【2020年】おすすめコスパ最強ジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も

大物を狙う時に活躍するジギングロッド。今回、釣りラボでは、ジギングロッドの選び方、人気メーカー、おすすめのロッドを初心者向けのものからハイエンドのもの、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿 ジギング
スポンサーリンク

ジギングロッドについて

ジギング

出典:写真AC

ジギングとは、ルアーフィッシングの一種で、魚の形に似せたメタルジグという金属の塊を海の底に落として、底にいる魚や潜って泳いでいる魚を狙います。

メタルジグを小魚だと思わせて食いつかせるために、ジギングロッドを上下に動かしたり、リールで巻きじゃくったりします。
この動き(しゃくり)が上手くなると楽しいですし、釣れるとなおさらです。

海底に落とした金属の塊をリズミカルに巻き上げる体力を使う、退屈しない釣りです。
ジグのしゃくり方や種類(色、重さ)またはジギングロッドが、釣果を左右するといっても過言ではありません。

海釣りの醍醐味である、強い引きのアタリからバラさないで上まで引き上げられるのか、かかった魚を想像しながらのファイトとスリルはたまりません。

今回はそんなジギングにおすすめのロッド(ジギングロッド)をご紹介します。

ジギングロッドの選び方

ジギングロッドといっても、ライトジギング、ショアジギング、オフショアジギングでそれぞれ向いているものもあれば、不向きなものもあります。

ジギングの最大の魅力である、大物の魚との駆け引きやファイトのため、強い引きに耐えられるようなジギングロッドをおすすめします。
また竿先のしなりが良く、メタルジグの重量に耐えられるものも良いです。

ジギングの種類

ジギングは、主に以下の3つに分類されます。
どのジギングをするのかによって、ロッドを使い分けないといけない場合があります。

それぞれのジギングの特徴を見ていきましょう。

ライトジギング

ライトジギングでは、40グラムから最大でも150グラム程度の、比較的軽いメタルジグを使用します。
釣る場所は比較的場所を問いませんが、主にオフショア以外の場所となっています。

対象となる狙う魚はタチウオやシーバス、中型青物、マダイ、根魚など様々な魚種を狙うことが出来ます。

比較的大きめの魚が釣れる事もありますので、パワーがある程度あるものを選ぶ必要があります。

ショアジギング

ショアジギングでは、陸(ショア)や防波堤、砂浜(サーフ)からメタルジグやペンシルやポッパーを投げ、深いところにいる魚を狙います。

主にメタルジグやペンシルなどを遠くまで投げて行う釣りのことを、ショアジギングと言います。
メタルジグやペンシルだけでなく、バイブレーションと言われるものを使ってみたりしています。

対象魚はヒラメやシーバス、ヒラマサやブリなど種類は様々です。

ロッドですが、ライトジギングよりも、パワーがあるものを選ぶと良いかもしれません。

オフショアジギング

オフショアジギングとは、オフショア(船上)で行うジギングのことを言い、タチウオからワラサにヒラマサやカンパチまでのサイズの魚が釣れることが多いです。

ボートからの釣りもありますが、船宿であれば船頭さんがポイントまで案内してくれるため、比較的釣れやすいです。

初めての釣りでも大型魚に出会えることもあるため、ジギングロッドは大型の青魚のパワーに負けないものがおすすめです。

ジギングロッドのタイプ

ジギングロッドは、主に2種類を使い分けます。

スピニングタイプ

スピニングタイプとは、バスフィッシングなどルアーフィッシングで使用しやすい構造となっているロッドのこと指します。
ラインが通っているガイドが、ベイト用に比べて大きくなっているという特徴があります。

また、特徴により遠い距離を投げるルアーを扱いやすく、投げやすくなっています。
疑似餌をキャストする釣りでは、基本的にスピニングを使用することが多いです。

ベイトキャスティングタイプ

ベイトキャスティングタイプのロッドは、オフショア(船上)で使用することが多く、主に餌を使用する釣りに使われます。

トリガーという、不安定になりやすいベイトリールについている突起が特徴で、固定具で固定して重心を安定させることができます。
キャストや遠投性能に特化していないため、パワーがあり短めのロッドが多くなっています。

ロッドの長さ

ショアジギングでは、メタルジグをサーフ(砂浜)や陸(ショア)から、海の深いところを目掛けて投げるため、より遠くまでメタルジグが投げられる長いロッドが向いています。

大型魚は、水深が深いところにいることが多いです。
そのため、やや短いジギングロッドでも使えないことはありませんが、より遠くまで投げられるジギングロッドのほうが、より釣果は近づくと思って良いです。

ライトジギング用の使いやすい長さは、9フィートから11フィートの間と言われています。
ライトジギングでは特に長さに注目して、ジギングロッドを選んでみることをおすすめします。

オフショアジギング用は船の上からの釣りになるため、メタルジグを遠くまで飛ばすスペックは特に必要ありません。
そのため、大型魚のパワーと重いメタルジグをしゃくったりするためにも、短めのジギングロッドが適しています。

ロッドの硬さ

ジギングロッドの硬さは、ジギングの種類によって、適したものが異なります。
やや竿先が軟らかいものでしなるものが、メタルジグがより遠くまで投げられるため、ショアジギングには適しています。
かつ硬さがあればパワーがあるため、大型魚でもしっかりあげられます。

ライトジギングは20~60gの軽いジグを遠投するため、硬すぎず、柔らか過ぎないものがおすすめです。

オフショアジギングは船の上からの釣りになるため、メタルジグを遠くまで飛ばすことはほとんどありません。
大型魚のパワーと重いメタルジグをしゃくったりするため、硬めで短い先調子のジギングロッドが適しています。

デザイン・色

デザイン・色は、好きなものを選びましょう。

とはいってもジギングロッドの色は数種類に限られていますし、竿の形はほぼほぼ一緒です。
なので、デザイン・色よりも、ジギングロッドのスペックなど、機能性を優先することをおすすめします。

その他のポイント

ライトジギングでは使用できるメタルジグの重量が最大80~150グラムのモデルで、出来るだけ幅広いメタルジグの重さに対応しているロッドが良いでしょう。

ジギングには、水深や潮流の速さがあっても対応できるロッドが適しており、幅広い重さに対応しているスペックのロッドを選んだほうが失敗は少ないと思います。

ジギングロッドの人気メーカー

ジギングロッドでは有名なメーカーである、ダイワとシマノはぜひ押さえて欲しいところです。

ダイワのおすすめジギングロッド

まずはダイワの一押しジギングロッドをご紹介します。

【ダイワ】ジグキャスター(スピニングロッド)

軽量で遠くのナブラや回遊を狙うため、出来る限り広い範囲を探るために必要な遠投性能に優れています。
また、メタルジグなどのしゃくりやすさも同時に追求した設計になっています。

最も負荷のかかるトップガイドはSiC仕様のリングとなっており、 ナイロンやPEラインでも使用可能となっています。

シマノのおすすめジギングロッドシマノ

シマノのジギングロッドも人気が非常に高いです。

【シマノ】コルトスナイパーシリーズ

サーフ、防波堤、磯など様々なフィールドで活躍するショアジギングロッドで、ショアジギングで必要となる遠投性能と青物に負けない強靭なパワーを兼備しています。
多彩なショアキャスティングゲームを楽しめるハイパフォーマンスロッドになります。

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめのジギングロッド9選!

ジギング

出典:写真AC

それぞれ、初心者から上級者向けのジギングロッドをお値段別にご紹介します。

初心者向け:1万円前後

ジギング初心者におすすめの安くて品質の高いロッドをご紹介します。

【ノービ】スロージギング (スピニングロッド)

値段が安く、なんと4千円台で買えます。
コストも安いのに、ボトムも取りやすく、大物も上げられると評判。

Amazonでも人気ロッドで第1位です。
(令和2年7月6日現在)

初心者の方も是非、トライしてみてください。

中級者向け:2〜3万円前後

2〜3万円だと、かなりハイスペックなジギングロッドを購入することができます。

【アブガルシア】ショアジギング (スピニングロッド)

この値段でこのクオリティはなかなかありません。
三本継なのにとても軽く、持ち歩きも楽なのに、パワーもあります。

上級者向け:3万円以上【ハイエンド】

3万円以上のロッドは、ジギングロッドとしては最高峰のスペックのものになります。
上級者には、これくらいの価格帯のものを購入される方もいます。

【ダイワ】ショアスパルタン コースタル (ショアジギングスピニングロッド)

マグロやカンパチなど大型魚専用、ショアからのジギングロッドです。
イナダサイズだとちょっと物足りないかもしれません。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめジギングロッド3選をご紹介

ジギング

出典:写真AC

2020年も新作の良いジギングロッドがでています。
早速、見ていきましょう。

【ダイワ】オーバーゼア

ショア用に特化したヒラメやカレイ、青物向けのジギングロッドです。
ヒラマサやマグロなどの大型魚には、ややパワー不足を感じます。

しかし、シーバスやイナダ程度の青物では十分なパワーがあります。
また、軽いのに10フィートオーバーの長さで、遠投性能は抜群です。

足場が悪くても、ある程度のジグの飛距離は見込めると思います。
価格も2万円以下と手も比較的届きやすく、気軽にジギングが楽しめます。

ライトショアジギングの初心者から中級者におすすめしたいロッドです。

【アブガルシア】ERADICATOR

ライトオフショア用で、昨今大人気のオフショアから気軽に釣りが楽しめる新作ジギングロッドです。

軽さは衝撃の60グラム以下と聞いたら驚きです。
しかし、青物や大型には不向きであるため、カサゴやアジングで使用するのが楽しいロッドです。

【ダイワ】キャタリナ SJ 60B-4

2020年にリリースされたばかりのキャタリナは、同じくダイワの人気モデル「ソルティガ」のような軽さと感度が自慢です。

こちらの60B-4は、200~330gのジグに向いており、大型青物や根魚をターゲットに、近海から中深海までを攻略できる優等生な万能タイプです。

ターゲットがヒットするとロッドがしっかり曲がってくれるので、大物相手のファイトをじっくりと楽しむことができます。

スポンサーリンク

ジギングロッド以外でジギングを行う場合

ジギング

出典:写真AC

ジギングロッドの代用竿として、エギングロッド・タイラバロッドが使われることもあります。
ここでは、代用する際の注意点などをご紹介します。

エギングロッドとタイラバロッドでは、かなりロッドのスペックに差がありますので、それぞれ別にご紹介します。

エギングロッド

餌木からの名前の由来通り、主にアオリイカをルアーで狙います。
投げ釣りでイカを釣り上げる用のため、パワーがないものが多いです。

大型青物にはパワー不足が否めないため、ロッドのスペックはライトジギングに使用する場合でもジギングロッドとして使えるか十分に確認したほうが良いでしょう。

ジグの重量や長さなどが適合しているものであれば、使用してもライトショア程度であれば問題ないと思われます。

タイラバロッド

タイラバもマダイをルアーで狙う釣りです。
タイラバロッドは、竿が2メートル前後とやや短めのものが多いので、オフショアであれば代用できるものが多いでしょう。

しかし、遠投性能が不十分であるため、ショア用としてはやや劣ると思われます。
こちらも、ロッドのスペックを確認しておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

ジギングロッドまとめ

ジギング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめコスパ最強ジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も」というテーマに沿って、「ジギングロッドについて」「【コスパ最強】おすすめのジギングロッド9選!」「【2020年新作】おすすめジギングロッド3選をご紹介」「ジギングロッド以外でジギングを行う場合」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジギングとは?釣り方のコツ・おすすめのタックル(ロッド/リール/ジグ)を徹底解説!
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボで…
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…
【2020年】おすすめのライトショアジギングロッド12選!ダイワ・シマノの人気商品も
ライトショアジギングでは、初心者でも気軽に青物を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングロッドの特徴…
【2020年】おすすめのショアジギングリール11選!選び方のポイントもご紹介
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…