【2024年】ヒラメ釣り用ハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も

ヒラメ釣りに挑戦したい方必見!ヒラメ釣り用ハイギアリール厳選集!今回、釣りラボでは、ヒラメ釣り用ハイギアリールの特徴、メリット、おすすめのヒラメ釣り用ハイギアリール、コスパ最強製品、2024年シーズンに向けた新製品のヒラメ釣り用ハイギアリールをご紹介します。

スポンサーリンク

ヒラメ釣り用ハイギアリールを使うメリットとは?

シマノ(SHIMANO) スピニング 21 アルテグラ 4000XG マルチカラー

サーフや船釣りで人気のターゲットがヒラメです。
ヒラメ用のリールといえば、ハイギアリールというのが定番です。

ハイギアリールは、ハンドル1回転で多くのラインを巻き取るという特徴があります。
ヒラメ釣り用のハイギアリールを使うメリットを簡単に紹介します。

メリット1:手返しの良い釣りができる

特にサーフのヒラメ釣りにおいては、ロングキャストを多用する釣りとなります。
遠くに飛ばしたルアーや仕掛けを素早く回収するためには、ハイギアリールが有利となります。

メリット2:波に負けないアクションができる

波のあるフィールドではルアーが波に乗ってしまい、思うようにアクションが決まらない場面があります。
そんな時にハイギアリールを使うと、波に負けないでアクションを決めることができます

スポンサーリンク

ヒラメ釣り用ハイギアリールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ C5000HG ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

ヒラメにはハイギアリール、というのが定番となっていることもあり、ヒラメ釣り用のハイギアリールは数多く発売されています。
その中で自分に合ったヒラメ釣り用ハイギアリールを選ぶポイントを簡単に紹介します。

選ぶポイント1:リールサイズ

ヒラメ釣りは飛距離が重要な釣りとなりますので、それに応じたラインキャパシティが必要となります。
ヒラメ釣り用のハイギアリールとしては、4000番~5000番サイズのもので、PE1.5号が200~300m巻けるリールサイズのものを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイント2:耐久性

ヒラメ釣りでは、ヒラメ以外に中型の青物がかかるという場面も数多く起こります。
ヒラメと比べると圧倒的に引きが強いので、ヒラメ釣り用のハイギアリールには予期せぬターゲットにもしっかりと対応できる耐久性が必要となります。

スポンサーリンク

【2024年最新】ヒラメ釣り用ハイギアリールおすすめ人気10選|コスパ最強

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ 4000SH 2018モデル シャロースプール ハイギア カーボンハンドル装備 ソルト対応

それでは実際におすすめのヒラメ釣り用ハイギアリールをご紹介します。
ランキング上位の人気リールはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価したを選んでいます。

これから釣りを始める方も、新しいヒラメ釣り用ハイギアリールを購入してレベルアップした釣りを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】アルテグラ 4000XG

高性能ハイギアリール

シマノのアルテグラは、2万円以下のリールながらもステラに採用されている機構を惜しみなく搭載しているリールです。
特に巻き心地が良く、ハイギアリールとして巻き動作を繰り返す釣りでは、ストレスなく巻くことができます

こんな人におすすめ

  • 巻き心地が良いリールを探している方
  • ハイギアリールでの釣りをすることが多い方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】レガリス4000D-CXH

初心者にまずおすすめしたいハイギアリールが、ダイワのレガリスです。
大きくなりがちなヒラメ用リールの中では軽量・コンパクト設計なので、慣れていなくても取り回しの良いリールです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フリームス LT5000-CXH

ZAIONVを使用したハイギヤリール

ダイワが2021年に発売したフリームスLTは、エントリークラスの価格設定ながら、ZAIONV素材をふんだんに使ったリールです。
巻き心地も良く、ロングキャストを繰り返すヒラメ釣りにぴったりなハイギアリールです。

こんな人におすすめ

  • ヒラメ釣りに興味がある初心者の方
  • コストパフォーマンスに優れたリールを探している方
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】22ステラ C5000XG

ロングキャスト必勝リール

シマノの最高級リールであるステラの新モデルは、インフィニティループ機能により、ラインを超密巻きし、ラインがスムーズに抜けることで飛距離性能が高まっています。
ギア歯面を見直すことで滑らかな巻き心地の耐久性も上がっており、ヒラメ釣りのようにロングキャストを多用する釣りにおすすめです。

こんな人におすすめ

  • ロングキャストを多用するヒラメ釣りの熟練者の方
  • 高性能なリールを求める方の方
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】21ナスキー C5000XG

シマノの高性能ハイギアリール

これからヒラメ釣りを始めようという方におすすめしたいのが、シマノの新作ナスキーです。
一万円前後で購入できる価格設定ながら、サイレントドライブやHAGANEギアといったシマノの技術が搭載されたハイコスパなハイギアリールです。

こんな人におすすめ

  • 初めてヒラメ釣りをするが、ハイクオリティなリールが欲しいという方
  • コストパフォーマンスに優れたハイギアリールを探しているという方
アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ゼノン 4000SH

最新スピニングリール ZENON

ZENON 4000SHは、2021年にアブガルシアから新モデルとして発売された、汎用スピニングリールになります。

2大メーカーとは違うギア構造と、左右非対称のセンターバランスで、キャスト&リトーリーブのインターバルが長いヒラメゲームやシーバスゲームなど、ハイギアを駆使してアクションに温度差を付けられるスピニングリールです。

こんな人におすすめ

  • ハイギアリールでのヒラメ釣りに興味がある方
  • キャスト&リトーリーブのインターバルが長い釣りをする方
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】19ヴァンキッシュ C5000HG

ロングキャストを繰り返すヒラメ釣りで、ヴァンキッシュの軽さは釣り人を助ける大きな武器となります。
ハイギアリールを使うとキャスト回数も増えるので、長時間ヒラメを狙いたい方におすすめのハイギアリールです。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ロキサーニ 4000SH

高性能ロッドならロキサーニ

カーボン素材のハンドルやDURAMETAL一体のアルミボディを搭載しながらも、購入しやすい価格帯のハイギアリールが、ロキサーニです。
ライン巻き取り長は100cmと、ハイギアリールとして手返し良い釣りが楽しめます。

こんな人におすすめ

  • 手軽な価格で高性能なハイギアリールを探している方
  • ヒラメ釣りに興味がある初心者の方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】21セルテートSW 5000-H

余裕を持ったヒラメ釣りを楽しみたい方におすすめなのが、ダイワのセルテートSWです。
耐久性が高いだけでなく、滑らかな巻き心地でどんなフィールドにおいても活躍するハイギアリールです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ルビアス エアリティ LT

軽量高感度スピニングリール

ダイワから2021年発売のルビアス エアリティLT 4000-CXHは、コンパクトハイギア仕様の汎用スピニングリールになります。

ZIONメインのマテリアル選定で軽さ=静粛感を成立させ、サーフからのヒラメやフラットフッシュ、遠目のバイトとショートバイトをしっかりキャッチ出来る、感度抜群のスピニングリールに仕上がりました。

こんな人におすすめ

  • ヒラメ釣りをよくする方で、高い感度でバイトをキャッチしたい方
  • 遠目のバイトにも対応できるハイギアリールを探している方
スポンサーリンク

ヒラメ釣り用ハイギアリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT5000-CXH

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】ヒラメ釣り用ハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ヒラメ釣り用ハイギアリールを使うメリットとは?
  • ヒラメ釣り用ハイギアリールの選び方
  • 【2024年最新】ヒラメ釣り用ハイギアリールおすすめ人気10選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ハイギアヒラメリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2024年】ショアジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットは?
ショアジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ショアジギング向けハイギアリールの特...
【2024年】ハイギアなベイトリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやローギアとの違いは?
近年、ハイギアリールが人気を博していますが、ハイギアなベイトリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、...
【2024年】ハイギアのリールおすすめ人気ランキング10選!選び方や新製品もご紹介
ハイギアのリールには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ハイギアのリールの特徴、おすすめのハイギアのリール、...
【2024年】エギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットは?
エギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、エギング向けハイギアリールの特徴、おすすめ...
【2024年】ハイギアなスピニングリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやローギアとの違いは?
近年、ハイギアなリールの人気が高まっていますが、ハイギアなスピニングリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラ...
【2024年】野球用バット収納可能リュックおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
野球をしている方のために、持ち運びに便利なバットを収納できるリュックがあります。今回、スポウィズでは、野球用バット収納可...
https://sports-with.com/baseball/baseball-bat/639
...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リール
釣りラボマガジン