【2022年】岸壁ジギング用ロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

岸壁ジギング用のロッドをどれにすればよいか悩んでいる方もいるかと思います。今回、釣りラボでは、岸壁ジギング用ロッドの特徴、おすすめの岸壁ジギング用ロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の岸壁ジギング用ロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 ジギング

岸壁ジギング用ロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF 73MHHB 釣り竿

コアマンの泉さんが初めて提唱されたと言われる岸壁ジギングですが、今では真夏の暑く活性の低くなったデイシーバスを釣るためのメソッドとして定着しています。

しかし、専用ロッドとなるとラインナップが少ないのが現状です。
専用ロッドが少ない中ので他の魚種用ロッドなどから選ぶポイントをご紹介したいと思います。

【2022年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣...

選ぶポイント1:ベイトorスピニング

結論からお伝えすると基本的にベイトロッドの一択になります。
出来る、出来ないで言うとスピニングロッドでも出来なくはないが快適ではないとなってしまいます。

岸壁ジギングでは足元にメタルジグを落として、シャクっての繰り返しの釣りになります。
フォール中のアタリのとりやすさや、巻き上げの際のライントラブルの有無を考えるとベイトロッドのメリットが強くなります。

数少ない専用ロッドもベイトロッドのラインナップしかありません。

選ぶポイント2:レングス

岸壁ジギングは足元にメタルジグを落とします。
通常ショアからのシーバスゲームで使われるような8ft以上のロッドでは足元での操作性が著しく落ちてしまいます。

また6ft以下になるようなショートロッドになると最大で1mを越えるようなシーバス相手には溜めが効かずバラシの原因になります。

6ft後半~7ft半ばまでの中で選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント3:ロッドパワー&ルアーウェイト

ロッドパワーが上がると扱えるルアーウェイトも上がります。
岸壁ジギングでは30g前後のメタルジグを基準として使用するため、その重さを扱えることが大前提になります。

ロッドにもよりますが最低でもMクラスからになります。

基本的にはMH~Hクラスのものがロッドの固さとパワー、ルアーウエイトのバランスがとれていることが多いのです。

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...

選ぶポイント4:シーバス用以外の他魚種のロッド

冒頭でもお伝えした通り岸壁ジギング用の専門ロッドは少ないです。

また、ショアシーバス専用ロッドからの転用を考えると、どうしてもレングスが長く岸壁ジギングに適した物を見つけることは難しいでしょう。

その中で見てみると良いのが、バスロッドやロックフィッシュロッドになります。
レングスやパワー、扱えるルアーウェイトが見つかりやすいです。

シーバス専用ロッドに囚われすぎないことが、岸壁ジギングに適したロッドを見つける近道になるでしょう。

岸壁ジギング用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

メジャークラフト ソルパラハードロックベイトモデル 黒 7.6ft SPX-762MH/B

岸壁ジギング専用ロッドは選択肢がとても少ないです。
前項の選ぶポイントを踏まえて岸壁ジギング用として快適に使うことができるロッドをご紹介したいと思います。

【ダイワ】HRF 73MHHB

  • 全長:7.3ft
  • ルアー:5~35g

ダイワから発売されているロックフィッシュロッドになります。
岸壁ジギングに使いやすい長さでシーバスのバイトも弾きづらいMHになっています。

ロックフィッシュロッドなのでシーバスに負けないパワーも兼ね備えています

【メジャークラフト】ソルパラ ハードロック -762MH/B

  • 全長:7.6ft
  • ルアー:7~40g

メジャークラフトのコスパソルトロッドのシリーズでパワー、レングスと岸壁ジギングに流用しやすいロッドです。

コスパモデルながら完成度は高く、岸壁ジギングだけでなく合間に他の釣りにも対応できます

【ジャッカル】GSW-C72MH+

  • 全長:7.2ft
  • ルアー:10~56g

バスロッドのイメージが強いジャッカルですが、ソルトロッドも販売されています。

今回ご紹介するロッドの中では扱えるルアーの幅が一番広く、いろいろなシチュエーションに合わせることができます

フォール中のあたりもしっかりととることが出来る感度も兼ね備えています。

【メジャークラフト】ファーストキャストバス 662MH

  • 全長:6.6ft
  • ルアー:7~30g

岸壁ジギングではライトな部類になるロッドです。
バスロッドですがベースとなる1オンスまで扱うことができ、比較的水深の浅い場所での使用が適しています

取り回しのしやすいレングスになっているのでランガンにはぴったりです。

【シマノ】バスワン XT 166MH-2

  • 全長:6.6ft
  • ルアー:10~28g

シマノのコスパバスロッドモデルですが、完成度が高くハリもしっかりしているため短めですがパワー負けすることもありません。

ライトなロッドですがポイントをひたすら撃っていく岸壁ジギングにはぴったりです。

【メジャークラフト】バスパラX 692MH

  • 全長:6.9ft
  • ルアー:10~45g

メジャークラフトのコスパバスロッドモデルですがパワー、レングス共に岸壁ジギングには最適なスペックになっています。

またバス、岸壁ジギングだけでなく他の釣りにも対応できるオールラウンダーなのでとてもおすすめのロッドになります。

【2022年新作】おすすめの岸壁ジギング用ロッド2選

JACKALL(ジャッカル) Go Seaward GSW-C72MH+

2021、2022年に発売された新作ロッドの中から岸壁ジギング用におすすめな物をご紹介したいと思います。

【ダイワ】21ブレイゾン C72H-2

  • 全長:7.2ft
  • ルアー:11~42g

ダイワから発売されているコスパバスロッドシリーズのブレイゾンが2021年にフルリニューアルされました。

その中でもC72Hは長さ、扱えるルアーウェイトが岸壁ジギングにはぴったりです。
シマノやアブガルシアに比べダイワのロッドは柔らかめの設定になっているのでHでも固すぎず扱いやすいです。

価格以上のロッドに仕上がっているおすすめの一本です。

【シマノ】21ゾディアス 172MH-2

  • 全長:7.2ft
  • ルアー:10~30g

シマノのバスロッドシリーズになります。
扱えるルアーウェイトは若干軽いですが1オンスまでは大丈夫なので問題はありません。

シマノのロッドはハリが強いものが多いので岸ジギに使用する際MHでもパワー負けすることはありません。

岸ジギ以外にもいろいろと使えるコスパに優れた新製品のロッドになります。

岸壁ジギング用ロッドについてまとめ

メジャークラフト バスロッド ベイト ファーストキャストバス FCC-662MH 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】岸壁ジギング用ロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 岸壁ジギング用ロッドの選び方
  • 岸壁ジギング用ロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの岸壁ジギング用ロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

岸壁ジギング用ロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジギングロッド
釣りラボマガジン