【2022年】左利き用のベイトリールおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

左利きの釣り師の方必見!左利き用のおすすめベイトリールまとめ!今回、釣りラボでは、左利き用のベイトリールの特徴、おすすめの左利き用のベイトリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の左利き用のベイトリールをご紹介します。

リール バス釣り

左利き用のベイトリールの選び方

ダイワ(DAIWA) 21 PR100

ベイトリールはスピニングリールとは違い、ハンドルの左右付け替えができないので、購入時に右ハンドルか左ハンドルかを選択する必要があります
ベイトリールを初めて購入する場合は、特に悩むポイントです。

左利きの人の場合はどちらのハンドルが良いのでしょう?

ここでは左利きの人がベイトリールを選ぶ時のポイントを、ハンドルの選び方を含めその他のポイントも絞ってご紹介します。

選ぶポイント1:ハンドルの向き

左利きの人が初めてベイトリールを購入する場合は、利き手側のハンドル=左ハンドルを選ぶことをおすすめします。

左ハンドルのリールを選ぶメリットは以下の2点です。

リールを巻く動作が安定しやすい

ベイトリールはハンドルを巻いて魚を引き寄せるので、ハンドル操作が重要です。
利き手でリールを巻く方がスムーズに、一定のリズムで正確に巻くことができます。

利き手でキャストする際に、正確にキャストできる

左利きの人が左ハンドルのベイトリールを利き手でキャストする場合、ロッドを振り上げた際に、重心のあるハンドル側が上(振り上げる方向側)に来ます。
重心を利用して楽にキャストすることが可能です。

また、左手でキャスト→右手にロッドを持ち替えて左手でハンドル操作をする、という一連の持ち替え動作も、利き手ならスムーズにできます。

その反対に、左利きの人が右ハンドルで同じキャストの動作をしようとすると、振り上げ時には重いハンドル側が下(振り上げる方向とは反対側)になり、ロッドを支えて持つ腕や手首に負担がかかります。
長時間、何度もキャストをし続けるような場合だと疲労が増し、正確なキャストが難しくなります。

実際にハンドルを巻いてみて右ハンドルの方が巻きやすかったり、バス釣りに慣れていて持ち替えの手間を省きたい人は、左利き手と反対側のハンドル=右ハンドルを選んでみるのももちろんありです。

初心者のうちで迷う場合は、左利きの手でキャスト→持ち替えて利き手でハンドル操作という操作の方が、ベイトリールに慣れるスピードは速いでしょう。

選ぶポイント2:メーカー

左利きの人でなくともベイトリール初心者がその操作に慣れるまでは、ライントラブル等の心配はつきものです。
まず初めの一つを選ぶなら、やはり大手のメーカーのリールを選ぶ方が安心です。

大手メーカーであるダイワ、シマノ、アブガルシアなら、故障時のアフターサービス等サポート体制も充実しています。

選ぶポイント3:ブレーキ性能

ベイトリールのデメリットであるバックラッシュを防ぐため、ブレーキ性能には各メーカーが力を入れており、特徴が分かれる部分です。

メーカーやグレードによっても種類は様々ですが、大きく以下の3つに分かれます。
各特徴を把握して、操作性のしやすさや自分のしたい釣りにあわせて選びましょう。

遠心ブレーキ

遠心力に応じブレーキがかかる仕組みです。
飛距離が出やすいがバックラッシュ対応にはメカニカルブレーキの調整と合わせた対応が必要です。

マグネットブレーキ

非接触型ブレーキのため、外部の影響を受けず扱いやすいです。
安定したブレーキ力があります。

DC(デジタルコントロール)ブレーキ

マイクロコンピューターによる最新式の自動制御ブレーキです。
飛距離も出てトラブルレスですが、やや高価になります。

左利き用のベイトリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 TATULA SV TW 103H (2020モデル)

左利きの人におすすめのベイトリールを人気商品から6つご紹介します。
左利きの人も利き手で操作できる、左右両ハンドルがあるものの中から選んでいます。

ベイトリールの最初の一台は価格と性能のバランスが良いものを選んで、操作に慣れることを優先しましょう。

【ダイワ】21 PR100

リーズナブルな価格ながらも基本性能をしっかり備えた、入門者用ベイトリールの決定版
バス釣りからソルト(海釣り)まで対応。

日本の老舗メーカーであるダイワはマグネットブレーキの開発に力を入れており、ほとんどのモデルで搭載しています。
PR100は「マグフォース」を採用し、外部から容易にブレーキ力を調整できます。
非接触型ブレーキのため、外部の影響を受けないのでベイトリール初心者でも扱いやすく、安定したブレーキ力を発揮します。

ハイコストパフォーマンスでどんな人にも使いやすいオールラウンドなモデルのため、ベイトリールの人気ランキングでも常にエントリーされています。

【ダイワ】20 タトゥーラSV TW

ダイワのベイトリールとしてはスタンダードモデルである、タトゥーラシリーズの最軽量モデルです。

ブレーキタイプは前モデルの「マグフォースZ」から更に進化を遂げた「エアブレーキシステム」を搭載。
極めてバックラッシュが少なく、ストレスフリーな使い心地を実現しています。

T-ウイングシステムやSVコンセプトといった高機能性により、マグネットブレーキの長所に加えて、キャスティング性能や遠投性もアップ。
2g台の軽いルアーから55gの重めのルアーまで対応できる、バーサタイル(多目的)仕様です。

ノーマル、ハイギア(HL)、エクストラハイギア(XHL)の3種類のギアがありますが、左利き手でのハンドル操作に慣れるまでは、ノーマルギアをおすすめします。

【シマノ】バスワン XT

シマノのベイトリール入門者向けの定番モデルです。
バスワン XTでは遠心ブレーキ「SVS」を搭載。

キャスト直後は強くブレーキがかかり、着水直前の低速時にはほぼブレーキがかかりません。
キャスト直後のバックラッシュを抑えつつ、キャスト後半の飛距離を伸ばしてくれます

海水対策として防錆処理も施し、オールラウンドに活躍します。

【シマノ】19 SLX MGL

軽量ながらも剛性の高いボディに加え、飛距離を「マグナムライトスプール」で抜群に飛躍させた、飛距離に強みを持つシマノのハイコストパフォーマンスな一台です。
バスワン XTに搭載の遠心ブレーキを更に進化させた「SVSインフィニティ」は、外部から簡単にブレーキ調整ができるようになっています。
様々な状況下で使用できる、守備範囲の広いベイトリールです。

【アブガルシア】ブラックマックス 4

アブガルシアのベイトリールは、機能はシンプルながらも質実剛健でコスパの良いものが多いのが特徴です。
2021年にモデルチェンジして発売されたブラックマックス 4は、従来モデルよりコンパクトになり、更にベイトリール初心者にも扱いやすくなりました
マグネット方式の「Magtraxブレーキシステム」を搭載し、安定したブレーキ力を発揮します。

【アブガルシア】ロキサーニ 7/8

1万円台で高強度なのに軽量、ハイブリッドブレーキをも備えた、高コストパフォーマンスなベイトリールです。

マグネットブレーキと遠心ブレーキの両方を採用した「インフィニティブレーキシステム」を搭載。
好みや状況により自由にセッティングが可能なので、どちらのブレーキも試してみたい人におすすめです。

【2022年新作】おすすめの左利き用のベイトリール3選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 17 バスワンXT 150 右ハンドル バスフィッシング バーサタイル

次に2022年最新のベイトリールの中から、左利きの人も使用できるベイトリールを2つご紹介します。

【シマノ】21 スコーピオンDC

2021年に発売されたスコーピオンシリーズの新製品です。
DC(デジタルコントロール)ブレーキシステムの「I-DC5」を搭載。
3モードの内部ダイヤルと5段階の外部ダイヤルで状況に応じてブレーキの強弱を調整でき、4極着磁リング磁石とコンピューターでブレーキを自動でかけてくれます。

ベイトリールでこのトラブルフリーな快適さは、少々値が張っても試す価値は十分にあります。

【ダイワ】22ジリオン TW HD

2021年12月にデビューしたばかりの新作モデルです。
21ジリオンSV TWに耐久性と遠投性をアップさせた仕様になっています。

ブレーキシステムに「MAGFORCE-Zブースト」を採用しています。
バックラッシュを回避しつつキャスト後半での遠投性能を極限まで引き出しています。

スプールにG1ジュラルミンという高強度真鍮を使用し、滑らかな回転と力強いハンドル操作を叶えます。

ベイトリールに慣れてきて、更に力強いリール操作をしたい、長く使える一台を探したい人におすすめしたいリールです。

【アブガルシア】レボ ビースト ロケット 40右/41左

レボ ビースト ロケット 40右/41左は、アブガルシアから2020年発売の、左右ハンドルが標準設定されたベイトキャスティングリールになります。

ハードロックフィッシュやランカーバス狙いの方はじめ、大型魚種をベイトで獲りたいアングラーには、搭載されるエクストラハイギアを駆使して、広範囲をテンポ良くサーチすることが出来る仕様です。

左利き用のベイトリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 SLX MGL 71 バス釣り ラバージグ 点撃ち マキモノ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】左利き用のベイトリールおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 左利き用のベイトリールの選び方
  • 左利き用のベイトリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの左利き用のベイトリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

左利き用ベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ最強のベイトリールおすすめ人気ランキング15選!使い方・投げ方
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ...
【2022年】シマノのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
シマノのベイトリールは、高機能かつ精度の高い製品であり、ベイトリールの中でも特に人気が高いです。今回、釣りラボでは、シマ...
【2022年】ダイワのベイトリールおすすめ人気ランキング11選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのベイトリールは、多くのラインナップを揃えており、釣り人からも非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのベ...
【2022年】アブガルシアのベイトリールおすすめ人気ランキング12選!特徴や新製品もご紹介
アブガルシアのベイトリールは、ダイワ、シマノのベイトリールにも引けを取らないほど人気のある製品です。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ジギングにおすすめのベイトリール人気12選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リール
釣りラボマガジン