【2022年】青物釣り向けのカウンター付きリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

カウンター付きのリールは便利ですよね。今回、釣りラボでは、青物釣り向けのカウンター付きリールの特徴、おすすめの青物釣り向けのカウンター付きリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の青物釣り向けのカウンター付きリールをご紹介します。

リール
スポンサーリンク

青物釣り向けのカウンター付きリールの選び方

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 オシアコンクエストCT 300HG(右) ジギング 青物 フォールレバー 船 手巻

青物釣りでカウンター付きのリールを使用すると、水深が把握でき魚がいる棚に合わせることができます。

ここからは、青物釣り向けのカウンター付きリールの選び方や、おすすめのアイテムをご紹介していきます。

まずは、カウンターリールの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:糸巻き量

青物釣り向けのカウンター付きリールの糸巻き量は「200m」巻けるものを選択しましょう。

狙う魚種や、釣り場によって糸巻き量は変わりますが、200mあればあらゆるシーンに対応することができます。

選ぶポイント2:ギア比

リールのギア比は、大きく分けて3つに分類されます。
好みの使い心地や、釣りのスタイルに合わせて選択しましょう。

「ローギア」は、パワフルな巻き上げ力があり、一回転の巻き量が少なくスローに誘う時に有効です。

「ハイギア」は、ローギアに比べ、巻き上げ力は劣りますが、一回転の巻き量が多く、手返しを重視したい方におすすめです。

「ノーマルギア」は、ローギアとハイギアの中間に位置するタイプです。
汎用性を重視したい方におすすめです。

スポンサーリンク

青物釣り向けのカウンター付きリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) カウンター付ベイトリール 20 ティエラ IC 100XH (2020モデル)

ここからはおすすめの「青物釣り向けのカウンター付きリール」を6つご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを厳選しました。
購入を検討している方、ぜひチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】18 オシアコンクエストCT

高強度・耐久性に優れた青物ルアー釣り向けカウンター付きリールです。
鋼ボディを採用しているため、強度に優れており使用頻度の高い方におすすめです。

また、マイクロモジュールギアを搭載しているので巻き心地が抜群に良いです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】20 ティエラ IC

軽量モデルの青物の釣り向けカウンター付きリールです。
高強度で軽いZAION素材をボディに採用しているので、軽量化を実現しています。

水深が把握できるアラーム音が鳴る点も魅力の一つです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】19 グラップラー CT

フォールレバーを搭載している青物釣り向けカウンター付きリールです。
フォールレバーを搭載することにより、ルアーのフォールスピードを調整することができます。

鋼ボディを採用しているので、剛性が高く耐久性にも優れています。
小型ですが、非常にパワフルなアイテムです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ライトゲームX ICV

ライトゲームに特化した青物釣り向けカウンター付きリールです。
アラーム機能やコマセタイマーを装備しており、幅広いアプローチを可能にしてくれます。

汎用性が高いため、さまざまな魚種に対応することができます。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】17 バルケッタ BB

ハイギアモデルの青物釣り向けカウンター付きリールです。
ギア比の高いモデルを多数ラインナップしており、手返しを重視したい方におすすめのアイテムです。

LEDのバックライトを装備しているので、ナイトゲームやマズメ時でも視認性に優れています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】18 スパルタン MX IC

多数の機能を搭載した青物釣り向けカウンター付きリールです。
タイマー表示機能・スーパーメタルフレーム・LEDバックライトなどの、さまざまな機能を搭載しており、快適に釣りを楽しむことができます。

ドラグ機能も優れているため大型の青物にも対応します。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの青物釣り向けのカウンター付きリール2選

シマノ(SHIMANO) リール 19 グラップラー CT 150XG 右

最後に2021年以降に発売された「青物釣り向けのカウンター付きリール」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の青物釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Eigell

【Eigell】ラインカウンター付きトローリングリール

コスパに優れた青物の釣り向けカウンター付きリールです。
値段が7000円前後と非常に安価なため、初心者の方におすすめのアイテムです。

軽量で、耐久性に優れたフレームを採用しており、快適に使用することができます。

WATA CHAMP

【WATA CHAMP】ドロップショット

非常に軽量な青物釣り向けカウンター付きリールです。
防水仕様のLEDラインカウンターを搭載しているため、安心して使用することができます。

また、アラーム付きなので、水深やレンジを容易に把握することができます。

スポンサーリンク

青物釣り向けのカウンター付きリールについてまとめ

ダイワ(Daiwa) 両軸リール カウンター付き ライトゲーム X ICV 200H

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】青物釣り向けのカウンター付きリールおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 青物釣り向けのカウンター付きリールの選び方
  • 青物釣り向けのカウンター付きリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの青物釣り向けのカウンター付きリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2023年】青物釣り用ルアーおすすめ11選!釣れるルアーの種類を徹底解説
アジやブリなど人気の魚種が釣れる青物釣りですが、ルアーを選ぶ際、種類が多くどれを選べばいいのか迷う方も多いのではないでし...
【2023年最新】青物狙いにおすすめのリール12選!選び方の基準やポイントも解説
青物などの大物を狙うためにリール選びは重要ですが、どういったポイントで選べば良いのか不安になるときはございませんか?そこ...
青物釣りにおすすめのランディングネット(タモ網)を徹底解説!選び方もご紹介
ランディングネットにはサイズや形が異なり、釣る魚の種類によって変える必要があります。そこで今回釣りラボでは、青物魚を釣る...
【2022年】青物を釣るのにおすすめのシーバスロッド11選!選び方・人気商品を紹介
青物を釣るには、専用のタックルが必要だと思っていませんか?実はやわらかめのシーバスロッドがあれば、青物に流用できます。今...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジギングリール
釣りラボマガジン