【2022年】ブリジギング用リールおすすめ人気10選!メリットやコスパ最強製品も

今回、必見!釣りラボでは、ブリジギング用リールの特徴、メリット、おすすめのブリジギング用リール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のブリジギング用リールをご紹介します。

ジギングリール ジギング

ブリジギング用リールを使うメリットとは?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 16 BG 4500 (2016モデル)

青物の強烈な引きを感じることができ、釣り上げた後の楽しみもあって人気の釣りがブリジギングです。
しっかりと準備してかからないと、不意のアタリに対応できないことも多い釣りです。

少ないチャンスをものにできるように、ブリジギング用のリールを使うメリットを簡単に紹介します。

メリット1:ブリのパワーにしっかり対応できる

ブリジギング用のリールは、ドラグ性能や耐久性が高くなっています
良型のブリがかかった時に、リールにはかなりの負荷がかかるので、それに耐えうる性能が必要なのです。

メリット2:ライン容量が多い

ブリなど青物はかかった瞬間、沖に走る習性があります。
物青物に耐えうるPE4~5号のラインを300m以上巻くラインキャパが必要となってきます

ラインが足りないという事態にならないようにするには、ブリジギング用のリールを用意することが必要です。

ブリジギング用リールの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 スフェロス SW 8000PG オフショア ジギング キャスティング

ブリジギング用のリールは高価なものも多く、簡単に買い替えすることが難しいものです。
ブリジギング用リールの選び方を簡単に紹介しますので、ポイントをしっかりと押さえて選ぶようにしましょう

選ぶポイント1:スピニングモデル・ベイトモデル

ブリジギング用のリールはスピニングリールとベイトリールがあります。
スピニングモデルはライントラブルが少なく、ドラグ機能が高いというのが特徴です。

対するベイトモデルは大型のブリにも負けないパワーが魅力です。
スピニング・ベイトは自分の腕や、フィールドによって選ぶのが良いでしょう。

選ぶポイント2:ギア比

ブリジギング用リールにはパワーギアモデルとハイギアモデルがあります。
ギア比を選ぶポイントは、自分の体力とフィールドの2点です。

体力や巻く力に自信がある方や、ショアからのブリジギングをメインとする方はハイギアモデルがおすすめです。
対して、巻く力に自信がない方や、オフショアで大物を狙っていく方にはパワーギアモデルが合っているでしょう。

ブリジギング用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) 21 セルテートSW 8000-P

それでは実際におすすめのブリジギング用リールを6つ紹介します。
ランキング上位の人気リールはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これからブリジギング用リールを購入してブリジギングを楽しもうとする方も、サブリールを探している方もぜひ参考にしてみてください。
スピニングモデルとベイトモデルと分けて紹介していきます。

【ダイワ】16BG 4500

ダイワのBGは同社のソルティガ譲りのスーパーメタルボディを採用している高剛性が売りのエントリークラスの大型リールです。
他にエアローターやATDも搭載しており、初心者だけでなく幅広い層におすすめできるブリジギング用リールです。

【シマノ】21スフェロスSW 8000PG

シマノの大型スピニングリールの中では入門機クラスに位置するのがスフェロスSWです。
1万円台で購入できる価格設定ながら、インフィニティドライブ機能で巻き上げは軽く、ブリジギング最初のリールとしておすすめのリールです。

【ダイワ】21セルテートSW 8000-P

元々高い基本性能を持つセルテートに、大型サイズ・モノコックボディとなって耐久性に磨きをかけたのが21セルテートSWです。
巻き心地も軽く、快適なブリジギングを約束してくれるリールです。

【アブガルシア】ソルティーステージ ジギング

ブリジギング用ベイトリールの中でもコンパクトサイズのソルティーステージジギングは見た目に反して高性能なベイトリールです。
MAX14kgのドラグ性能があるベイトリールなので、しっかりとブリとファイトすることができます。

【シマノ】20トリウム 2000PG

シマノのブリジギング用ベイトリールの中ではエントリーモデルに位置するのがトリウムです。
HAGANEボディ搭載で耐久性が高く、握り込みやすいコンパクトボディでファイトに集中留守ことができるベイトリールです。

【シマノ】21オシアジガー 2000NRMG

シマノのオフショア用ベイトリールの中で名機と呼ばれるオシアジガーはブリジギングにもぴったりのベイトリールです。
21モデルとなり、巻き上げ能力が高くなっているので、ミディアムギアでも高速でルアーアクションをすることができるベイトリールに進化しました。

【2021年〜2022年新作】おすすめのブリジギング用リール3選

アブガルシア(Abu Garcia) リール ソルティーステージ ジギング

次に2021年に発売された最新のブリジギング用リールを2つ紹介します。
ブリの強烈な引きとファイトできるように、ブリジギング用リールは各メーカーがベイトモデル・スピニングモデル共に新製品開発に力を入れているジャンルです。

スタイルに合わせて参考にしてもらえるように、ベイトリールモデルとスピニングリールモデルをそれぞれ紹介します。
新作のブリジギング用リールを使って快適にブリジギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【ダイワ】21ソルティガIC 300

ダイワのオフショアベイトリールの中でフラッグシップモデルと位置づけられてるソルティガシリーズに、カウンター付きのベイトリールが追加されました。
ベイトリールの中ではコンパクトなボディーながらダイワの技術が詰まっており、快適にブリジギングを楽しみたい方におすすめしたいベイトリールです。

【シマノ】21ツインパワーSW 10000HG

耐久性に定評があるシマノのツインパワーに最新技術を搭載した新作リールが発売されました。
大型サイズも巻き上げることができるインフィニティドライブと、走っても熱に強いヒートシンクドラグを搭載しており、ブリジギングにぴったりなリールです。

【ダイワ】セルテート SW 8000-H

ダイワから2021年発売の大型汎用スピニングリールになります。
セルテートSW 8000-Hは、ダイワが保有する最新機構と長年に渡るモデル技術が詰め込まれた、ハイスペックなスピニングリールです。

強烈なハイギア仕様を生かし、ジャークハイスピードが必要なブリやヒラマサなどのジギングで、ショア・オフショア問わず大型青物と対峙しても活躍してくれること間違いナシです。

【シマノ】ステラSW 10000HG

ステラSW 10000HGはシマノから2022年発売の、自ずと知れたシマノフラッグシップになる、大型スピニングリールになります。

現在発表されているシマノ最新精密技術が全て詰め込まれ、先代モデルから数段ブラッシュアップされたフィーリングは、ブリやヒラマサなどの大型魚種相手でも、なんなくいなしてしまう超剛質マシンです。

ブリジギング用リールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 トリウム 2000PG(右) ジギング 初心者向け

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ブリジギング用リールおすすめ人気10選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ブリジギング用リールを使うメリットとは?
  • ブリジギング用リールの選び方
  • ブリジギング用リールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのブリジギング用リール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ブリジギング用ベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ブリ釣り用リールおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介
ブリ釣りに使うリールには何を選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、ブリ釣り用リールの特徴、おすすめのブリ釣り用リー...
【2022年】ジギングにおすすめのベイトリール人気12選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで...
ショアジギングにベイトリールは使っても良い?2022年最新おすすめリール11選やタックルをご紹介!
ショアジギング・オフショアジギングで一般的に使われるリールはスピニングリールです。ですが一方で、実はベイトリールを使った...
【2022年】オフショアジギングにおすすめのベイトリール12選!ダイワ・シマノの人気商品も
オフショアジギングで、ベイトリールを使う人が増えています。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジギングにおすすめのジギン...
【2022年】ショアジギングにおすすめのベイトロッド11選!選ぶ際の注意点も解説
ショアジギングはスピニングタックルを使う釣りが一般的ですが、ベイトロッドを使って楽しむ人もいます。今回、釣りラボでは、ベ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ジギングリール
釣りラボマガジン