【2022年】ラインカッターおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

釣り糸などを切るための、ラインカッターを各種揃えました。今回、釣りラボでは、ラインカッターの特徴、おすすめのラインカッター、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のラインカッターをご紹介します。

ライン・釣り糸 PEライン
スポンサーリンク

ラインカッターの選び方

ダイワ(DAIWA) ラインカッター リガー AS-75F 502894 (アソート・ブルー/ライトグレー いずれかのカラー 色指定不可)

ラインカッターとは釣りをする際に糸を切るための専用アイテムです。
釣り系に採用されている素材は、フロロ・ナイロン・ポリエチレンが主流で、これらの素材は通常のハサミでは切りにくいですが、ラインカッターを使用すれば簡単に切ることができます。

テンポよく快適に釣りをするには、自分に合ったアイテムを選ぶのがポイントです。
ここからはラインカッターの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:ラインカッターの種類

ラインカッターには3タイプの種類があり、それぞれ特徴や使い方が違います。
まずは種類を覚えて自分に合ったものを選びましょう。

ハサミ型

日常で一般的に使用されるハサミと同じ形状をしており、サイズをコンパクトにしたラインカッターです。

切り方は通常のハサミと一緒なので、誰でもスムーズに作業をすることができます。
また刃先が細いため切りたい部分を効率よく切ることができます。

爪切り型

爪切りと同じ形状をしており、指で上下から挟んでラインをカットします。
強い力で切れるので太いラインでも切りやすいのが魅力です。
また、刃が内側に向き合っているので安全性が高いのもポイントです。

唯一のデメリットがPEラインを切るのには向いていないところです。

ライター型

タバコを吸うときに使用するライターと一緒で、炎でラインを焼いて切るタイプです。
バス釣りではカバーなど攻略する際に使用する太く強度のあるラインを切る時に便利なタイプです。

しかしガスがなくなれば使用できないのと、火を扱うためその点は注意が必要です。

選ぶポイント2:PEライン対応を選ぶ

現在の釣りにおいて、PEラインを使用して釣りをするのが主流になっています。
PEラインはポリエチレン製の系を束ねて編み込んでいるため強度はありますが、硬度は低いのが特徴です。

PEラインに対応していないラインカッターを使用すると、何度も刃を入れることで糸がほつれ効率も悪くなってしまいます。

購入する際はPEラインに対応した電熱線型・ライター型・ハサミ型といったラインカッターを選択することで、ストレスなく作業ができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ラインカッターおすすめ人気6選【コスパ最強】

スミス(SMITH LTD) PE シザース ギザツキ

ここからは実際におすすめのラインカッター6選をご紹介します。
ラインカッターの中で人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】リガー AS-75F

持ち運びに便利なハサミ型のラインカッターです。
刃の角度を3段階調整が可能なので細かい作業に適しています。

スミス(SMITH LTD)

【スミス】PE シザース ギザツキ

ハサミ型では珍しい大きめのサイズなため使いやすいのが特徴です。
刃の先が丸くなっているので、安全面にも考慮されています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】PE チョッキン

高級硬度のステンレス素材を採用しているので、耐久性と切断能力に優れたラインカッターです。
またPEラインを含め全てのラインカットに適しているのもポイントです。

ティムコ(TIEMCO)

【ティムコ】TMC レイザーシザーズ

ブレード部分に独自の形状を採用しているため、鋭い切れ味を実現したラインカッターです。
刃先が細く尖っているため繊細な作業でも簡単に行えます。

Belmont(ベルモント)

【ベルモント】ML-099 PEラインシザース

ギザギザ状の刃を採用しているため、滑りを抑えよく切れるラインカッターです。
また、大きめなサイズに設定しており使用感も抜群にいいです。

ささめ針(SASAME)

【ささめ針】ヤイバ魚絞めマルチシザース

ラインカッターとして使用できるのはもちろん魚を締める時にも使用できます。
刃にはフッ素加工してあるので手入れがしやすいのもおすすめのポイントです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのラインカッター2選

ダイワ(Daiwa) ラインカッター PE チョッキン 689465

近年ますます釣りブームに火が付き、各メーカーから新製品が続々と発売されています。
100均のダイソーやセリアからもさまざまな釣りのアイテムが発売されており、ラインカッターも発売されています。

初めて購入する方は100均で一度試して、性能と耐久性がしっかりしたラインカッターを購入するのも一つの手です。

最後に2022年最新のラインカッター2選をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

ささめ針(SASAME)

【ささめ針】ヤイバ ニードル付ラインカッター

このラインカッターは糸を切りやすくするために斜め刃になっているのが特徴です。
また、ニードルが付いているので糸が絡んだ時に解くのに便利でガン玉割りにも使用できます。

パズデザイン(Pazdesign)

【パズデザイン】PAC-344 ラインカッター

パスデザイン独自のアーチ構造を採用しており、従来のラインカッターに比べ1/3の力でカットできます。
刃の逆の部分にはニードルが搭載されているので、ラインアイの詰まりを解消する際に便利です。

スポンサーリンク

ラインカッターについてまとめ

ティムコ(TIEMCO) フライタイイングハサミ TMC レイザーシザーズ T/Cブレード

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ラインカッターおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ラインカッターの選び方
  • ラインカッターおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのラインカッター2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ...
釣り糸にはどんな種類がある?選び方やおすすめのライン6選、結び方をご紹介!
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方...
【2023年】フロロカーボンライン&リーダーおすすめ人気9選!選び方や結び方、強度もご紹介
釣りで使われるラインの一種であるフロロカーボンライン。今回、釣りラボでは、そんなフロロカーボンラインの素材の特徴、PEラ...
【2023年】アジングラインおすすめ14選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初...
釣り用スイベル(スナップ)とは?種類・選び方・2023年最新のおすすめスイベル11選を紹介!
釣り糸同士を結ぶために必要なスイベル(スナップ)は、釣りに欠かせないアイテムの一つです。今回釣りラボでは、そんな釣り用の...
【2022年】ワンタッチテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
アウトドアのさまざまなシーンで活躍するワンタッチテント。今知っておきたい情報はこちら!今回、キャンプライクでは、ワンタッ...
【2022年】ポップアップテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ピクニックなどで手軽に設営できるポップアップテント。今回、キャンプライクでは、ポップアップテントの特徴、おすすめのポップ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ライン・釣り糸
釣りラボマガジン