【2022年】ギル型ルアーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ギル型のルアーを各種揃え、その特徴や種類などを紹介します。今回、釣りラボでは、ギル型ルアーの特徴、おすすめのギル型ルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のギル型ルアーをご紹介します。

ルアー タックル
スポンサーリンク

ギル型ルアーの選び方

T.H.tackle(ティーエイチタックル) ルアー ジョイントゾーイ #3 野池ギル.

ギル型ルアーは、その名の通りブルーギルを模したハードルアーのことです。
近年発売される製品はカラーリングがとてもリアルでシルエットはもちろん、鱗まで忠実に再現しています。

ギル型ルアーを使った釣りで「ギルパターン」と呼ばれる釣りのスタイルがあり、その際にとても有効なルアーになります。

ブラックバスの産卵時期が終わり、6月から7月にかけてブルーギルの産卵時期になります。
ブルーギルはネストを守るため周辺を泳ぎ回り、それを狙いブラックバスは捕食します。

このタイミングでギル型ルアーをアプローチするとバイトに持ち込みやすいです。
このスタイルは毎年定番のパターンになっています。

ここからギル型ルアーの選び方のポイントをご紹介します。

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...

選ぶポイント1:ルアーのタイプ

ギル型ルアーには、水に浮くフローティングタイプと沈むシンキングタイプがあります。
この2タイプを上手く使い分けることで、効率よくアプローチできるようになり釣果に繋がります。

フローティングタイプはバスが浮いている時や、水面を意識している時などに有効になり、シンキングタイプは水深のある場所や、バスが深い場所にいる時に選択しましょう。

またギル型ルアーはウェイトシール貼って、レンジを変えれるので釣り場の状況に対して臨機応変に対応していきましょう。

選ぶポイント2:ルアーの形状

ギル型ルアーにはリップが付いているものと、リップが付いていないものがあります。
リップが付いているものは、クランクのようなアクションをするためアピール力が高いのが特徴です。

またリップがあることでカバーなどの障害物に対し回避能力が高いのもポイントです。
水が濁ったフィールドやサーチルアーとして使用する際におすすめです。

リップが付いていないものは水の抵抗をあまり受けないので、イレギュラーなアクションをするのが特徴です。
ジャークやトゥイッチといったアクションを得意とし、魚の居場所がしぼれている場合やピンポイントにアプローチしたい時に有効です。

スポンサーリンク

ギル型ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

イマカツ(Imakatsu) ギルロイド ベビー #548 3Dメスギル

ここからは実際におすすめのギル型ルアーを6つご紹介します。
ネットや店頭を見ても数えきれない程の種類があり、迷われている方もいると思います。

そんな方のために、ギル型ルアーの中で実績が高く人気な商品を厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

T.H.tackle(ティーエイチタックル)

【T.H.tackle】ジョイントゾーイ

トッププロからも絶大な支持を受けているギル型ルアーです。
本物のブルーギルから型をとり作られているためリアルな造形を実現しています。

イマカツ(Imakatsu)

【イマカツ】ギルロイドベビー

大人気ルアーギルロイドJr.のサイズダウンモデルです。
ブーツテールにより、大きな波動を出しバスを魅了します。
またリップとテールが脱着式なのでさまざまなアクションが楽しめます。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】チビタレル

3連結のジョイント式なので180度回転する「振り向きターン」を得意とし、これによりバスを威嚇してバイトに持ち込みます。
また130mmのボディサイズは、稚ギルそのものでどのフィールドでも威力を発揮してくれるでしょう。

deps(デプス)

【デプス】タイニーブルシューター

喰わせ能力が高く人気のあるギル型ルアーです。
また小型のサイズなので専用のタックルは必要ないところも魅力の一つです。

ティムコ(TIEMCO)

【ティムコ】ブッチギル

ボディ前後にペラが付いているのが特徴です。
ギル型ルアーの圧倒的な集魚力に、ペラの強波動でアピール力が高いルアーです。

ファットラボ

【ファットラボ】ネコソギルLL

長めのリップを採用しているため、クランクのように障害物に対し積極的にアプローチできます。
またジャークをすればヒラ打ちアクションをしてくれるためバイトを誘発してくれます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのギル型ルアー3選

JACKALL(ジャッカル) ビッグベイト チビタレル 130mm 43.5g RTカワシマアルビノギル

最後に2022年最新のギル型ルアーを2つご紹介します。
近年発売される新製品は、今までにない斬新的なアイデアを採用した商品が多いです。

最新の情報をキャッチして、デカバスもキャッチしましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

イマカツ(Imakatsu)

【イマカツ】ギルロイドミニー

大人気ルアーギルロイドシリーズの最小モデルです。
秀才なアクションはしっかり継承されボディサイズはひと口サイズなので、サイトのフィッシングで有効なルアーでしょう。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ギルネード50S

ボディサイズは50mmと極小のギル型ルアーです。
ゆっくり巻いてもペラが回るため、バスに対しネチネチと誘うことができます。
また視認性のいいサイトカラーも発売されています。

一誠+

【一誠】ギルフラットセット

ギルフラットセットは、2020年に斬新形状のルアー販売で名の通る一誠から発売された、オールインワンモデルのパックワームになります。

ギル型ワームとマス針、シンカー付ウエイトがセットになり、パックから出して直ぐに使えるオールインワンで専用設計になっていますので、バランスは抜群、カバーの中も攻める事が出来るギル型ワームです。

スポンサーリンク

ギル型ルアーについてまとめ

デプス タイニーブルシューター #12ナチュラルゴーストギル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ギル型ルアーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ギル型ルアーの選び方
  • ギル型ルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのギル型ルアー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者...
【2023年】おすすめの定番シーバスルアー18選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定...
【2023年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー14選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル...
【2023年】バス釣りルアーおすすめ14選|選び方・種類・人気メーカー
バスのルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは、バス釣りルアーの選び方、人気ルアー(メガバス・デュオ...
【2022年】スノーシューおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
冬の登山やハイクの必須アイテム!今年度激推しのスノーシューはこちら!今回、スポウィズでは、スノーシューの特徴、おすすめの...
【2022年】硬式木製バットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
木製バットを探している方必見!近年大注目の硬式木製バット厳選集はこちら!今回、スポウィズでは、硬式木製バットの特徴、おす...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン