【2022年】アジング用ランディングネットおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見!今知って欲しいアジング用ランディングネットはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用ランディングネットの特徴、おすすめのアジング用ランディングネット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のアジング用ランディングネットをご紹介します。

ランディングネット・タモ・ギャフ アジング

アジング用ランディングネットの選び方

がまかつ(Gamakatsu) LUXXE 宵姫ランディングネット LE-801

アジングはライトゲームの代表格で、手軽に始めることができる釣りです。

アジングにランディングネットと聞くと、必要かと思う方もいるかもしれませんが、アジは口が弱い魚ですので、引き上げている最中に口切れしてしまうということが多々あります。
そんな事態を防ぐためにも、アジング用のランディングネットを持っておくと良いでしょう。

とは言え、軽い装備で楽しむことができるのがアジングの醍醐味ですので、アジング用のランディングネットの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:網のサイズ

ランディングネットは網の直径サイズで、大きなものから小さなものまで多種多様となっています。
アジング用のランディングネットはあまり大きなサイズは必要なく、直径で40cmほどあれば十分です。

選ぶポイント2:ポール付け替え可能かどうか

アジングは様々なフィールドで楽しむことができる釣りですが、堤防や海釣り施設等で行う場合、足場が高いことが多くあります。
持ち手部分のランディングポールを付け替えることで、ポイントに合わせることができますので、なるべく付け替えができるものを選ぶようにしましょう。

アジング用ランディングネットおすすめ人気6選【コスパ最強】

メジャークラフト ランディングネット ファーストキャストランディングセット4m LS-400FC

それでは実際におすすめのアジング用ランディングネットを6つ紹介します。
ランキング上位の人気アジング用ランディングネットはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これからアジングを始める方も、新しくアジング用ランディングネットを購入して快適なアジングを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

Gamakatsu(がまかつ)

【がまかつ】ラグゼ宵姫 ランディングネット

ハイエンドアジングロッドで人気の宵姫ブランドから発売されている、アジング用ランディングネットです。
フリーフラップジョイントという機構があり、ポール装着時に角度を決めることで、好きな角度に調整することができます

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】ファーストキャスト ランディングセット

メジャークラフトのエントリーモデルであるファーストキャストから発売されているランでイングネットは、アジングにおすすめです。
フレームを折りたたむことでコンパクトに収納できるので、ランガンスタイルにぴったりです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ランディングネットFL35

ダイワのランディングネットシリーズであるFLシリーズの中で、一番小さなサイズである35サイズがアジングにぴったりなランディングネットです。
扱いやすい寸法でコンパクトに持ち運べるため、自転車釣行やバイク釣行の方におすすめです。

アルカジックジャパン(Arukazik Japan)

【アルカジックジャパン】Ar.ランディングネット

ライトゲーム・ランガンスタイルに使いやすいサイズ、首振り機構でワンタッチで開くことができる手軽さで、アジングにぴったりなランディングネットです。
フレームの耐久性が高いので、予想外の大物に対してもしっかりと対応できます。

タカミヤ(TAKAMIYA)

【タカミヤ】H.Bコンセプト ラストウィニング ランガンシャフト

名前の通り、ランガンスタイルに合わせて開発されたランディングネットです。
横35cm×縦40cmと使いやすいオーバル形状で、使い慣れていない初心者でも安心してランディングできます。

ドレス(DRESS)

【ドレス】折りたたみランディングネット100

軽量で扱いやすく、ワンタッチで操作できる折りたたみ式のランディングネットです。
逆三角形のフレーム形状をしているため、アジを網に入れやすくなっています。

【2022年新作】おすすめのアジング用ランディングネット3選

ダイワ(DAIWA) ランディングネット ランディングネットFL 35 ガンメタ

次に2021年、2022年に発売された最新のアジング用ランディングネットを2つ紹介します。
アジング用ランディングネットは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作のアジング用ランディングネットを使って、快適なアジングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

SANLIKE

【サンライク】ランディングネット

枠サイズが45cm×59cmと大き目のランディングネットで、アジングだけでなく多くの釣りを楽しみたいという方におすすめです。
グリップ部分がラバー製となっているので滑りにくく、初心者が足場の高い場所で使用するのも問題ありません。

KOMCLUB

【KOMCLUB】フィッシングランディングネット

ポールとネットの接続部分を折りたたむことができ、更にネットのフレームもたたむことができるので、とてもコンパクトに収納できるアジング用ランディングネットです。
次々ポイントを移動するランガンスタイルにぴったりです。

プロックス(Prox)

【プロックス】オートランディングザコネット PX426S

オートランディングザコネット PX426Sは、2021年にプロックスから発馬された、小型軽量のランディングネットになります。

ネット部分も目が細かく、マイクロネット仕様になっていて、ソルトのライトゲームからトラウトのエリアゲーム、小川でのエサ取りやガサガサ遊びにピッタリな、折り畳み収縮可能な携行性の高いランディングネットです。

アジング用ランディングネットについてまとめ

アルカジックジャパン Ar.ランディングネット

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】アジング用ランディングネットおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • アジング用ランディングネットの選び方
  • アジング用ランディングネットおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのアジング用ランディングネット3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

アジング用ランディングネット
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ランディングネット・タモ・ギャフ
釣りラボマガジン