く、ルアーの操作性がすぐれています。

【ダイワ】トラウトX 60UL

ブランクにねじれを抑える強化構造を持たせています。
ヤマメ、イワナからトラウトまで対応する本格派です。

そのほかトラウトロッドが活躍する場面は?

シマノ(SHIMANO) ロッド トラウトワン NS ベイト B50UL ウルトラライト

せっかくセットしたタックル一式、1年中いろいろな環境で使って楽しみたいものです。

管理釣り場はエリアトラウトロッドがおすすめ

管理された釣り場をエリアと呼んでいます。
自然河川の一部や人工の池、湖を利用した釣り場です。

ここでは主に、ニジマス、ブラウントラウトのほか、ヤマメ、アマゴ、イワナなどを楽しむことができます。

>>>こちらの記事も読まれています
エリアトラウトでの釣り方のコツを徹底解説!おすすめの最強タックルもご紹介

>>>こちらの記事も読まれています
【2022年最新版】エリアトラウト用ロッドおすすめ人気16選!選び方やコスパ最強製品をご紹介

渓流釣りならネイティブトラウトロッドがおすすめ

渓流釣りであれば、ネイティブトラウトロッドがおすすめです。

>>>こちらの記事も読まれています
渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】

【ダイワ】ワイズストリーム 45UL-3

渓流専用で1本用意したかったら、おすすめはこれ。
全長1.34m、仕舞寸法49cmのハンディかつ高度な品質を誇るロッドです。

トラウトロッドで海釣りは?シーバスは釣れる?

湖のネイティブトラウトが狙えるタックルであれば、ボートからのシーバス釣りは可能です。

ただし、岩礁帯から重量のある大きなルアーを遠投する釣りでは、シーバス用のロッドを用意することをおすすめします。

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

アジング・エギングにトラウトロッドは使える?

アジングとは、その名のとおり、アジを狙ったルアーフィッシングです。
6フィートくらいのライトタイプのロッドで対応できます(シマノ ルアーマチック S60ULなど)。

エギングは漁師のイカ用漁具の餌木(えぎ)をルアー化したもので、7フィート以上、8フィートくらいが理想です。
各メーカーでエギングロッドが発売されています。

>>>こちらの記事も読まれています
エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】

>>>こちらの記事も読まれています
アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!

>>>こちらの記事も読まれています
アジングでトラウトロッドを流用できる?メリットやおすすめロッド4選も紹介

トラウトロッドは自作できるの?

シマノ(SHIMANO) トラウトロッド エリア 19 トラウトライズ S63UL エリアトラウト 大型スプーン プラグ ヘビーシンキングミノー 渓流 ネイティブトラウト

ロッドを自作することをロッドビルディング、またその人をロッドビルダーといいます。
竿部分のブランクやガイド、グリップなど、好みの部品は手に入るようになっています。

その専門ショップも多数あります。
作ってみたい方はYoutubeなどをお手本に、世界で1本のロッドを作ってみてください。

トラウトロッドのおすすめメーカー・選び方のまとめ

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド トラウトX 55UL 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】トラウトロッドおすすめ21選!選び方や人気メーカー、自作の仕方もご紹介」というテーマに沿って、

  • トラウトロッドの選び方のポイント
  • 人気メーカーのおすすめトラウトロッド9選を紹介
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめトラウトロッド7選
  • 初心者にもおすすめのトラウトロッドは?
  • コスパのいいトラウトロッドは?
  • そのほかトラウトロッドが活躍する場面は?
  • トラウトロッドは自作できるの?

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

トラウトロッドに関する記事一覧

トラウトロッドに関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、トラウトロッドに関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【2022年】トラウト向けグラスロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

【トラウト釣りのグラスロッドを選ぶなら!】今回、釣りラボでは、トラウト向けグラスロッドの特徴、おすすめのトラウト向けグラスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウト向けグラスロッドをご紹介します。 ロッド・...

【2022年】振り出しのトラウトロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

トラウト釣りでは山登りなどをするので、携帯性のよい振り出しロッドだと便利です。今回、釣りラボでは、振り出しのトラウトロッドの特徴、おすすめの振り出しのトラウトロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の振り出しのトラウトロッ...

【2022年】エリアトラウト用クランクロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介

クランクベイトでエリアトラウトに挑戦する場合、ロッドには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、エリアトラウト用クランクロッドの特徴、おすすめのエリアトラウト用クランクロッド、2022年シーズンに向けた新製品のエリアトラウト用クラ...

【2022年】最高峰のトラウト用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

トラウト釣り好きの憧れ!最高峰のトラウト用ロッドはこちら!今回、釣りラボでは、最高峰のトラウト用ロッドの特徴、おすすめの最高峰のトラウト用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の最高峰のトラウト用ロッドをご紹介します。 ...

【2022年】感度の良いトラウト用ロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

トラウト釣り好きなら知りたい!感度の良いトラウト用ロッドはこちら!今回、釣りラボでは、感度の良いトラウト用ロッドの特徴、メリット、おすすめの感度の良いトラウト用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の感度の良いトラウト用...

【2022年】トラウトとアジング兼用ロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

これで両方楽しめる!トラウトとアジング兼用ロッド厳選集!今回、釣りラボでは、トラウトとアジング兼用ロッドの特徴、おすすめのトラウトとアジング兼用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウトとアジング兼用ロッドをご紹介...

【2022年】トラウト向けベイトフィネスロッドおすすめ人気10選!メリットやコスパ最強製品も

【トラウトでベイトゲームをするならまず読むべき】今回、釣りラボでは、トラウト釣りのベイトフィネスロッドの特徴、メリット、おすすめのトラウト釣りのベイトフィネスロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウト釣りのベイトフ...

【2022年】トラウト用ショートロッドおすすめ人気ランキング9選!メリットやコスパ最強製品も

【絶対読んでおきたい!】今回、釣りラボでは、トラウト用ショートロッドの特徴、メリット、使用するに絶好シチュエーションおすすめのトラウト用ショートロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトラウト用ショートロッドをご紹介しま...

【2022年】レイクトラウトロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介

近年、人気が高まりつつあるレイクトラウト。ロッドは何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、レイクトラウトロッドの特徴、おすすめのレイクトラウトロッド、2022年シーズンに向けた新製品のレイクトラウトロッドをご紹介します。 ...

【2022年】テイルウォークのトラウトロッドおすすめ人気11選!特徴や新製品も

テイルウォークのトラウトロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、テイルウォークのトラウトロッドの特徴、おすすめのテイルウォークのトラウトロッド、2022年シーズンに向けた新製品のテイル...