【2022年】中深海ジギングリールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も

中深海ジギングに挑戦したい方必見!適したリールはこちら!今回、釣りラボでは、中深海ジギングリールの特徴、おすすめの中深海ジギングリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の中深海ジギングリールをご紹介します。

ジギングリール ジギング

中深海ジギングリールの選び方

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 トリウム 1500HG(右) ジギング 初心者向け

青物狙いの印象が強いジギングですが、アカムツなどの底生魚を狙う中深海ジギングの人気が高まっています。

中深海のジギングリールは、パワーのある両軸リールを用います。
中深海ジギングリールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:ラインキャパで選ぶ

中深海ジギングリールを選ぶ際には、ラインキャパに注意しましょう。
ターゲットの生息する水深は、200mから300m程度となります。

中深海のジギングリールは、概ねPE1号から1.5号が600m以上巻くことができるものがおすすめです。

選ぶポイント2:ギア比で選ぶ

中深海のジギングリールを選ぶ際には、ギア比は大切なポイントとなります。
300m程度の海底からメタルジグを巻きあげる中深海ジギングリールのギア比は、ハイギアがおすすめです。

ハンドル1回転あたりの巻き取り量が多いので、素早い手返しを行うことができる上に、ジャークなどのアクションもやりやすいからです。

ただし、大物狙いでパワー重視の場合は、ノーマルギアやローギアを選択しても良いでしょう。

選ぶポイント3:手巻きか電動かで選ぶ

中深海ジギングリールを選ぶ際には、手巻きタイプにするか、電動タイプにするかについて考えてみましょう。

中深海ジギングに用いるリールは基本的には、軽く、かつ操作性の良い手巻きのリールがおすすめです。

電動リールは自重もあり、操作性は手巻きに劣りますが、モーターのパワーで巻きあげることができるので、ラインの回収も早く、大物との対峙ではメリットがあります。

中深海ジギングリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H-SJ (2019モデル)

中深海ジギングリールおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【シマノ】20トリウム 1500HG

初心者向けのエントリーモデルですが、高い剛性のHAGANEギアやコンパクトなボディを持ち、コスパは最強で人気があります。

クラッチオートリターン機構を採用し、メタルジグがボトムについてから巻き始めるまでに、タイムロスがありません。

【ダイワ】19キャタリナ 15H-SJ

パワーとタフが真骨頂のジギング用ベイトリールで、スーパーメタルハウジングの高い剛性でパワーロスを低減し、人気がありランキングにあがることもあります

15H-SJは、PE1.5号を600m巻くことができるラインキャパを持ち、中深海ジギングリールとして活用できます。

【シマノ】オシアジガーFカスタム 1501HG

フォールレバーを搭載し、フォールスピードのコントロールが可能となった中深海ジギングリールでおすすめです。

ハンドルノブは軽量に設計されており、負荷が高い場合でも軽い巻き上げを実現しています。

【タカミヤ】シーマイスターRH REAL METHOD

マシンカット鍛造アルミフレームを採用し、軽量化に合わせ高い剛性を持つ両軸リールで、価格の比較的安くおすすめです。
防錆ステンレスシールドベアリングで、高い耐腐食性を実現しています。

【プロックス】ジンベイ JBR300 R300

汎用性のある、オフショアベイトリールで中深海ジギングにも活用することができます。
価格も安く初心者の入門用リールとしても最適です。
ドラグ性能も高く、大物釣りにも使用することができます。

【ダイワ】21シーボーグG300J

2021年発売のダイワの電動リールで、徹底した軽量化を図り、高い耐久性と感度を手に入れています
新採用のMAGMAXモーターは、レスポンスと回転フィーリングの良さを持っています。

【2021年〜2022年新作】おすすめの中深海ジギングリール4選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 オシアジガー Fカスタム 1501HG(左) ジギング マダイ タチウオ 根魚

2021年新作、おすすめの中深海ジギングリール2選をご紹介します。

【ダイワ】21ソルティガIC 300H-SJ

2021年新作の、中深海ジギングリールで、最新技術によりコンパクトで、滑らかな回転を実現しました。

ハイパードライブデザインをコンセプトにしており、初期性能が長く続くことを特徴としています。

【シマノ】21オシアジガー 1500XG

2021年新製品の、シマノの中深海ジギングリールで、パーミング性に優れたコンパクトボディで高い剛性を持っています

1500XGは、ギア比7.3のハイギア仕様で巻上速度が早く、メタルジグの回収を素早く行うことができます。

【シマノ】オシアジガー 2000NRXG

シマノから2021年発売のジギングリールになります。
オシアジガー 2000NRXGは、大型魚種や深海からの巻き上げを得意とするハイギアが搭載された、シンプルさの中に多大なパワーを持つジギングリールです。

巻き上げ力の支点を中央に配置するT型ハンドルは、深場からの連続ジャークでも体の中心付近の力点で巻き上げる事で、疲労の軽減に配慮されたシマノ独自の発想です。

【ダイワ】ソルティガ 10000-P

ソルティガ 10000-Pは、ダイワから2020年に発売された、パワーギアが搭載されたスピニングリールのフラッグシップモデルになります。

大量のラインストックを要する高剛性アルミエアローターと、14枚ものワッシャーを積み上げたATDで、深海ジギングからトップゲームまで、フォールとキャストフォールを両立できる、ハイエンドなスピニングリールです。

中深海ジギングリールについてまとめ

タカミヤ(TAKAMIYA) リール REALMETHOD GINEGA 100RH

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】中深海ジギングリールおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 中深海ジギングリールの選び方
  • 中深海ジギングリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめの中深海ジギングリール4選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

中深海ジギングリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジギングリール
釣りラボマガジン